«
»

[豊洲問題] rss

豊洲移転、混乱を招く2市場の併存

 東京都の小池百合子知事は、築地市場から豊洲市場への移転問題で、市場を豊洲に移転し、築地市場は再開発して食のテーマパークとし市場機能も持たせる併存案を発表した。長い時間を掛けてようやく出た方針だが、2市場併存は非効率、非現実的で混乱を招きかねない。

小池知事「築地は守る」

1
続き

小池都政と「豊洲問題」 哲学なき「都民ファースト」

 6月23日告示の東京都議会選挙まで1カ月を切った。争点の一つは、泥沼状態の築地市場の豊洲への移転問題。自民党は早期移転を公約に掲げる。一方、共産党は反対に移転中止を訴える。小池百合子知事が事実上率いる「都民ファーストの会」は、すでに発表した公約では市場移転問題には触れずに先送りした格好で、まだ先の見えない状況が続く。

 だが、論壇ではすでに勝負あり。「安全」な豊洲への移転を先延ばしにする知事に対する批判は厳しく、早期に結論を出すべきだとする論考がほとんどだ。

2
続き

東京都の築地市場から豊洲市場への移転問題で…

 東京都の築地市場から豊洲市場への移転問題で、都の専門家会議が、追加対策を行えば有害物質を抑えることができるとの見解案を示した。対策の工事費は最大80億円。専門家から移転のお墨付きである。

 今回の地下水調査で検出したベンゼンは、環境基準の最大100倍だった。それでも地下空間の底面をコンクリートや特殊なシートで覆ったり、換気装置を新たに整備したりすれば大丈夫という。

1
続き

世界と日本の水産業から見た豊洲移転問題

東京財団上席研究員 小松正之氏

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)の定期講演会が4月18日、都内で開かれ、元水産庁漁業交渉官で東京財団上席研究員の小松正之氏が「世界と日本の水産業からみた豊洲移転問題」をテーマに講演した。

5
続き

市場は豊洲に移転すべし

 東京都プロジェクトチーム(PT)は4月26日、築地市場建替え案と豊洲移転案を盛り込んだ報告書の素案を示したが、元水産庁漁業交渉官で東京財団上席研究員の小松正之氏は、「基本的に豊洲に移転すべきだ」と主張した。  小松氏は、豊洲移転をめぐる議論では「本質論が欠けている」として、「機能、将来性を見ても豊洲が(築地より)上」と強調、「いっぺん豊洲に移転し、それから全体をどうするかを議論し、その中のオプションとして築地も考えたらいい」との考えを示した。  小松氏は18日に都内で開かれた世日クラブで講演した。動画ではその一部を紹介する。

>>【詳細記事】世界と日本の水産業から見た豊洲移転問題

7
続き

豊洲移転の都民投票を切に願う

決断の時が迫る小池都政  小池知事が誕生し大きな話題になったのは、言うまでもなくオリンピック会場問題と豊洲問題である。前者は結局、従来通りの会場となったが「頭の黒いネズミがいる事が分かった」という小池都知事の機転の利いた言葉によって氏の政治的失点にはならなかった。しかし、豊洲移転問題には同じ手法は通用しない。石原元知事や浜渦元副知事の責任をどれだけあげつらったとしても、豊洲移転を再び政治問題にし、都民の不安を増大させ、豊洲市場ばかりか築地市場のブランド価値まで棄損したのは、氏の政治パフォーマンスが原因だ。

 しかし、それでも私は、収束しつつあった豊洲移転問題を取り上げた事は無駄ではなかったと考えている。小池都知事は、おそらく行政の責任者として初めて「安全」と「安心」を区別した上で「安心」にも重きを置いた人物だからだ。「安全」とは自然科学の専門家が合理的な思考の下で一定以上の危険はないと判断した状態である。これに対し「安心」は大衆心理に過ぎない。

6
続き

報道が過熱した豊洲の地下水“汚染”問題を冷静に掘り下げたBSフジ

 豊洲市場の用地売買の経緯について調査する東京都議会の百条委員会で、20日に注目されていた石原慎太郎元都知事の証人喚問が行われたが、3日の記者会見と同様に「記憶にない」を連発するなどして、不評だったようだ。しかし、84歳と高齢であり、脳梗塞を患った氏の記憶にあまり多くは期待すること自体に無理があるように思われる。いずれにしても、築地市場の移転については、これとは別問題であり早期に決断する必要がある。

6
続き

豊洲問題、証人喚問で筋を通した石原氏

 東京都の築地市場の豊洲への移転をめぐる問題で、都議会は調査特別委員会(百条委員会)を設置し、元知事の石原慎太郎氏を証人喚問した。

 都が東京ガスから用地を取得した経緯について自らが決裁した責任を認め、小池百合子知事に早期の移転を求めたことは、豊洲移転を推進した立場で筋を通したと言える。

 「移転しないのは不可解」

14
続き

石原元都知事は豊洲問題の人柱になる

 小池都知事が豊洲移転を強行すれば、彼女の政治生命は終わるだろう。何故なら、彼女の政治パワーの源はひとえに都民の圧倒的な支持であり、豊洲移転を強行すればそれは泡のように消え去るからである。

 別のタイプの知事、例えば官僚出身の知事であれば専門家の意見を聞き、「地下水の基準値はオーバーしているが食品の安全性には問題はない。数年後に控えたオリンピックと豊洲に投じた経費を勘案すれば移転以外の選択肢はない」とコメントを出して強行移転することは可能だったかもしれない。いや、多くの識者もマスコミも、この問題が再燃した当初は、どうせ最後はここに落ち着くと高をくくっていた。

