«
»

[米イラン対立] rss

中東緊張で国際社会に混迷も、「革命の輸出」目指すイラン

 米軍によるイラン革命防衛隊の海外工作部門「コッズ部隊」ソレイマニ司令官殺害事件は、第3次世界大戦勃発を想起させるなど大きな衝撃を与えたが、両国による「自制」で当面の危機を脱した。しかし、周辺諸国への影響力を拡大するイスラム教シーア派国家イランや、「世界のイスラム化」を標榜(ひょうぼう)するイスラム教スンニ派「ムスリム同胞団」とそれを先導するトルコのエルドアン政権、さらには独裁体制下の中国、北朝鮮、ロシアなどは、今後も国際社会に混迷をもたらす危険性をはらんでいる。(カイロ・鈴木眞吉)

0
続き

米イラン紛争はこれから正念場だ

 トランプ米大統領はイランに対し、2点の対応を考えてきた。一つは、シリア、レバノン、イエメン、そしてイラクで軍事活動を支援するイラン革命部隊「コッズ部隊」を鎮圧すること、そしてイランの核開発計画を壊滅することだ。

0
続き

対イラン政策が争点化も

 「イランは(さらなる攻撃を)抑制しているようだ。これは関係者全員や世界にとって非常に良いことだ」

 ペンス副大統領やエスパー国防長官、米軍幹部が立ち並ぶ厳粛な雰囲気の中、ホワイトハウスで演説したトランプ氏は抑制された調子で声明を読み上げた。

2
続き

トランプ米大統領、軍事力行使に言及せず

 イランによるイラクの米軍駐留基地へのミサイル攻撃を受け、トランプ米大統領は8日、ホワイトハウスで演説し、米国人に死傷者は出なかったと発表。イランはさらなる攻撃を「抑制しているようだ」との見方を示し、軍事力の行使については否定的な考えを示した。追加の経済制裁を科す意向を示す一方、対話に前向きな姿勢を示すなど、硬軟両様でイランに核計画の放棄を求める立場を示した。

1
続き

米イラン紛争は「初めに言があった」

 米無人機によるイラン革命防衛隊「コッズ部隊」のカセム・ソレイマニ司令官殺害後、米国とイラン両国の報復発言が飛び交っている。米国側は今回のソレイマニ司令官殺害を、国際法に基づく自衛権の行使という立場だ。それに対し、イラン側は同国の英雄ソレイマニ司令官殺害に対し、激怒し、報復を宣言し、「米軍を支援する同盟国も報復攻撃の対象となる」と警告を発している。

2
続き

イランが米に報復攻撃、イラク駐留2基地にミサイル

 米国防総省は7日、イラクにある駐留米軍基地にイランが弾道ミサイルを発射し、少なくとも2カ所を攻撃したと発表した。イランは革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官が米軍に殺害されたことへの報復だとした。米兵に死者は確認されていないとみられるが、今後明らかになる被害状況によっては米軍がイランへの反撃に踏み切る可能性もある。トランプ米大統領は8日午前(日本時間9日未明)に演説し、イランへの対応策を表明する見通し。

0
続き

米イラン緊張、両国は報復の連鎖を絶て

 イランの精鋭、コッズ部隊のソレイマニ司令官殺害で、米国とイランの間の緊張が高まっている。再び中東を戦場としないため双方の自制が必要だ。

 米軍基地にミサイル

1
続き

中東がきな臭くなっている、日本は?

 アメリカのイラン革命防衛隊の司令官の暗殺に伴い中東情勢がきな臭くなっていると報道が多くなってきました。

 でも、このイランの革命防衛隊のコッズ部隊の司令官が暗殺された場所に注目しているマスコミは少ないのですが、なんとそれはイラク国内です。

 何でイランの革命防衛隊の司令官がイラク国内にいる必要があるのか?

