■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [ローカル] rss

    グレタ・トゥンベリさん、新種の貝の名前に

     ブルネイの熱帯雨林で小さなヤマタニシ科の貝の新種を発見し、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんにちなんで命名したと、市民科学グループが21日までに発表した。この新種は殻の高さが2・7~2・9ミリ、幅が1・7~1・8ミリ。学名は「クラスペドトロピス・グレタトゥンベリアエ」とされた。

    2
    続き

    福呼ぶ「カッカッカー」、「加勢鳥」が行われる

     山形県上山市で民俗行事「加勢鳥(かせどり)」が行われた。わらで編まれたみのをかぶった若者らが神様の使いの加勢鳥として、「カッカッカー」と鳴きながら城下町を練り歩いた。

     加勢鳥は江戸時代に始まった歳神様の来訪行事。明治時代に途絶えたが、1959年に有志の手で復活した。市民や観光客が加勢鳥に「祝い水」を浴びせ、五穀豊穣(ほうじょう)や商売繁盛などを願った。

    1
    続き

    3連休期間中好天に恵まれ、コスモスが満開

     沖縄本島中東部金武(きん)町伊芸区の田んぼでコスモスが満開となっている。3連休期間中は好天に恵まれ、訪れる人たちは色とりどりのコスモスをスマホのカメラに収めていた。

     2期作米の収穫後の昨年12月、同町の伊芸区が約2万5千平方メートルの田んぼにコスモスの種をまいたものが開花した。

    1
    続き

    ホンダの小型ジェット機、3年連続で世界首位

     ホンダはこのほど、2019年に小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」(最大7人乗り)を36機出荷したと発表した。18年の37機とほぼ同水準で、軽量小型ジェット機として3年連続で世界首位を守った。

    1
    続き

    徳勝龍、地元の奈良で市民ら数千人の喝采

     大相撲初場所で初優勝を果たした徳勝龍(33)=本名青木誠、木瀬部屋=が23日、地元の奈良市で祝賀パレードに臨み、市民ら数千人の喝采を浴びた。

     オープンカーでJR奈良駅前から春日大社方面にゆっくり進行。奈良県出身では98年ぶりの優勝とあって、沿道から「優勝おめでとう」「春場所でも頑張れ」などと大歓声が響いた。

    1
    続き

    スケッチの中の風景、カフェの内装は手描きで

     ロシア第2の都市サンクトペテルブルクに、白黒のスケッチの中にいるような一風変わったカフェが完成した。

     内装をすべて手描きで仕上げるのに35日間を要したという。

    2
    続き

    新型肺炎不安の軽減に、無料の医療相談アプリを

     医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」の運営会社AGREE(茨城県つくば市)が、新型コロナウイルスについて医師に相談できるアプリを期間限定で無料提供している。質問から30分以内に回答が得られ、不安の軽減などに役立っているという。

    1
    続き

    韓国映画「パラサイト」、「寄生」でなく「共生」

     「格差」をテーマに、今年の米アカデミー賞で外国語映画として初の作品賞をはじめ「4冠」を獲得した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督と主演俳優のソン・ガンホさんが23日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見した。ソンさんは「『パラサイト』という題だが、われわれがどう生きれば良い世界になるのかという『共生』を描いた映画だ。それを映画的な快感、面白さと共に観客が好意的に受け止めてくれた」と振り返った。

    1
    続き

    地球から1000光年先、木星型のガス惑星を発見

     地球から約1000光年離れた恒星のそばで、公転周期が約18時間半しかない木星型のガス惑星を発見したと、英ウォーリック大などの研究チームがこのほど英王立天文学会月報に発表した。太陽に当たる恒星に近く、熱い木星型のガス惑星は「ホット・ジュピター」と呼ばれるが、これまで見つかった中で公転周期が最も短いという。

    1
    続き

    ヘンリー英王子夫妻、「ロイヤル」を使わず

     3月末に英王室を離脱するヘンリー王子とメーガン妃の報道官は21日、夫妻が離脱後に王室を連想させる「ロイヤル」の言葉をいかなる場合にも使わないことに決めたと明らかにした。

     夫妻は昨年、自分たちの称号を用いた「サセックスロイヤル」の商標登録を申請。自立後に独自ブランドのビジネスを展開するとみられたが、王室を離れる夫妻が「ロイヤル」を使うことに懐疑的な見方もあり、王族内で対応が協議されていた。

    1
    続き

    感染拡大防止と経済回復、二兎追う中国指導部

     新型コロナウイルスによる肺炎の終息が見通せない中、中国指導部は感染拡大防止と経済の回復という「二兎(にと)を追う」姿勢を鮮明にしている。企業活動の停滞が長引けば、各種経済目標の達成が危ぶまれるためだ。地方政府には、科学的なリスク判断に基づいて経済活動を再開させるよう指示。ただ、深刻な状況が続く湖北省と、首都・北京市は例外扱いにした。

