ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

戦争に向けて現実動き出している! 情報を分析しながら被害を最小限へ

 まあずる賢い国北朝鮮。いくら圧力という名の国連決議を出されても全く動じません。核ミサイルを持っていたらどこからも攻撃されないと我が道を進んでいます。それこそミサイル撃っても中国とロシアは守ってくれると密約でもあるのでしょうか。さすがに今回は厳しい報道(1)(2)は出ていますが。

 最近「北朝鮮が日本を攻撃する気は無い、目を向けているのは米国だけだ」とかある方が言っていましたが、「占領された日だから撃った、積年の恨みを晴らしたとか」対日本事案として北朝鮮に宣言されていました。

 「もうずっと前から日本を攻撃できる能力を持っていたのだから今更急がなくても」とかいう意見もあります。一部正しいですが、可能性の時には対応しなくても現実に行動を起こしている今しっかり対応しなければただのバカです。

 それでも対話が大切なのは本当その通り。でもテロリスト主導でやると事態は悪化するだけ。志位さん口だけでなく独自のルートとかないの?

 安倍さんが公邸に泊まるとミサイルが撃たれることを指摘した民進党議員がいましたが、情報バラしてどうするの。自分たちが撃つ情報は日本が把握していると北朝鮮に教えてどうするの。そんなんだから有事と平時の情報開示の意味がわかってない平和な時しか対応できない政党って思われるんだよ。前原さんなんとかできるかな。

 国防長官が発言されています。(米、北からの脅威に「大規模な軍事対応」の構え 国防長官が発言 )トランプ大統領も戦争含めて全ての対応を取る準備をとり始めました。(対北でトランプ大統領「核含む全能力を活用」と日米電話協議で表明していた

 正直米国は情報を隠しながら動く可能性があるでしょう。(もちろん日韓政府には伝えてくれていそうです)それこそ韓国在住の米国人の動きを見る必要があると思います。国外への動きが出た時が北朝鮮の最後の話し合いのチャンスかもしれません。


「中村ゆきつぐのブログ」より転載
http://blog.livedoor.jp/dannapapa/

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。