■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [米大統領選] rss

    米大統領選の意味、世界的思想戦の潮流を左右

     今回の米大統領選では「LGBT(性的少数者)外交」の是非は争点になっていない。そもそも、ほとんどの有権者は、オバマ政権が国内だけでなく海外でもLGBTアジェンダを推進し、他国から強い反発を買っていることすら知らない。それでも、大統領選の結果は、同性愛をめぐる世界的な「文化戦争」の行方を大きく左右することは間違いない。

    2
    続き

    最高裁判事指名めぐるクリントン氏公約に保守派懸念

     【セントルイス】ヒラリー・クリントン氏はこの週末、ドナルド・トランプ氏が女性をめぐるわいせつな発言で負ったダメージの一部を修復するのを結果的に手助けした。最高裁に関して左寄りの発言をしたためだが、保守派共和党員は、この欠陥の多い大統領候補を支持する理由として、この問題を最も重視している。

     保守派指導者らは、クリントン氏は、最高裁判事指名を生かして左派の政治課題を推進すると訴えたが、この発言は、トランプ氏の討論会中のどの発言よりも、トランプ氏が支持者を取り戻すのに貢献したと指摘した。これは、週末に公表された2005年の映像に反発していた福音派有権者についても同様だ。映像には、わいせつな言葉を使って性的な自慢をする共和党候補者が映っている。

    1
    続き

    米大統領選で思い出すワシントンの桜の木

    両陣営が見苦しいウソのつきあい

     米国の大統領選を前にしたテレビ討論で、クリントン(民主)とトランプ(共和)両氏が見苦しいいがみ合いを続けています。「これまでで最も不快なテレビ討論」という評価のようですね。米国は最も進んだ先進国、民主主義国であり、大統領候補がそれにふさわしい人格と品性を備えているはずなのに、違うのですね。

    1
    続き

    米メディア評「最も醜い討論会」

     米大統領選の第2回テレビ討論会は、共和党候補ドナルド・トランプ氏と民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官が「互いの不祥事を攻撃し合う」(ABCテレビ)など中傷合戦に終始した。政策論争は深まらず、米メディアは「米史上、最も醜い討論会だった」と酷評した。

     トランプ氏とクリントン氏の間には初めから不穏な空気が流れていた。大統領選の討論会で恒例となっている冒頭の握手を拒否し、登壇するとそのままカメラの方を向いて写真に納まったのだ。

    0
    続き

    トランプと税と公正さの意味について

     米国のすべての小企業を経営する男女、すべての農業従事者、牧場主、そして投資家だったら、事業がうまくいかなかった年には、損失を未来の利益で帳消しにしようとするものだということを知っている。これは極めて普通のことなのだ。政府が損金処理をすることを許さなかったならば、それは、リスク・テイカー(リスクに立ち向かう人)で、新規のビジネスを開業する人の激減、米国人の雇用の激減を招くであろう。

     このことは、ヒラリーと、彼女の選挙運動下部組織以外のすべての人が知っているように思われる。ニューヨーク・タイムズ紙は土曜日、ドナルド・トランプは、1995年の州に提出した納税申告書で9億1600万㌦の損益を申告していると報じた。これは、到底大スクープとは言えない。ドナルドは、何回も、1年に10億㌦損したと言っているからである。あなたがリスク・テイカーで、数十億㌦相当の決断をする建築業者だったとしても、ちょうど綿やとうもろこしや豆などを栽培する農業従事者のように、年によっては振るわないこともある。豊作の年より凶作の年が長く続いたら、仕事を止めなくてはならない状況に追い込まれる。

    0
    続き

    終幕近づく「トランプ劇場」

     米大統領選までわずか1カ月という局面で、11年前のわいせつ発言をめぐり窮地に陥る共和党候補ドナルド・トランプ氏。「最後のチャンス」と言われた9日の第2回テレビ討論会では、民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官を激しく攻め立てた。だが、発言で負ったダメージは大きく、支持率は一段と低下。残された時間で逆転するのは困難な見通しで、全世界を騒がせてきた「トランプ劇場」は終幕が近づいてきた。

