«
»

きょう34回目の「北方領土の日」、安倍外交で仕切り直しを

600

日露関係着実に積み重ねよ

 2月7日のきょう34回目の北方領土の日を迎えた。北方四島(択捉(えとろふ)島、国後(くなしり)島、色丹(しこたん)島、歯舞(はぼまい)群島)の返還問題という日露関係の最大懸案を象徴するこの日に安倍晋三首相はソチ冬季五輪開会式出席のためロシアを訪問中だ。オリンピック開催の場に両国首脳が並ぶことは、70年近く前の戦時の問題を解決して平和時の関係発展につなげていくべき時代を表しているといえよう。(窪田伸雄)

 北方領土返還交渉、平和条約締結交渉は目立った進展もなく未完の課題として残っている。広大なロシアはほかにも領土問題、武力紛争、独立運動を抱えており、ソチ五輪を前にテロ事件も頻発した。片や極東は平穏であり、日本との関係が正常化に向かえばさらなる交流と発展の可能性がある。もとより領土問題は外交の最難題であり、安全保障に関わるだけに、解決には両国の信頼関係の構築と深化が大前提となる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。