«
»

マニラ市に突然の慰安婦像、無許可設置の疑いも

「ギャラリー・動画へ」

中華系出資者が警備員派遣

 突如として設置され、物議を醸しているマニラ市の慰安婦像。日本大使館も設置後にようやく事実を把握しフィリピン政府に抗議したほどで、意図的に水面下で計画を進めていたことは明らかだ。慰安婦像には政府機関のフィリピン国家歴史委員会の関与が分かっているが、中華系財団が適切な許可を受けずに強引に設置した疑いも浮上している。 (マニラ・福島純一)

 地元メディアによると慰安婦像があるマニラ市の当局者は、「設置許可を出す立場になく、許可を出すこともできない」と慰安婦像設置への関与を全面否定するなど、現地の中華系団体が無許可のまま設置した可能性が浮上している。マニラ市長の秘書によると慰安婦像の設置を推進したのは、「マヌエル・チュア」という人物が率いる中華系の「トゥライ財団」で、市側は像の設置に関する問い合わせを受け、公共事業省からの許可が必要だとアドバイスしたという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。