«
»

[大阪G20サミット] rss

予測は外れたか?―G20におけるトランプ=習近平会談を、どう見るか?

 私は「予測的中!―米国の対中関税強化政策の影に何があるか?」という記事の中で、トランプ大統領は習近平との会談で、アメリカ国内の景気を守り来年の大統領選挙を勝ち抜くために、中国製品の多くに課した25%の関税を下げる代わりに、ハイテク技術面における国家安全保障のため、ファーウエイ社問題を含む技術摩擦に関しては、これからヒト、モノ、カネの交流を、より制限して行くだろうと述べた。

 しかし6月29日に大阪で行われたトランプ=習近平会談では、アメリカは今までの制裁品に掛けた25%の関税を下げないが、中国は大幅な米国製農産物の輸入を行う。その代わりに米国は、ファーウエイ社に対する米国企業の部品等の販売を認め、また中国人ハイテク専門家が米国内で働いたり研究したりすることが容易になるようにする配慮にも言及したという。さて私の予測は外れたのか?検証して見たい。

0
続き

大阪G20サミット閉幕、環境・経済で成果

 大阪で28、29両日に実施された20カ国・地域首脳会議(G20サミット)は、首脳宣言を採択して閉幕した。環境ではプラごみゼロへの枠組みを示し、世界貿易機関(WTO)改革への道筋を示した。一方で米中貿易摩擦では、米国が追加関税の先送りを表明、景気の下振れリスクが指摘されていた危機はひとまず乗り切った。(G20大阪サミット取材班)

2
続き

“終身皇帝” 習近平の時間稼ぎ

 G20大阪サミットで行われた米中首脳会談は貿易交渉再開で合意し、米の追加関税措置は見送られた。中国の時間稼ぎが成功しただけで、“終身皇帝”習近平主席と再選を控えるトランプ大統領の攻防の行方は。

パトリオットTV フェイスブックページhttps://www.facebook.com/kokueki/ たくさんの「いいね!」をお願いします!

8
続き

女性の活躍に向け「大胆な解決策」を訴える

 トランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官は29日、女性の社会進出促進をテーマの一つに掲げる20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)の会合に出席し、女性の活躍に向けて「大胆な解決策」を各国首脳に求めた.

1
続き

日米安保の不公平是正を トランプ大統領

 トランプ米大統領は29日午後、20カ国・地域首脳会議(G20サミット)閉幕後に大阪市内で行った記者会見で、日米安全保障条約について「不公平だ」と改めて強い不満を示す一方、条約を廃棄することは「全く考えていない」と明言した。

1
続き

米大統領「正恩氏と会う」可能性言及

 トランプ米大統領は29日午後、20カ国・地域首脳会議(G20サミット)閉幕後に大阪市内で記者会見し、韓国訪問中に非武装地帯(DMZ)で北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と「会うかもしれない」と語った。実現すれば、昨年6月のシンガポール、今年2月のハノイに続き3回目の米朝首脳会談となる。

3
続き

トランプ氏 トルコ大統領と会談、露製兵器購入に懸念表明

 トランプ米大統領は29日、大阪市内でトルコのエルドアン大統領と会談し、ホワイトハウスによると、トルコがロシア製の地対空ミサイルシステムS400購入を決めたことに懸念を表明した。北大西洋条約機構(NATO)の同盟関係強化に資する連携を求めた。

12
続き

G20閉幕、自由貿易の基本原則を確認

 日本が初の議長国を務める20カ国・地域首脳会議(G20サミット)は29日、2日間の協議を終え、首脳宣言を採択して閉幕した。米国と中国の貿易摩擦が長期化する中、宣言に「自由・公正・無差別な貿易、投資環境の実現に努める」ことを明記。デジタル経済のルール作りの枠組み「大阪トラック」の開始を宣言するとともに、海洋プラスチックごみ削減へ具体的な実施の枠組みで合意した。

1
続き

米中首脳、貿易交渉再開で一致

トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は29日、大阪市内のホテルで会談し、暗礁に乗り上げていた貿易交渉を再開することで一致した。米国による対中関税第4弾の発動は当面見送られる。トランプ氏は、安全保障上の懸念から中国通信大手の華為技術(ファーウェイ)に課していた禁輸措置についても、限定的に解除することを表明。決裂による深刻な事態は当面回避されたものの、今後の交渉で成果を見いだせるかは、予断を許さない。

1
続き

G20サミット、中国に構造改革を強く促せ

 大阪市で開かれた20カ国・地域首脳会議(G20サミット)は「自由で公正かつ無差別な貿易・投資環境の実現に努める」と明記した首脳宣言を採択して閉幕した。

 米国と中国の貿易摩擦が長期化する中、世界経済の下振れリスクは高まっている。自由貿易を推進するには、世界第2の経済大国でありながら知的財産権の侵害や政府による補助金など「不公正な貿易慣行」を続けている中国に改革を強く促す必要がある。

2
続き

G20取材で各国記者「日本の強みでリードして」

 招待国を含めて37の国・地域や国際機関の代表が一堂に会する20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)を取材するため、会場のインテックス大阪に設置された国際メディアセンターには28日、世界各国から大勢の記者が詰め掛けた。記者らからは、初のG20議長国を務める日本に対して、環境保全技術や平和な社会など「日本の強み」を生かしたリーダーシップへの期待の声が上がった。

