■連載一覧
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 人口減少社会を超えて 第3部・識者インタビュー
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2018/12/20
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [米朝首脳会談] rss

    米朝首脳、来月下旬に再会談

     ホワイトハウスは18日、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の2回目の米朝首脳会談を2月下旬に開催すると発表した。開催場所については、後日発表するとした。昨年6月の米朝首脳会談後、膠着(こうちゃく)状態が続く北朝鮮の非核化に向け具体的な進展が得られるかが焦点となる。

    0
    続き

    元「死の島」で行われる米朝首脳会談

     ホワイトハウスのサラ・サンダース大統領報道官は5日、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の米朝首脳会談が12日、シンガポールのセントーサ島のカペラホテルで開催されると発表した。

    1
    続き

    核・拉致トランプ頼みの不安

     安倍晋三首相は7日、トランプ米大統領との首脳会談で、米朝首脳会談に向け、核、ミサイル、拉致問題で最終的な擦り合わせを行った。今の時期に「擦り合わせ」が必要になったのは、米朝の駆け引きが続く中でトランプ氏の発言が二転三転し、4月の首脳会談で確認した安倍首相との共同歩調にずれが生じたためだ。

    3
    続き

    北は「非核化詐欺」狙いか

     北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は今回の米朝首脳会談に国運を賭け、ある種の「決戦場」と位置付けているとみられるが、日本をはじめ国際社会が求める「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」に応じる可能性は低いとみられている。

    7
    続き

    米朝首脳会談の焦点 読めぬトランプ流交渉術

     12日にシンガポールで開催される史上初の米朝首脳会談は、北朝鮮の核問題の解決につながる転換点になるのか。歴史的会談の焦点を探った。

     トランプ米大統領が1987年に書いた自伝に、次の一節がある。

     「大事な取引をする場合は、トップを相手にしなければラチがあかないのだ。その理由は、企業でトップでない者はみな、ただの従業員にすぎないからだ」

    7
    続き

    シンガポールでの米朝首脳会談、韓国合流説が急浮上

     今月12日にシンガポールで開催される史上初の米朝首脳会談に韓国の文在寅大統領が合流する可能性が急浮上している。トランプ米大統領が朝鮮半島の終戦宣言に初めて言及したことによるものだが、北朝鮮の非核化を厳しく詰めることなく「終戦」話が始まれば、「3者によるうわべの平和ショー」との誹りは免れない。(ソウル・上田勇実)

    5
    続き

    当初予定通り12日にシンガポールで行うこと…

     当初予定通り12日にシンガポールで行うことが発表された史上初の米朝首脳会談。トランプ米大統領が、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の側近、金英哲党副委員長に「制裁は解除しないが、(非核化に)時間をかけて構わない」と語ったことに懸念も出ている。

     新聞にコメントした識者の見方から。笹川平和財団上席研究員の渡部恒雄氏は「理想的には、北朝鮮の核放棄に道筋をつけることだが、おそらく緩い合意でも、外交成果として発表できれば」(小紙3日付)と考えている節があることを危惧する。

    0
    続き

    任期あるトランプ、任期ない金正恩

     トランプ米大統領は1日、シンガポールで歴史初の米朝首脳会談を予定通り今月12日に開くと発表した。同時に、「首脳会談ではいかなる外交文書にも署名する予定はない」と指摘し、「北の非核化を達成するためには一度の首脳会談では出来ない」と説明、複数の首脳会談が必要となることを示唆した。

    0
    続き

    米朝会談12日に、トランプ氏は足元見られるな

     トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談が、当初の予定通り12日にシンガポールで開催されることになった。

     会談中止の表明からわずか8日後だ。しかも、北朝鮮の非核化の道筋が明確にならない中での決定である。トランプ氏の前のめりの姿勢が懸念される。

    非核化に関する主張後退

    2
    続き

    12日に米朝首脳会談

     トランプ米大統領は1日、北朝鮮の金正恩労働党委員長と当初の予定通り12日にシンガポールで会談すると発表した。北朝鮮の金英哲労働党副委員長とのホワイトハウスでの会談後、記者団に語った。北朝鮮の非核化の進め方をめぐり米朝の認識の隔たりが埋まらない中、首脳会談を「プロセスの始まり」と位置付け、交渉に一定の時間をかける可能性を示した。

    1
    続き

    “外交成果”が最優先事項に 渡部恒雄

    笹川平和財団上席研究員 渡部恒雄

     トランプ大統領は、制裁対象人物の北朝鮮の金英哲労働党副委員長をホワイトハウスの執務室に迎えて90分以上も会談し、最強硬派のボルトン国家安全保障担当補佐官を同席させなかった。ラングーン爆破テロ、日本人拉致、延坪島砲撃などの過去の行状と、北朝鮮の非核化への合意が得られていない状況を考えると、異常な行為だ。

    1
    続き

    米国務長官、正恩氏最側近と協議

    北朝鮮の金英哲労働党副委員長は30日午後(日本時間31日未明)、空路でニューヨークに到着し、ポンぺオ米国務長官と夕食会形式の会談に臨んだ。両氏は、トランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談の6月12開催を目指し、最終調整を行った。協議は31日も実施される。

