«
»

ひどい警官の裏稼業

 タイの民放テレビはこのほど、バンコク近郊の日系中古品店が何度もみかじめ料を要求した男女ペアの警官を訴え出たことを報じた。警察は男女が実際に警官であることを認め、事実関係の調査を約束した。

 中古品店によると、最初に現れたのは開業当初の8月。警官を名乗る男女がコピー商品の違法販売ではないかなどといちゃもんをつけ、店側から現金1万5000バーツ(約5万1000円)を受け取ると黙って去って行った。

 そして10月にも警官自称の別の男女が来店。先回同様、金を受け取ると黙って去って行った。

 さらに11月、今度は数人の男女が現れ、店に3万バーツ(約10万2000円)を要求。金を受け取り、去りはしたが、再び別の男女が現れ、さらに3万バーツを受け取った。また、警察の四つの部署に月々2000バーツ(約6800円)ずつ金を納めるよう要求された。露骨なみかじめ料の請求というわけだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。