■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [ローカル] rss

    東京パラリンピック、3人1組で聖火リレー

     2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、来年8月に行われるパラリンピック聖火リレーと関連行事の概要を発表した。期間は五輪閉幕直後の8月13日からパラリンピック開会式がある25日までの13日間。共生社会実現への契機にしようと、原則として初めて出会う3人が1組になってリレーする方式を採用する。

    0
    続き

    歌手の森昌子さん、年内で引退へ

     歌手の森昌子さん(60)が年内で引退することが25日分かった。現在行っている全国ツアーは予定通り12月まで続けるという。

     森さんは公式サイトで、「昨年還暦を迎えるに当たり、もう少し穏やかな時間の中で芸能活動以外のことに時間を使って人生を充実させたいと思うようになりました」とコメントした。

    0
    続き

    日本初、世田谷線で再エネ100%の列車を運行

     東京急行電鉄は25日、東京都世田谷区を走る世田谷線で再生可能エネルギー100%の電力で列車の運行を始めた。再エネ100%の電力で都市列車を運行するのは日本初だという。

     東急によると、世田谷線で使われる再エネは地熱や水力で、東北電力グループから供給される。列車の運行に必要な電力量を常時上回る再エネの発電量を維持する契約を結び、100%化を実現。一方、電気料金単価は割高になる。

    0
    続き

    1万5858個のダイヤ、輝く花形の腕時計

     スイス北部バーゼルで開催されている時計と宝飾品の見本市で22日、ダイヤモンドが随所にちりばめられた花形の腕時計が披露された。

     使用されたダイヤは1万5858個にも上るという。

    0
    続き

    保護者と教師のバランス感覚重要

    教育現場を生き抜くためのコミュニケーションスキル

    臨床心理士の島崎美咲氏が講演

     教員志望者のための人材育成講座「こんぺいとうゼミ」(NPO法人BOON主催)の講演会が、このほど都内で開かれた。「保護者との関係」、そして「自分の精神的健康を守っていくため」のコミュニケーションスキルをいかに向上させていくかについて、臨床心理士の島崎美咲さんが語った。

    0
    続き

    【PTV RADIO:048】米朝首脳会談“決裂”の理由

     第2回米朝首脳会談は“青天の霹靂”で決裂に終わり、北朝鮮の核問題は振出しに戻った。トランプ米大統領はどの時点で「ノー・ディール」を決めたのか、現地で取材した上田勇実編集委員に聞く。 (対談の音声を公開!)

     

     

    ———————————->> 本記事音声(iPhone用アプリで再生)

    Podcast: Play in new window | Download

    0
    続き

    【PTV RADIO:047】「中国製造2025」とは何か?世界制覇の野望を暴く

    「『中国製造2025』の衝撃」で半導体と宇宙で世界制覇をたくらむ中国の野望を暴露した遠藤誉氏に聞く (対談の音声を公開!)

     

     

    ———————————->> 本記事音声(iPhone用アプリで再生)

    Podcast: Play in new window | Download

    Subscribe: iTunes | Android | RSS

    0
    続き

    今年は平成最後の花見、早咲きのサクラ満開

     東京都千代田区の国立劇場東側の内堀通りでは24日、開花の早い神代曙や駿河桜が満開。外国人観光客をはじめ多くの人が訪れ、桜並木の下の散歩や、近くの千鳥ヶ淵でのボートなどを楽しんだ。

     周辺で10年以上ボランティアのガイドをしている神山廣信さん(81)は「今年は平成最後の花見。見頃を迎える今週後半から週末にかけては例年以上の混雑が予想される」と話している。

    2
    続き

    4年間ありがとう、1964年東京五輪聖火台を返還

     東日本大震災からの復興のシンボルとして、宮城県石巻市が借り受けていた1964年東京五輪の聖火台の返還式典が24日、市総合運動公園で行われた。2014年12月、旧国立競技場の解体に伴い日本スポーツ振興センター(JSC)が市に貸し出し、今月いっぱいで貸与期限を迎える。

    0
    続き

    佐賀県がノリ自販機を設置、売れ行きは好調

     生産量と販売額いずれも15年連続日本一を誇る佐賀県産ノリをPRするため、県が設置したノリの自動販売機の売れ行きが好調だ。県によると、2月の発売開始から約1カ月間で、用意した3000袋の8割弱が売れたという。

     自販機は、佐賀空港(佐賀市)の1階に設置。ノリは縦10・5センチ、横9・5センチの大きさで、4枚入り1袋で300円。

    0
    続き

    なにでできてる? 遠くを見詰めるフクロウ

     20日、ポーランド北部グダニスクで開催中の展示会に登場した、遠くをじっと見詰めるフクロウ。瞳も翼もきらきらしているのは、宝石の琥珀(こはく)でできているから。

     26回目を迎えるこの展示会には、54カ国の470人以上が琥珀を利用した作品を出品している。

    0
    続き

    岩手沿岸部一本に、三陸鉄道「リアス線」開業

     東日本大震災で被災し運休が続いていたJR山田線の宮古-釜石間が23日、第三セクターの三陸鉄道(本社岩手県宮古市)に移管され、8年ぶりに運行を再開した。移管区間の南北を走る2路線と合わせ、新たに「リアス線」として開業。岩手県沿岸部が再び163キロの鉄路で一本につながった。  23日は両駅間で記念列車4本を走らせ、公募で選ばれた280人が乗り込んだ。午前11時40分ごろ、列車が釜石駅を出発すると、ホームや沿線で多くの住民らが大漁旗を振るなどして開通を祝った。営業運転は24日から。

