ワシントン・タイムズ・ジャパン

[2022北京五輪] rss

北京冬季五輪「外交ボイコット」

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ

 バイデン米大統領は大統領選時の公約を果たし、岸田文雄首相をはじめ、世界110の国と地域の指導者に呼び掛け、民主主義サミットを昨年12月開催した。この会議には主に三つ課題があった。つまり、専制主義からの防衛、汚職との戦い、人権尊重の促進であった。

2
続き

北京冬季五輪の「3つのハードル」

 中国国営新華社の報道によると、中国共産党中央委員会政治局常任委員会のメンバーであり、2022年の北京冬季五輪準備を監督する責任者の1人でもある韓正副首相(Han Zheng)は14日、北京冬季五輪大会開催まで2カ月を切ったことを受け、国家速滑館、冬季オリンピック村、メインメディアセンターなど、北京のいくつかの会場を視察している。

 同副首相は「パンデミックはゲーム主催者にとって厳しい試練だ。常に警戒を怠らず、COVID-19の対策に厳密に従うように」と関係者全員に注意を促している。

5
続き

「中国は五輪開催の資格なし」 東京でデモ行進

 北京五輪のボイコットを求めるデモが12日、東京都内で行われた。北京五輪ボイコット推進集会・デモ実行委員会と保守合同連絡協議会の共催。デモには100人以上が参加し、日比谷公園(千代田区)から銀座駅付近(中央区)まで約1時間行進した。

15
続き

【動画】いま中国が抱える恒大、五輪、台湾

 中国で不動産デベロッパーの恒大集団が一部デフォルトになった。北京冬季五輪では新疆ウイグルなどでの人権弾圧を理由に米国などが「外交ボイコット」を表明している。台湾有事をめぐって各国の舌戦も激しくなっている。習近平中国が抱えるこれらの諸問題について池永達夫編集委員に聞いた。

 

0
続き

北京冬季五輪「外交的ボイコット」を「大国の争い」にすり替える朝日

世界平和脅かす中国  「中国の民主」と題する白書を中国が発表した。米国が開催した民主主義サミットに対抗して、「中国には独自の民主がある」とする大々的な宣伝キャンペーンを始めた。

0
続き

五輪ボイコットは茶番 崩れる中国包囲網

 トランプ前大統領が中国と対立し、ヨーロッパの軍隊を日本に集めることに成功。アメリカ海軍はインド洋・南シナ海・東シナ海で継続的に活動し、人民解放軍海軍から制海権を奪うことに成功する。

 イギリス空母打撃群が日本に到着したが、2021年10月が中国包囲網のピークになった。それ以後は、外交レベルで中国との宥和路線になった。これで各国の足並みが崩れ、フランスは中国寄りに戻る。

13
続き

五輪の外交ボイコットという言葉のゲームを恐れるな

 北京冬季五輪に対する「外交的ボイコット」という言葉だけが踊っています。中国は痛くもかゆくのないというふりをしています。

 実際に、米英などから閣僚や政府関係者が来なくても、五輪開催に全く支障がでない。中国のイメージ悪化に多少の影響が出るくらいでしょう。

2
続き

ウイグル人へのジェノサイドが習主席の指示である動かぬ証拠

 こんにちは、元・中国人、現・日本人の漫画家の孫向文です。

 12月6日、アメリカのバイデン政権は正式に来年開催予定の北京オリンピックの「外交的ボイコット」を発表しました。その翌々日に、イギリスのボリス・ジョンソン首相、オーストラリアのスコット・モリソン首相も北京オリンピックの「外交的ボイコット」を発表しました。

22
続き

【上昇気流】北京冬季五輪の「外交ボイコット」

米国に続き英国、オーストラリア、そしてカナダが北京冬季五輪の「外交ボイコット」を発表した。中国外務省は「間違いなくその代償を払うことになる」と強く反発。さらに「日本の五輪開催を支持した中国に、今度は日本が信義を示す番だ」と凄(すご)んできた

ほとんどやくざ映画のセリフである。五輪を外交的な貸し借りのように言うが、問題はウイグル人のジェノサイド(大量虐殺)という大犯罪にどう態度表明するかということだ。

0
続き

外交ボイコット巡り優柔不断な首相に保守系議員が不満

 「岸田首相、大丈夫ですか?」――思わずそう言いたくなる今日この頃です。10万円給付金を巡る混乱に続き、今度はバイデン政権が打ち出した外交ボイコットへの煮え切らない態度。どうも岸田文雄政権については、見ていて不安になります。自民党内では保守系議員らからの突き上げもあるようですが、その一方で親中派議員からは政府の煮え切らない態度に理解を示す向きもあるようです。

 『米紙「ジェノサイド五輪」:外交ボイコットは広まるか』でも報告した北京五輪の「外交ボイコット」に関連し、その後もさまざまな「続報」があります。

4
続き

米 五輪外交ボイコット 中国の人権侵害に対抗

選手団は派遣

 バイデン米政権は6日、来年2月の北京冬季五輪に政府関係者を派遣しない「外交ボイコット」を発表した。中国政府による新疆ウイグル自治区でのジェノサイド(集団虐殺)や人権侵害を理由に挙げた。一方、中国外務省の趙立堅副報道局長は会見で「強烈な不満と断固とした反対」を表明し、対抗措置を取ると反発した。

1
続き

彭帥選手問題に沈黙する日本

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ

 日本人は人権、自由、民主主義という言葉についてどのような概念を持ち、定義付けをしているのだろうか。私は今、理解に苦しんでいる。かつて元総理の女性差別発言については評論家のみならず政治家、芸能人やスポーツ界の方々、学者、一般国民を挙げての騒ぎとなった。

8
続き

北京冬季五輪に「外交ボイコット」を

 第32回東京夏季五輪大会は中国武漢発の新型コロナウイルスの感染拡大下で開催された。ホスト国日本国内でも土壇場まで開催すべきか否かで議論があったが、開催を決定し、万全の防疫体制のもと大会は成功裏に終わった。東京五輪に参加した選手たちも貴重な体験に、「ありがとう」という感謝の言葉を残して帰国していった。

3
続き