    0
    続き

    米大統領選、討論会の意義を再確認せよ

     米大統領選が来月8日の投票日まであと1カ月と迫る中、中西部ミズーリ州セントルイスのワシントン大で2回目のテレビ討論会が行われた。共和党候補ドナルド・トランプ氏の巻き返しが見られたが、CNNの調査によると、先月末に行われた1回目より差が縮まったものの、討論会視聴者の57%が民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官、34%がトランプ氏に軍配を上げた。

    両候補とも資質に疑問符

    1
    続き

    シュワ元知事「共和党でなく、国のために投票せよ」

     俳優で共和党員の元カリフォルニア州知事アーノルド・シュワルツェネッガー氏が、米大統領選挙で共和党候補ドナルド・トランプに投票しないことを宣言した。シュワルツェネッガーが共和党候補を支持しないのは、今回が初めてとなる。

    2
    続き

    トランプ氏の女性蔑視発言で状況一変

     米大統領選で民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官と接戦を繰り広げてきた共和党候補ドナルド・トランプ氏が、一転して窮地に追い込まれる可能性に陥った。女性に関してわいせつな発言をしていたことが発覚し、共和党内からも撤退を求める声が広がっているのだ。

    1
    続き

    トランプのユダヤ人脈

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     米大統領選が終盤を迎える中、当初中立的であったその立場を変え、親イスラエル色を鮮明にしつつあるのが共和党候補のトランプだ。「オバマがイランとの間で結んだ核合意を自分が大統領になったらひっくり返す」と豪語し、在米親イスラエル派を喜ばせたことは記憶に新しいところだ。

    2
    続き

    米大統領選まで1カ月、若年層取り込みカギに

     「ヒラリー・クリントン前国務長官は大統領になるための経験と気質をすべて持っている」

     先月28日にペンシルベニア州の大学で行われた集会。ミシェル・オバマ米大統領夫人はこう強調し、共和党候補ドナルド・トランプ氏を大統領にさせないためにクリントン氏を支持するよう呼び掛けた。ミシェル夫人が訴えた相手は2000年以降に成人年齢に達した「ミレニアル世代」を中心とした学生たちだ。

    2
    続き

    トランプvsヒラリー、共に火種抱え終盤戦へ

     11月8日に行われる米大統領選の投票まであと1カ月。共和党候補ドナルド・トランプ氏(70)と民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官(68)の激戦は依然として続いている。予断を許さない最終盤の情勢を探った。 (ワシントン・岩城喜之)

     「討論会はいい出来だった。勝利したと考えている」

    1
    続き

    代理戦争、共和ペンス氏に軍配

     11月8日に投票が行われる米大統領選の共和、民主両党副大統領候補によるテレビ討論会が4日夜、南部バージニア州ファームビルのロングウッド大学で開かれた。初の直接対決となった共和マイク・ペンス・インディアナ州知事と民主ティム・ケーン上院議員は、相手陣営の大統領候補をめぐって互いに非難を展開。米メディアは討論会後、安定感を示したペンス氏に軍配を上げた。

    0
    続き

    両大統領候補者の討論会を越えて

     月曜日(26日)の夜、ドナルド・トランプとヒラリー・クリントンが、ついに、顔を突き合わせて、互いを見定めることになった時、私たちはたくさんの約束を耳にした。ドナルドと、クリントン会計(得票数計算)事務所の令夫人の両人は、私たちに、どうやって、国を導いていき、国家の敵をやっつけ、そして、自分らが当然もらうべきものとして、有権者が期待するようになっているあらゆる無料の品々を与えてくれるのか、見せようとしていた。4年ごとにそれはやって来る。それは、すべて、うんざりするほど見慣れた風景であり、「建国の父ら」だったら、彼らの大統領観が巨大化していることを喜んでいると言って、二人を厳しく批判したかもしれない。実際、彼らは、ドナルドやヒラリーの両方がなろうと努めている大統領を認めなかったであろう。