    0
    続き

    東京・山谷に映画喫茶「泪橋ホール」を開く

     簡易宿泊所が軒を連ね、「日雇い労働者の街」として知られた東京・山谷地区。高度経済成長期を支え、今もこの地区に暮らす元労働者らに娯楽を提供しようと、女性カメラマンが往年の名画を上映する喫茶店を2月に開店した。イベントなども計画しており、「人と記憶をつなぐ場にしたい」と意気込んでいる。

    0
    続き

    イチローの父宣之さん「これ以上ない親孝行」

     現役を引退したイチロー元選手の父、鈴木宣之さん(76)が23日、愛知県豊山町のイチロー記念館「アイ・ファイン」で取材に応じ、「これ以上のことはない親孝行だ」と息子への思いを語った。イチロー元選手の今後については「今まで培ってきた技術や考え方を伝え、全世界の子供たちのために尽力してほしい」との願いを話した。

    0
    続き

    地域振興を、古民家が「アートホテル」に

     IT企業のサテライトオフィス誘致で知られる徳島県神山町で、古民家を活用した民泊施設を会場に「アートホテル」と題する9日間限定の催しがあった。

     東京芸術大の学生ら8人が地域に滞在して制作した作品を公開。宿泊客や住民が、アート作品に囲まれて過ごす体験を楽しんだ。

    0
    続き

    政府、イチロー選手に国民栄誉賞を授与へ

     政府は22日、現役引退を表明した米大リーグ・マリナーズのイチロー選手本名鈴木一朗(45)に国民栄誉賞を授与する調整に入った。日米通算4367安打、10年連続200本安打を記録するなど、野球界で築いた実績が授与にふさわしいと判断した。本人の了承を得られれば正式決定する。政府関係者が明らかにした。

    0
    続き

    山木屋小の児童、8年ぶり地元で卒業式に臨む

     東京電力福島第1原発事故による避難指示が解除され、昨年4月から地元で再開した福島県川俣町立山木屋小学校で22日、8年ぶりに卒業式が行われた。6年生5人の卒業により児童数はゼロとなり、4月から休校する予定。

     斎藤仁道校長は児童に卒業証書を手渡し、「皆さんには、ちょっとしたことではくじけない粘り強さがある。山木屋を思う心を持ち続けてほしい」とエールを送った。

    0
    続き

    「東京モーターサイクルショー」が開幕

     国内最大級のバイクイベントとして知られる東京モーターサイクルショーが22日、東京都江東区の東京ビッグサイトで開幕した。国内外の企業・団体150以上が出展。環境にやさしい最新の電動バイクなど、自慢の製品をPRする。24日までの期間中に、14万人の来場が見込まれる。

    0
    続き

    「六義園」の大きなしだれ桜、ライトアップ

     東京・駒込の国指定特別名勝「六義園」のしだれ桜が22日、ソメイヨシノより一足早く見頃を迎えた。同園によると、見頃は3月末いっぱい続く。

     日没を過ぎるとライトアップが行われている。高さ15㍍、幅20㍍ある大きなしだれ桜の薄紅色が光に照らされ、日中とは違った魅力を醸し出している。

     写真を撮ろうと、家族連れや外国人観光客など多くの人でにぎわっている。ライトアップは4月3日まで。

    0
    続き

    「自由民主」の「竹島の日」

     文在寅政権下の韓国とわが国との関係悪化を背景に、自民党の機関紙「自由民主」(3・5)は1面に2月22日の「竹島の日」を特集した。親北朝鮮左翼政権が支配する韓国の対日姿勢は、かつてなく横暴になった。領土問題はロシアと北方領土問題が、中国と尖閣問題があるものの、2国間の外交状況は同党機関紙の紙面にも影響すると見える。

     同紙面は、記念式典、街頭演説に加えて、韓国の海洋調査船が2月15、17、18日に竹島領海に侵入したことに対する同党領土に関する特別委員会、外交調査会が合同会議で「韓国海洋調査船による竹島領海航行に対する非難決議」を同20日にまとめた記事を扱った。

    0
    続き

    各地で気温上昇、東京・横浜・福岡で桜開花

     東京管区気象台は21日、東京都千代田区の靖国神社にある桜(ソメイヨシノ)の標本木が開花したと発表した。横浜地方気象台と福岡管区気象台も同日、標本木の開花を発表した。

     靖国神社では気象台職員が午前10時すぎ、「5輪以上の開花を観測しました。平年より5日早く、昨年より4日遅い開花になりました」と報道陣に話した。大勢の参拝者がスマートフォンで撮影するなどしていた。

    0
    続き

    渋谷の稲荷橋広場でファッションショー

     渋谷のファッション文化を世界に発信しようと、今月14日から開かれている「第11回 渋谷ファッションウィーク」(主催=同実行委員会)の中心行事となるファッションショー「SIBUYA RUNWAY」が21日、同区の渋谷ストリーム前・稲荷橋広場で行われた。

    0
    続き

    さらば生きた遺産「石炭列車」、3月で運行終了

     国内に唯一残る石炭輸送専用鉄道で、北海道釧路市を走る「太平洋石炭販売輸送臨港線」(4キロ)が3月末に運行を終え、94年にわたる現役生活に別れを告げる。

     「石炭列車」「臨鉄」の愛称で親しまれ、生きた遺産として炭鉱の往時の活気を伝えてきた。運行終了後は廃線になる見通しだ。

    0
    続き