«
»

極貧人口増加、アフリカで米国が中国に挑む

元嘉悦大学教授<br>山田 寛

 国際貧困モニター研究機関「世界貧困時計」によれば、ナイジェリアは昨年、極貧人口(1日1・90㌦以下で生活)がインドを抜き世界最多になった。12月末には約9090万人(総人口は約2億人)で、世界総極貧人口の15%。毎分4・5人の割合で増加中だ。子供の23%が極貧、70%が一般的貧困という別の調査結果もある。

 世界で極貧人口は漸減しているが、アフリカ全体では約4億2232万人で毎分21人増えている。アフリカは「潜在力を秘めたフロンティア」(本紙元日特集)だ。でも、このままでは2030年にはナイジェリアの1億2000万人をはじめ、世界の極貧人口の大半がアフリカに集中するとも予測されている。

 そんな大陸が今年から米中対決の一大舞台になりそうだ。トランプ米大統領は昨年10月、開発融資機関を再編し、投融資枠を600億㌦に倍増する新政府機関「国際開発金融公社」を発足させた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。