«
»

[都議選2021] rss

「古い都政の復活許さない」荒木・都民ファ代表、第1党死守へ緊張

 小池百合子都知事の下で第1党に躍進した地域政党「都民ファーストの会」は、小池知事の入院もあり苦しい選挙となった。投票終了直後に発表された出口調査では現45議席を減らし第1党を明け渡すとの見通しが出たが、多くの激戦区で粘り腰を見せている。

 東京都中野区の都民ファ代表の荒木千陽氏の事務所では支援者や報道陣が詰め掛け、開票状況を見守った。

1
続き

立共“共闘”の前哨戦 「連合政権」で温度差浮き彫り

 「前回の都議選との一番の違いは共産が出ていないことだ」  渋谷区(定数2人)のある都民ファースト選対関係者はこう指摘する。前回1万323票を獲得した共産が独自候補の擁立を見送り、立憲の候補者に一本化した。同関係者は「共産党の活動は見えないが、票は出てくる」とその組織力を警戒する。

3
続き

衆院選へ弾み期す自公 「政治とカネ」でお詫びも

 都議会第1党への返り咲きを目指す自民。4年前、都民ファーストにその座を明け渡したが、今回は秋の衆院選に弾みを付けるためにも公明との連携を復活させ、党幹部や閣僚も繰り出し、第1党奪還、自公で過半数(64議席以上)に向け総力戦を繰り広げている。

 最大の争点のコロナ対策では、政権与党として推進してきたワクチン接種をアピールする。

2
続き

’21首都決戦 旋風なき都民ファースト

 「4年前はここに小池百合子都知事が一緒に立ち、『中野区にお嫁に出しました』と言ってくれた」  中野駅前で告示日の25日、宣伝カーの上から百合子グリーンのタスキを着けた都民ファースト(都民ファ)代表の荒木千陽はそう叫んだ。

2
続き

衆院選の先行指標、自民「都議選+200」獲得説も

 東京都議会議員選挙は、いつもドラマティックに動く。平成時代だけを見ても8回の都議選のうち7回までが衆院選か参院選の直前に行われ、その結果に連動している。早い話、都議選はその直後に行われる国政選の「先行指標」なのである。だからこそ菅義偉政権が神経を尖(とが)らせるわけである。

2
続き

「枝野首班」担ぐ政権枠組みの明確化を求めた「日曜討論」国民・榛葉氏

 選挙イヤーの今年、東京都議会選挙が告示されたことにより、いよいよ衆院選挙まで続く各党の政治決戦が本格的に幕を開けた。新型コロナウイルス感染、ワクチン接種をはじめとした諸々(もろもろ)の対策、7月23日に始まる東京五輪・パラリンピックの進行状況が有権者の投票行動に影響するだろう。

 普通ならば与野党の舌戦もエスカレートしていくところ、コロナ禍の異常事態の中にあって社会的距離を保つなどの感染対策から各党のさや当ても控えめに感じられる。各党幹事長クラスを招いたNHK「日曜討論」(13日生放送)は、「与野党に問う 新型コロナ・五輪・政局」をテーマに淡々と各党からの主張が述べられたが、通常国会終盤の内閣不信任案提出をめぐる議論でも野党側の迫力が欠けていた印象だ。

3
続き