«
»

錯覚の世界で不思議発見!

錯覚を利用した企画展開催中――明治大学博物館
実際には存在できないと思われるだまし絵を立体化した「不可能立体」の企画展「進化する不可能立体錯視~真実がわかっても逃れられない不条理の世界」が、東京都千代田区の明治大学博物館特別展示室(駿河台キャンパス)で開催中だ。8月19日までで、入場無料。
「不可能立体の絵」と言われるだまし絵の中には、実際には立体ができる物がいくつか発見されている。同展では、あり得ない動きが見えてくる「不可能モーション立体」、鏡に映すと姿が変わる「変身立体」など、種類別に展示している。見ると狐につままれた気分になること間違いなし!

【詳細記事】実現不可能なだまし絵を立体化

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。