«
»

[米朝会談中止] rss

金正恩氏の“究極の非核化構想”とは

 朝鮮半島の行方は2人の政治家の発言に揺り動かされている。日韓のプリント・メディアは当初、6月12日シンガポールで開催予定の史上初の米朝首脳会談を控え、「朝鮮半島の行方」、「北の非核化の見通し」といった連載を組む予定だったが、そんな悠長なシリーズは諦めざるを得なくなった。2人の政治家の口から前日とは180度違う発言が飛び出し、米朝首脳会談の開催自体が2人の政治家の発言によってコロコロ変わるからだ。朝鮮半島の行方は、神のみぞ知る、といった状況となってきた。

2
続き

満面の笑みもむなしい? 米朝関係改善へ期待

 満面の笑みを浮かべる北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を描いた壁画が米ロサンゼルスのコリアンタウン近くの街中に出現した。

 「米国に来る」と書かれ、米朝関係改善への期待を表現したとみられるが、トランプ大統領は24日、6月に予定されていた米朝首脳会談の中止を発表した。

0
続き

米朝会談「中止」と今後の展開

元統幕議長 杉山 蕃

 世界中の耳目を集める米朝会談が旬日後に迫ったところで、北朝鮮の揺さぶり的動きが報ぜられていたが、業を煮やしたトランプ大統領が、北朝鮮に会談中止の書簡を送った。北朝鮮は予期せぬ米国の強硬な処置に、苦しい対応を迫られているが、今後の展開は予断を許さないところである。

4
続き

焦る金正恩氏、韓国を利用

解説

 韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は今回の首脳会談で、ひと月前に開催された初会談で合意した「板門店宣言」の履行を再確認したが、前回とは明らかに異なる雰囲気だった。会談は金正恩氏の要請で急遽(きゅうきょ)開かれ、報道機関には事前通知せず、時間もわずか2時間で結果発表は翌日に遅らせた。まるで極秘会談だ。

3
続き

米朝会談中止で「報プラ」指摘の北朝鮮6月後半経済危機に現実味か

 持ち上げたり、こき下ろしたり…米朝首脳会談が予定された6月12日を前にトランプ政権と北朝鮮当局者の応酬が続いたが、トランプ大統領は金正恩朝鮮労働党委員長に書簡で中止を通告した。南北首脳会談、米朝首脳会談の発表など一連のニュースに浮かれた空気が乱気流になっている。

1
続き

「非核化」認識に違い、トランプ氏北に譲歩せず

 トランプ米大統領が米朝首脳会談の中止を公表したことで、朝鮮半島の非核化をめぐって米朝両国の認識の違いが改めて浮き彫りになった。ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)やペンス副大統領は、北朝鮮の非核化プロセスについて「リビア方式」に言及。これは、北朝鮮に対して2003年のリビアと同様に短期間で「完全かつ検証可能で不可逆的」な非核化を実現させ、それを受け経済制裁の緩和などを実施するものだ。

 これに対して北朝鮮は、ボルトン氏やペンス氏を名指しで非難するなど強く反発。核・ミサイルを段階的に放棄しつつ、経済支援や体制保障などの見返りを得ようとする立場を崩さなかった。

5
続き

米朝会談中止、北ペースに待った掛けた

 来月12日にシンガポールで開催される予定だった史上初の米朝首脳会談が米国側の決断で急遽(きゅうきょ)中止になった。

 トランプ米大統領が北朝鮮側の姿勢に反発したことによるもので、会談を強く望んでいたとみられる北朝鮮は当惑を隠せない様子だ。何よりも米国との会談を通じ、国際社会の制裁や体制不安から脱したかったはずの北朝鮮としては痛手であろう。

 完全非核化避けたい北

2
続き

米朝首脳会談中止 トランプ米大統領、最大限の圧力維持

 トランプ米大統領は24日、ホワイトハウスで、6月12日に予定されていた米朝首脳会談を中止したことについて、「北朝鮮、世界にとって大きな後退」だと表明した上で、「かつてないほど厳しい制裁と最大限の圧力は続ける」と強調。北朝鮮の核放棄に向け、国際包囲網を再び強化する方針を示した。

1
続き

米朝首脳会談中止、早すぎる展開にトランプ・金正恩ともブレーキ踏んだ

 トランプ米大統領が6月12日に予定されていた米朝首脳会談を急きょ中止した。非核化方式をめぐって調整が付かず、双方とも急いで会談したところで成果が見込めなかったからだ。北朝鮮問題に詳しい宮塚コリア研究所代表・宮塚利雄氏に聞いた。

パトリオットTV フェイスブックページhttps://www.facebook.com/kokueki/ たくさんの「いいね!」をお願いします!

3
続き

非核化見返りは独裁維持資金? 米朝首脳会談めぐり諸説紛々

 来月12日にシンガポールで開催予定だった米朝首脳会談。双方が取り止(や)めや延期などに言及しながら駆け引き、応酬が続いたが、米国は24日に中止を発表した。しかし、米ホワイトハウスやシンガポール政府は報道機関向けに取材申請の案内を出すなど準備も進めていた経緯があり、予測困難な両首脳のキャラクターもあって会談見通しは諸説紛々だった。(編集委員・上田勇実)

2
続き

米朝首脳会談の中止を通告、トランプ氏が正恩氏に書簡

 トランプ米大統領は24日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に宛てた書簡を公表し、6月12日に開催を予定していた米朝首脳会談について、中止を通告したことを明らかにした。

0
続き