     昔は、大統領らは、憲法で定められた役割を理解していた。建国の父らの業績をこき下ろしていた大学教授だった、ウッドロウ・ウィルソン(第1次大戦中の大統領)が進歩主義時代への道案内をしてくれて初めて、最終的に、大統領が、米国版「偉大なる指導者」への変容が果たせるようになったのである。

    0
    続き

    保守系新聞のクリントン支持で脅迫や購読停止に

     9月に入って、伝統的に保守的な全米の新聞の編集委員会がドナルド・トランプ氏への支持を拒否し、ヒラリークリントン氏支持を表明したが、悪意のある反発に直面している新聞もある。

     シンシナティ・インクワイアラーはこれまでのほぼ1世紀、民主党を支持したことはなく、アリゾナ・リパブリックは創刊以来126年、共和党の大統領候補だけを支持してきたが、クリントン氏支持表明後、購読者が減少したり、読者から怒りの手紙を受け取ったりしている。

    0
    続き

    米大統領選揺るがす情報漏洩

    アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき

     大企業や政府のコンピューターがハッキングされたというのはニュースにならないほど数が増えている。民間IT企業の知的所有権から政府の軍事機密まであらゆるものがサイバー攻撃の対象となっている。

    0
    続き

    米大統領選、世界をリードする構想見えぬ

     2016年米大統領選の最大のヤマ場となる民主党候補ヒラリー・クリントン氏と共和党候補ドナルド・トランプ氏の第1回テレビ討論会が、ニューヨーク州内の大学で開かれた。両候補の初めての直接対決である。

     両候補が初の直接対決

    0
    続き

    トランプに海外から辛辣な批評

     今回の大統領候補討論会への外国の評価はアメリカの批評家のそれと同じようなものだった。トランプ氏が大統領選挙への準備さえできていないことが明らかになったとする一方、クリントン氏は経験不足の相手を追いやることに失敗したというのが大方の意見だ。

    3
    続き

    経済、安保政策で応酬 両候補が初のTV討論会

     11月8日に行われる米大統領選の候補者による第1回テレビ討論会が26日夜(日本時間27日午前)、ニューヨーク州ヘンプステッドのホフストラ大学で行われ、共和党候補ドナルド・トランプ氏(70)と民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官(68)が経済政策や外交・安全保障問題などで激しい論戦を交わした。

    0
    続き

    討論会でトランプはヒラリーのここを攻めろ!

     大統領候補による最初の討論会が26日夜にニューヨークのホフストラ大学で行われる。討論会が最高のショーとなることは間違いない。スーパーボールのような熱気と興奮に包まれ、人々の好奇心と期待が集中するこのような政治行事はめったにない。また、これほどの注目を集める大統領候補者が2人同時に揃うことも滅多にないことだ。

    1
    続き

    トランプ氏はレーガンにあらず

     米共和党出身のジョージ・H・W・ブッシュ元大統領(92)は11月の米大統領選では共和党大統領候補者のドナルド・トランプ氏(70)ではなく、ライバルの民主党大統領選候補者ヒラリー・クリントン女史(68)に投票すると表明したという。

    6
    続き

    クリントン氏拒否するミレニアル世代

     【フィラデルフィア】ヒラリー・クリントン氏にとって、黒人票はほとんど問題ない。ヒスパニック票の数字も分かっている。だが、オバマ大統領の希望と変革連合の原動力となり、オバマ氏を2度の勝利に導いたミレニアル世代の若者を引き付けるのには苦労している。

     クリントン氏の19日のテンプル大学訪問を、学生らはそれほど歓迎しなかった。クリントン氏は学生らが嫌っているエスタブリッシュメントとのつながりが強く、支持できないというのがその理由だ。

    0
    続き