ワシントン・タイムズ・ジャパン

ロヒンギャ迫害非難

yamada

棄権してはリードできない

 先週、国連人権理事会は、ミャンマーのロヒンギャ族迫害を非難する決議を採択した。

 先月、国連総会の委員会も同様の決議を採択している。

 日本はどちらも棄権した。委員会では、欧米など135カ国が賛成した中での棄権だった(中国などは反対)。

 人権理決議採択前、東京でヒューマンライツ・ナウなど国際人権・救援3団体とミャンマー民主化支援議員連盟主催の「ロヒンギャ人権危機と日本外交を考える」集会があった。左派が主体だから、委員会での棄権について、日本政府を激しく批判する集会となった。在日ロヒンギャ代表も批判の熱弁を振るった。

 バングラデシュに脱出したロヒンギャ難民は、8月の危機発生以来62万人。国際救援組織によれば、今後数週間にさらに20万人も増加しそうだ。ミャンマーの居住地域はもう空に近い。

 私も棄権はNGだ。ただし、問題が難しいことは認識しなければならない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。