    1
    続き

    サンバパレードが開幕、日本人も多数参加

     ブラジルで21日夜、カーニバル(謝肉祭)休暇が始まり、最大都市サンパウロでは精鋭14エスコーラ(チーム)による2夜にわたる恒例のサンバパレードが開幕した。パレード専用会場には観客約4万人が集結。数千人規模の各エスコーラは、華麗な山車や衣装を用意し、腐敗や貧困などの社会テーマを織り込んだオリジナル曲で優勝を争う。

    2
    続き

    あいち発!「くらし」の進化展モノ+フェス

     3月20日(金・祝)からトヨタ産業技術記念館(愛知県名古屋市)で5月17日まで、愛知県の「産業のちから」の源流と進化を幅広い世代へ発信し地域活性化を目指すことを目的とする展示会を開催。愛知県内の企業22社と団体が集まる。

    1
    続き

    貴重な切手資料を紹介する「世界切手展」開催

     コレクターが集めた切手や郵政博物館が所蔵する貴重な切手資料を紹介する「世界切手展」(主催・同館など)が22日、東京都墨田区の同館で始まった。期間中は3期に分けて、それぞれ趣の異なる展覧会が開催される。

    1
    続き

    リストラされた男、ハロルドの人生初の逆襲劇

     製薬会社の管理部長としてシカゴ本社とメキシコ工場を行き来し、朝から晩まで走り続けてきたハロルド。だが、友人だと思っていた社長のリチャードに騙されて、クビになることを知る。その日、妻から不倫を告白され、その相手がなんとリチャードだった。リチャードには、愛人の共同社長エレーンがいるのにだ。これまで、パッとしない人生をそれなりに幸せな家庭を夢見、一生懸命働いてきたハロルドの怒りに火が付いた。

    1
    続き

    オリパラ日本選手団の公式スポーツウエアを発表

     東京五輪・パラリンピック日本選手団の公式スポーツウエア発表会が21日、東京都内で開かれ、オレンジに近い赤色の「サンライズレッド」を基調としたジャケットなどを代表選手が披露した。大会組織委員会の最高位スポンサー、アシックスがTシャツやポロシャツ、靴、サンダルなどを作製。選手村での生活や表彰式の際に着用する。

    1
    続き

    化粧品各社、新型肺炎で客へのメークを自粛

     新型コロナウイルスの感染拡大を受け、百貨店の化粧品売り場で、美容部員が客の肌に直接触れるメークなどを自粛している。遊園地ではキャラクターと来園者との触れ合いを制限。感染リスクを抑えるため接触機会を減らす動きが広がる。事態収束が見通せない中、サービス低下で客離れが進む恐れもある。

    1
    続き

    心愛さんの父栗原勇一郎被告「しつけ超えた」

     千葉県野田市の自宅浴室で昨年1月、小学4年の栗原心愛さん当時(10)が死亡した事件で、傷害致死などの罪に問われた父勇一郎被告(42)の裁判員裁判の初公判が21日、千葉地裁(前田巌裁判長)であった。勇一郎被告は反省の言葉を述べる一方、「シャワーで顔面に冷水を浴びせたことはない」などと起訴内容を一部否認した。

    2
    続き

    長さ2・4m超、史上最大級のカメ甲羅化石を発見

     南米ベネズエラの約800万年前の地層から、カメの甲羅では史上最大級の化石が見つかったと、コロンビア・ロサリオ大やスイス・チューリヒ大などの研究チームが14日までに米科学誌サイエンス・アドバンシーズに発表した。

    3
    続き

    首相答弁に抗議「赤旗」 共産党の「暴力革命」方針

     安倍晋三首相が衆院本会議で13日に共産党の1950年代の破壊活動について答弁し、同党機関紙「しんぶん赤旗」(2・14)は「安倍首相の衆院本会議でのデマ攻撃に断固抗議する」と題して志位和夫委員長の記者会見を扱った。

     答弁内容は、公明党の機関紙「公明新聞」(2・14)の「発言録」という欄にも「『暴力革命』の共産は破防法の調査対象」と題して次のように載せていた。

    0
    続き

    カズの情熱が原動力、最年長記録更新なるか

     13季ぶりのJ1復帰となる横浜Cの元日本代表FW、三浦知良(52)が変わらぬ情熱を胸に開幕を待つ。左臀部(でんぶ)痛のために調整は遅れているが、「今まで通りサッカーへの思いをピッチで表したい。自分は全力を尽くして戦うだけ」と闘志をみなぎらせる。

    1
    続き

    米ニューヨークに「マリオ」の世界が出現

     マンハッタンに「マリオ」の世界が出現-。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)で今夏開業する任天堂ゲームをテーマにした新エリアのPRイベントが19日、米ニューヨークで開かれた。大勢のニューヨーカーが、市内2カ所に再現された人気ゲームの世界観を楽しんだ。

    1
    続き

    ホンダが「フィット」を6年半ぶりに全面改良

     ホンダはこのほど、主力車種の小型車「フィット」を約6年半ぶりに全面改良、発売を開始したと発表した。

     フィットは2001年に誕生し、新型は4代目。当初、昨年秋の発売を計画していたが、電動パーキングブレーキの不具合で一部部品を変更したため遅れた。

    1
    続き