4
続き

都議会百条委、悪者仕立てより真相の究明を

 東京都議会は豊洲市場(江東区)への移転問題で、百条委員会(調査特別委員会)を設置した。この問題をめぐって参考人招致する予定だった石原慎太郎元知事を、地方自治法に基づく強い権限を持つ百条委で証人喚問することで、さらに厳格な対応になった。

 7月に都議選を控える中だが、問題の解明に冷静な審議を望みたい。

 石原元知事を証人喚問

1
続き

石原家を次の標的に定めた小池都知事の「大作戦」を分析した文春

 最近、新聞を開いても、週刊誌を繰っても、テレビをつけても、話題はトランプ米大統領、五輪と市場移転の東京都、そして隣の韓国大統領選の行方ばかりである。ワイドショーは毎日繰り返し報じているので、普段テレビを見る時間の少ないサラリーマン夫より、主婦の方がはるかに詳しくなっているほどだ。

2
続き

ベンゼン79倍で見えてきた方向性

 豊洲市場への移転問題が益々混迷を深めている。この問題についての私の見解は、かつても本紙で明らかにしたように、「都議選の際に都民投票を実施し、残留か移転を決せよ」というものだが、とはいえ、専門家会議が安全宣言を出し、財政を重視する役人に押し切られて移転派が勝利すると、どこかで諦めていたところがあった。

 しかし、基準値の79倍を超えるベンゼンが豊洲から検出された事で、そのシナリオは無理筋になってしまった。何よりも第1に、都民に一応信頼されていた専門家会議の委員たちから「なかなか見られない現象」「初めての経験」「あまりにもショッキング」と驚きの声が続出し、平田健正座長に至っては「原因が分からない。なぜこうなったのか調べたい。このままでは評価できない。戸惑っている」と言う始末だ。これほどまでに政治問題化したうえにデータが信用できないとなると、よほど都庁に恩を売りたい御用学者以外は、誰も「豊洲は安全です」とは言わないだろう。では、役人はどうかと言えば、おそらくこの状況で小池知事に「ここまで投入した経費を考えれば豊洲移転以外の判断はあり得ません」と進言できる人間はいない。何故なら、それを知事に進言するためには79倍のベンゼンが出た理由を説明しなければならないからだ。

1
続き

豊洲市場の盛り土問題、地下空間でも対策十分

 豊洲市場(東京・江東区)の主要建物下で土壌汚染対策の盛り土が行われず、地下空間が設けられていた問題。小池百合子・東京都知事は、地下水モニタリング調査結果の公表と、専門家会議や市場問題プロジェクトチーム(PT)が提出する報告書を受け、来夏に移転の可否を判断する。しかし、土木や建築の専門家からは、地下空間の方が安全だとする一方、混乱によって生じた風評被害の方が深刻との指摘が相次いでいる。 (社会部・宗村興一)

1
続き

本質から外れる豊洲移転論争

東京財団上席研究員 小松 正之

 小池百合子東京都知事は8月末、「豊洲移転と築地閉鎖の延期」を発表した。知事は①食の安全性を最優先する②巨大な公共投資の精査③情報の透明性の確保―を挙げた。その後、知事の指名する専門家による会合が検討を重ねているが、その議論は市場の汚染問題と都庁内の情報管理の責任問題に終始している

3
続き

瓢箪から駒。小池さんは、よく豊洲移転延期決定が出来たものだ

あの頃小池さんの豊洲移転延期表明をボロクソに批判されたいた方々が、今、どんな顔をしておられるか、見てみたいものだ。

いくら直感力の鋭い小池さんでも、豊洲市場に地下ビットがあることなどは知らなかっただろうし、東京都の意思決定のプロセスが如何にいい加減で、実質的に責任者不在だった、ということまでは想像もしなかったはずである。

5
続き

豊洲新市場の地下空間問題で過熱する報道・世論に水を掛ける新潮

 豊洲新市場で基準値を超えるベンゼンとヒ素が検出されたことで、蜂の巣をつついたような騒ぎとなっている。移転に反対する業者は、「東京都はわれわれにベンゼンなどで汚染された魚を提供させようとしているのか」と叫ぶ。まるで「豊洲」がチェルノブイリのように立ち入ることもできないほどに汚染されているかのようだ。

1
続き

豊洲市場問題、求められる都政の抜本改革

 東京都の豊洲市場(江東区)の建物下で土壌汚染対策の盛り土が行われなかった問題は、「いつ、誰が」盛り土をしない方針を決めたのか内部調査では特定できなかった。

 小池百合子知事には事実の徹底解明とともに都政の抜本改革が求められる。

縦割りで責任不明確

0
続き

「便所メシ」で考える豊洲移転問題

 築地市場の豊洲移転問題が完全にデッドロックに乗り上げて、にっちもさっちも行かなくなっている。この問題を都庁の役人たちに任しておけば、おそらくは明後日の方向に議論が進み、納得のいかない幕引きを迎えるだろう。そんな事態を回避するために、この問題の本質的問題を指摘し、解決方法を提示したいと思う。

 新聞やテレビは自分達が取材したスクープを除き、大抵の場合、役人たちが用意したサマリー(要約文)をさらに要約して報道しているに過ぎない。とりわけ都政のように、大問題がなければ都民国民の関心が低い分野はそうである。

6
続き