■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    渥美 堅持
    渥美 堅持
    イスラーム専門家
    遠藤 哲也
    遠藤 哲也
    元日朝国交正常化交渉日本政府代表
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    蒲生健二
    蒲生健二
    アジア情報ブロガー
    服部 則夫
    服部 則夫
    元ベトナム大使
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    石井 貫太郎
    石井 貫太郎
    国際政治
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    宮塚 利雄
    宮塚 利雄
    北朝鮮専門家
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    中澤 孝之
    中澤 孝之
    ロシア問題
    丹羽 文生
    丹羽 文生
    拓殖大学海外事情研究所准教授
    太田 正利
    太田 正利
    外交評論家
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    佐藤 唯行
    佐藤 唯行
    ユダヤ人問題
    石平
    石平
    評論家
    新宿会計士
    新宿会計士
    政治経済評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル
    渡瀬 裕哉
    渡瀬 裕哉
    早稲田大学招聘研究員
    山田 寛
    山田 寛
    元読売新聞アメリカ総局長

    言語がつくる思考回路と、日朝・日韓交流の限界

     会員学生の皆さん、こんにちは。

    ほーら、きたきた+(笑)

    ■【日朝首脳会談へ本格調整 金正恩氏「安倍首相と会ってもよい」 トランプ大統領に伝える】
    https://www.sankei.com/world/news/180614/wor1806140005-n1.html
     まあこの記事を読む限り、二者会談については、概ね私が前回書いた会談の妄想再現」どおりのようですね(^_^;)


    ■拙ブログ【坂東妄想の米朝二者会談】
    https://ameblo.jp/japangard/entry-12383385784.html

     さて、今後の日朝会談を先取りして、まずこの会談の難しさや、翻訳して日本語にしてしまっては正確に伝わらない言葉の問題などを、今日は元通訳捜査官として言語面からお話しましょう。

    622-1

     まず先日の米朝会談は、私が思っていたよりも、その評価は総じてボロクソです。

     マスコミも金正恩を讃えて平和を叫ぼうにも、それがうまく出来ないほど、彼の態度が残念すぎました。

     下の写真は二者会談が終わった直後のテレビ中継を私がスクショしたもので、喋っていないのに口をあけっぱなしにして呆然としています。

    622-2

     金正恩は威張り慣れていますが、対等の交渉に慣れていないことに加え、個人的メンツと国家の命運を背負ってのやり取りに疲れたか、トランプさんにガツンとなにか言われたのでしょう(^_^;)

     それでも、カナヅルになるべき弟分のくせに楯を突く、日本との首脳会談は外せません。

     そこで彼なら、現在の日本の反応から、まずは今回の米朝会談の評価を客観的に分析したがっているはずです。

     なんと言っても、朝鮮語から一番早く、わかりやすく翻訳ができるのは日本語です。

     日本にはたくさんのバイリンガルな在日同胞協力者がいますし、文法もほとんど同じなので、単語を置き換えるだけでほぼ意味がわかるからです。

    ・・・で、私が書いたブログ内容と同じような見解が多いとなると、金正恩と北朝鮮政府はこれはメンツに関わる問題であると捉えるはず(笑)

     私のブログなんか知ったらブチ切れて、総聯が坂東宅を探しているかもしれない(^_^;)

    622-3

     おまけに日朝会談で国家のトップ同士が交流するにあたり、朝鮮民族代表たる金正恩としては、すでに「中国、アメリカと対等に会見した国家主席」としてのプライドがあるはずで、これ以上、他の国に対等な関係を認めると国家や指導者個人としての格が落ちると考えているはずです。

     これはある意味、仕方がありません。
    その思考回路は言語によって作られているからです。

     彼らの言語には日本語より細かい敬語ランクがあるそうで、祖父母、父母、兄弟、子、孫、会社の上司など、言葉をかわす相手に応じて格の違いを明確にする言語で意思疎通し関係を保っていますが、なんと対等な言葉遣いはない”のです。

     このため、親密な中になるにはお互いを見下したとも取れる表現でものを言い合い、それでも怒ったりしない信頼関係が必要になるのです。

    622-4

     だから親子の間で「ありがとう」なんていうとそれだけでケンカになったりもする。

     それは「水臭い」を通り越して「あんたとは他人だからお礼はしておく」と言われたかのような捉え方をするから、なのだそうです。

     また、同じ言語を使う韓国の話ですが、学校の同級生同士でも、どっちが先に生まれたかによって兄弟のような上下関係が発生するとのこと。

     彼らはそうした歯車の歯のように上下に噛み合った密接な関係を作ることで仲間意識を固めるのです。

    622-5

     逆に初対面から敬語を使って頭を下げてくる日本人の年上の社長なんかが来ると「もうどういう言葉遣いで話しをすればいいのかわからないので困る」なんて話も半島出身者や駐在経験者から聞きますよ(^_^;)

     だから日本人なら当たり前の、「適度な間合いをとって尊重し合う仲」というのは、朝鮮民族にとって警戒(≒敵対)に近い。

     おそらく日朝会談では兄たる民族のトップを自負しているであろう正恩はかなり気合を入れてくるはずで、随行する通訳が正恩の言い回しをそのまま日本語にしたら会談もクソもない状態が出現するはず(笑)

    622-6
     逆に日本側で準備した通訳がどのランクの敬語を使って正恩に伝えているかを把握しておかないと、不用意な誤解を与えてトラブルに発展したり増長させたりする可能性があります。

     また、朝鮮民族は怒りや悲しみを積み重ね、熟成し、これを乗り越える人徳「恨(ハン)」を大切にするため、その自信の源が苦しい境遇や苦難を重ねた俺だったりするので、「みんなのおかげ」「(他への)感謝」を心がけて「生かされている」日本人とは違うのです。

     威張るか? ヘコヘコするか? 
    ぞんざいな言葉で会話し合える親しく馴れ馴れしい対等関係になるか?
    そしてそれを維持するか? 

     日本人にはどれも難しいし、私は個人的にはそんな人種との密接な付き合いは嫌ですよ。

     特に南北統一となれば、大混乱が予想される上に、反日意識だけは共有しますし、僅かに潜在するお年寄りを中心とした知日派も、若い親日派も立場がますます危うくなるので、安全平和な民間交流など全くイメージできません。

     国交も程よい距離に離れて、お互いの平和をたまに祈り、元気な様子を確認する程度の( 関係を維持したいものですね。


    「坂東学校」(会員制)より転載
    http://bandou.an-an.org/

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。