«
»

ナイジェリアの少女たちの悲劇

yamada

テロとの闘いに本腰を

 米国のシリア攻撃、北朝鮮抑止、米露対立など国際安全保障情勢が激しく動く一方、西欧、ロシア、エジプトなど各地からテロのニュースも相次ぐ。

 ウィキペディアによれば、今年1月~4月上旬の100日間に、世界で429件のテロが起きた(昨年同期は323件)。大半は中東、アフリカなどの地域で、ワースト1のイラクが55件、次いでアフガニスタンとナイジェリアが各33件だ。

 その中で、IS(イスラム国)の弟分で、ナイジェリアを本拠とする集団「ボコハラム」(「西洋の教育は悪」の意)のテロを取り上げたい。卑劣、悲惨、女性特に少女への蛮行の代表例だからである。

 ボコハラムは、同国北部で過去7年間に2万人を殺害、260万人を避難民にしたが、特に世界を驚かせたのは、3年前の4月14日、公立高校を襲い16~18歳の女子生徒276人を拉致した事件だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。