«
»

感性の時代を生きよ 陽明学者 行徳哲男氏に聞く

 善と悪を超えた境地、「感性の時代」を生きよと陽明学者の行徳哲男氏は強調する。感性の時代とは「私」を生きること、また受容の哲学、矛盾を矛盾のまま受け入れ生きよと唱える。自分が自分になり切って生き切れと訴えた。

パトリオットTV フェイスブックページ
https://www.facebook.com/kokueki/
たくさんの「いいね!」をお願いします!

93

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。