     北朝鮮最高幹部の訪米は、2000年の故・趙明禄国防委員会第1副委員長(当時)以来18年ぶりとなる。

    1
    続き

    「非核化」なお隔たり

     トランプ米大統領は27日、米朝首脳会談に向けた準備のため「米国の代表団が北朝鮮に到着した」と発表した。会談における議題などを整理するための実務者による事前協議とみられるが、非核化の方式をめぐり、米朝両国で意見の隔たりがあり、当初の予定通り6月12日に開催できるかは不透明だ。

    0
    続き

    米朝会談、バラ色の幻想は禁物

     外交界には、「失敗する首脳会談はない」という言葉がある。最高指導者間の会合だけに、数十回の事前調整で対立懸案を解決しておくという意味だ。来月12日、シンガポールで開かれる米朝首脳会談も失敗しない可能性が高い。米朝情報当局間の秘密接触が数回あったという。マイク・ポンペオ米国務長官の2度の訪朝は事前接触の成果を反映している。

    0
    続き

    在韓米軍撤退もカードに 島田洋一氏

    福井県立大学教授 島田洋一氏(下)

    日本にとって最大の懸念は、米朝が米本土に到達する大陸間弾道ミサイル(ICBM)の廃棄だけで合意し、日本を攻撃できる中距離弾道ミサイルの脅威が残ることだ。

    6
    続き

    トランプ氏 米朝会談の延期示唆

     トランプ米大統領は22日、開催が予定されている米朝首脳会談について「6月12日に行われないかもしれない」と述べ、延期の可能性を示唆した。ホワイトハウスで行われた韓国の文在寅大統領との会談冒頭で述べた。非核化への態度を硬化させる北朝鮮を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。

    1
    続き

    どうなる米朝首脳会談、「リビア方式」めぐり攻防 島田洋一氏

    福井県立大学教授 島田洋一氏(上)

     6月12日にシンガポールで行われる米朝首脳会談の行方に全世界の注目が集まっている。福井県立大学教授で拉致被害者を「救う会」全国協議会副会長の島田洋一氏に展望を聞いた。(聞き手=編集委員・早川俊行)  

    米朝首脳会談をどう展望する。

    4
    続き

    米朝首脳会談開催に寄せて

    東洋学園大学教授 櫻田 淳

     ドナルド・J・トランプ(米国大統領)と金正恩(北朝鮮・朝鮮労働党委員長)が初めて顔を合わせる米朝首脳会談は、来る6月12日、シンガポールで開催されることになった。筆者は、候補地として報じられた都市の中では、板門店が「最悪」、ウランバートルが「次悪」、シンガポールが「次善」という評価を下してきた故に、シンガポール開催を歓迎する。

    3
    続き

    トランプ政権、米朝首脳会談へ準備本格化

     トランプ米大統領が10日、史上初の米朝首脳会談を6月12日にシンガポールで開催すると発表したのを受け、準備が本格化する。トランプ政権が求める北朝鮮の核・ミサイルの「完全な、検証可能かつ不可逆的な廃棄」に向けて、具体的な措置を盛り込んだ合意を結ぶことができるかが焦点となる。トランプ氏は、中西部インディアナ州の集会で10日夜に演説し、「全世界の未来の平和と安全保障のために金正恩(朝鮮労働党委員長)と会う」と決意を表明した。

    1
    続き

    米朝首脳会談、正恩氏に「核放棄」確認を

     6月初旬までに開催される見通しの米朝首脳会談を前に、ワシントン・タイムズ財団は11日、北朝鮮問題をテーマとするシンポジウムをワシントンの連邦議会で開き、北東アジアの専門家らが議論を交わした。

     ジョセフ・デトラニ元北朝鮮担当特使は、米朝首脳会談の開催が合意に至った要因として、北朝鮮に対する国連による経済制裁が効いたことや、米韓合同軍事演習が北朝鮮の政権指導部に脅威を与えたことを挙げた。

    4
    続き

    米国家安全保障会議(NSC)に北朝鮮強硬派

     米ホワイトハウスが、5月にも実施されるとみられる米朝首脳会談への準備に本腰を入れ始めている。事実上長官不在の国務省をよそに、大統領直属の諮問機関、国家安全保障会議(NSC)を強化し、その第1弾として北朝鮮強硬派の元財務省高官アンソニー・ルッジェーロ氏をNSC入りさせる見込みだ。元政府高官がワシントン・タイムズに明らかにした。

    7
    続き

    新米国務長官、北への警戒緩めず会談準備を

     トランプ米大統領はティラーソン国務長官を解任し、保守強硬派のポンペオ中央情報局(CIA)長官を後任に指名した。

     5月までに行う意向の米朝首脳会談に「最大限の圧力」を維持したまま臨み、妥協しない姿勢を鮮明にした形だ。

    CIAのポンペオ氏指名

    2
    続き