«
»

「ユーラシア戦略」シンポ、中露が競合と協調

800

中央アジアに反中感情 袴田氏 対米挫折で「一帯一路」 高原氏 中露も同床異夢の側面 田口氏 海の時代から陸の時代 田中氏

 IIST(一般財団法人貿易研修センター)・中央ユーラシア調査会はこのほど、都内で「中国とロシアのユーラシアアジア戦略と中央アジアの対応」をテーマにシンポジウムを開催し、習近平国家主席の「一帯一路」路線とプーチン大統領の「ユーラシア経済同盟」戦略の展望と中央アジアに対する政治的影響力を論じ、地域専門家や外交官、ジャーナリストら約120人が参加した。 (池永達夫)

 まず基調講演に立った新潟県立大学の袴田茂樹教授は、「カリモフ大統領時代のウズベキスタンは綿花など資源輸出に特化していた経済だったが、ミルジョエフ新大統領は軍事産業育成路線を打ち出し、協力姿勢を鮮明にしている中国が工場建設に動いている」と報告。ロシアは中央アジアへの政治的影響力をまだ保持しており、一方の中央アジア諸国ではトップクラスに中国の影響はあるものの、国民レベルでは反中感情が存在すると指摘した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。