1
続き

ウイグルなど活動家が集会

 主要20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)参加のため来日した中国の習近平国家主席に対し、ウイグル、内モンゴル、チベットなどの人権・民族活動団体の代表者らが28日午後、大阪市内で記者会見を開き、中国当局の少数民族政策による人権侵害の現状と早期解決を訴えた。

18
続き

文大統領に「大阪」で考えてほしい事

 大阪市で主要20カ国・地域の首脳会談(G20サミット)が28日午前(現地時間)、開幕した。欧州のメディアの関心はもっぱらトランプ米大統領と中国の習近平国家主席の2大経済大国間の貿易戦争の行方に注がれている。オーストリアのメディアは、「実質はG20ではなくG2だ。他の18カ国はそのサミット会議を盛り上げるための書割的役割を演じるだけだ」と報じていた。

9
続き

同盟のさらなる強化で一致、日米首脳会談「不平等」は議題にならず

 安倍晋三首相は28日午前、20カ国・地域首脳会議(G20サミット)出席のために来日しているトランプ米大統領と、大阪市内で会談した。両首脳は日米同盟のさらなる強化に取り組むことで一致。トランプ氏は日米安全保障条約が不平等だと不満を示していたが、会談ではそうした発言はなかった。北朝鮮核問題の解決に向け緊密な連携を継続していくとともに、2国間の貿易協定交渉を加速させていくことも確認した。

1
続き

G20大阪サミット開幕、「大阪トラック」開始宣言

 20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が28日、大阪市で開幕した。主要20カ国と17の招待国・国際機関が参加し、2日間にわたって経済分野をはじめとする世界規模の課題を扱う。初日となった28日は、世界経済、貿易・投資、イノベーションについて協議。各国はG20による世界経済の成長促進を確認し、世界貿易機関(WTO)改革の必要性で一致した。また、デジタル経済におけるルールづくりの枠組み「大阪トラック」の開始を宣言した。

1
続き

宇宙ごみ除去へ本腰-G20

 「宇宙デブリは今後、大変な問題になってくる」。宇宙ごみ問題の解消に取り組むアストロスケール社の広報担当、野口知恵氏はこう力説した。

4
続き

G20場外はお笑いで平和世界実現を

 かつてないほどの厳戒態勢の中、28日から大阪で開幕するG20サミットを前に“あの男”たちが姿を現した。米朝会談が行われたシンガポール、ハノイと現地の人々を笑わせてきた北朝鮮の金正恩党委員長に扮するオーストラリアのコメディアン、ハワードXさんとドナルド・トランプ米大統領に扮するデニス・アランさんの2人だ。心斎橋や大阪城にも姿を現し観光客の目引いていた彼らがパフォーマンスを披露するというので訪ねてみた。

7
続き

厳戒大阪、高速道路封鎖も-G20

 20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)開催に合わせて、大阪は厳戒態勢だ。市内の高速道路は、「G20サミット大規模規制実施」の表示が掲げられ、開催期間中ほとんどが閉鎖。大阪府警は「必要のない外出を控える」よう呼び掛けている。

3
続き

脱プラスチックへのこだわり-G20

 環境がメーンテーマの一つの20カ国・地域首脳会議(G20サミット)。国際展示場インテックス大阪(大阪市住之江区)に設けられたメディアセンターで記者らに提供される軽食も、徹底的に環境にこだわっている。

 記者らのために設けられたワーキングスペースの「軽食コーナー」では、クッキーやアイスクリーム、飲み物などが提供されるが、飲み物の冷蔵庫の中にはペットボトルは一切なし。缶飲料ばかりだ。

3
続き

EU 輸入規制を一部緩和へ

 安倍晋三首相は27日、20カ国・地域首脳会議(G20サミット)出席のため来日した欧州連合(EU)のトゥスク大統領、ユンケル欧州委員長と大阪市内で会談、東京電力福島第1原発事故を受けて日本産食品に課している輸入規制についてEU側は、今秋以降の一部緩和決定に向けて、加盟国で検討が行われる予定であることを明らかにした。

0
続き

G20サミット開幕 首相、成長へ協調導けるか

 日本が初の議長国を務める20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が28日、大阪市で開幕する。米中貿易摩擦の世界経済への影響が懸念される中、主要国間で成長促進に向けた協調姿勢を打ち出せるかが最大の焦点となる。日本は特に、世界貿易機関(WTO)改革や、首相が提唱する、デジタル経済におけるルール作りの枠組み「大阪トラック」の始動でも合意したいところだ。米中をはじめとする多様な2国間の首脳会談にも注目が集まる。

0
続き

日中首脳会談 習主席、来春に国賓来日

 安倍晋三首相は27日夜、20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)のため来日した中国の習近平国家主席と大阪市内のホテルで会談。習氏が来年春、国賓として再来日することで一致した。両国関係は昨年10月に首相が訪中するなど、関係改善に向かっており、来日受け入れは、貿易摩擦で関係が緊張する米トランプ政権を牽制(けんせい)する狙いもあるとみられる。

0
続き

大阪の文化・味をアピール―G20サミット会場

「たこ焼きの元祖」に舌鼓

 20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の会場となる大阪市の国際展示場「インテックス大阪」には、日本や伝統文化や最先端技術、大阪の食文化などをアピールする一角が設けられ、世界各国から集まった報道陣の注目を集めている。

5
続き