«
»

北方領土問題 地道な取り組みで現状打開を

ウクライナ問題で停滞

きょう35回目の「北方領土の日」

2月7日のきょう、35回目の北方領土の日を迎えた。1855年2月7日、日本とロシアの間で日魯通好条約が調印され、択捉(えとろふ)島とウルップ島の間に国境が画定されたこの日、各地で北方四島(択捉島、国後(くなしり)島、色丹(しこたん)島、歯舞(はぼまい)群島)の返還要求運動が行われる。昨年は、2月にロシアで行われた日露首脳会談をきっかけに北方領土問題の解決に向けた交渉が前進するかと思われたが、ウクライナ問題が深刻化する中で、停滞を余儀なくされた。一方、国内では昨年12月の衆院選で自民党が勝利。安倍晋三首相による長期政権樹立が現実味を帯びてきたことで、ロシアとの腰を据えた領土交渉ができる状況が整ってきた。戦後70周年の節目となる今年、長年の懸案である北方領土問題解決に向けて進展が期待される。(山崎洋介)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。