 そしてなぜこのタイミングで米軍は殺害したのかを考えるべきだと思います。

5
続き

米・イラン「調停者なき紛争」の怖さ

 米軍の無人機(ドローン)が3日、イラクのバクダッドでイラン革命防衛隊「コッズ部隊」のカセム・ソレイマニ司令官を殺害したことを受け、イランは米国に報復攻撃を宣言している。米・イランの紛争は中東全域ばかりか、世界を大きな危機に陥らせている。

0
続き

米イラン対立、今度は間違えるな日本の政治家

■動き出す世界

 沈静化していたと思われたアメリカとイランの対立は、水面下で激しく動いていた。双方は攻撃するために準備しており、地元民を偽装してイラクのアメリカ大使館を襲撃。これに呼応するかの様に、アメリカは1月3日にイラン革命防衛隊の司令官の1人を殺害した。

17
続き

米は中東に3500人増派、イラン司令官殺害で情勢緊迫

 米国防総省当局者は3日、中東地域に約3500人の部隊を増派する方針を明らかにした。複数の米メディアが報じた。米軍がイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害したことを受け、イランによる報復攻撃に備える狙いがある。

0
続き

米議会、イラン反政府デモを支援

 米連邦議会は、イランへの圧力を強化している。イランでは、全土で反政府デモが続いており、数百人が死亡、収束のめどは立っていない。  議員らは今週、イランの首都テヘランを揺さぶり、政府の暴力的な対応を非難するデモに明確な支持を表明する最初の法案を提出した。法案を共同提出したウィルソン下院議員(共和、サウスカロライナ州)は「この決議案で議会は強い、超党派のメッセージをイランの人々に送る。イラン国民の民主主義への希求を支援し、全力で現体制が犯した人権侵害の責任を取らせる」と述べた。

 抗議デモは、1979年のイラン革命以降で最大規模、イラン政府が、補助金で価格を低く抑えてきた燃料を300%値上げすると発表した11月15日に発生した。デモは瞬く間に全土に拡大し、大規模な反体制運動へと発展した。政府はデモを収束させるために、インターネットと都市間の通信を遮断した。法案を共同提出したドイチ下院議員(民主、フロリダ州)は、「イラン政府による自国民に対するひどい人権侵害はよく知られている。インターネットを検閲し、信教の自由、政治参加を制限し、ジャーナリストを投獄し、反体制派を拷問している」と述べた。

0
続き

北とイランは対米で連携プレー

 イランは7日、中部フォルドウの地下ウラン濃縮施設で濃縮活動を開始した。テヘラン側の説明では核合意に対する「第4段階」の対応という。イランは2015年7月、欧米中露6カ国との間で締結した核合意では、フォルドウのウラン濃縮は禁止されているから、イラン側の今回の対応は明らかに核合意を違反している。

0
続き

米大統領 48時間以内にイラン制裁

 トランプ米大統領は18日、サウジアラビアの石油関連施設への攻撃にイランが関与したとみて、新たな制裁措置を「48時間以内に発表する」と表明した。具体的な措置については言及しなかったが「非常に厳しい制裁」だと説明。一方で、軍事行動には改めて慎重な考えを示した。

1
続き

米国とイランのチキンレース

ロシア研究家 乾 一宇

 日本の原油輸入に大きな影響を与える中東で、アメリカとイランがチキンレース(度胸比べ)を展開している。外交・経済面ばかりでなく、原油タンカーの拿捕(だほ)や攻撃も実際に起こっている。

 安倍首相も両国の仲裁役を演じたりしているが、簡単に解決しそうにない。

0
続き

米イラン戦争は「地上の地獄」と警鐘を鳴らす米サイト「ボックス」

 米国とイランとの間で軍事衝突が起きるのではないかと懸念されている。米ニュースサイト「ボックス」は、米イラン間で戦争が勃発すれば、「地上の地獄」となると警告、専門家らによる戦争のシナリオを伝えている。

 ホルムズ海峡近海でタンカーが攻撃を受け、イランは米国の無人偵察機を撃墜した。米国は、タンカー警護へ、有志連合の結成を計画、多国間での枠組みの構築を模索し始めた。

1
続き

米副大統領、イランへの軍事行動も辞さず

 ペンス副大統領は8日、ワシントンで講演し、イランがウラン濃縮度を核合意で制限された基準を超えたことに触れ、「われわれは彼らの経済に圧力をかけ続ける。トランプ大統領の下で、イランが核兵器を手に入れることを決して許さない」と強調し、イランへの強硬な立場で臨む立場を示した。キリスト教福音派による集会で語った。

0
続き

米大統領、イラン攻撃を直前に中止

米軍の無人偵察機がイランに撃墜された問題で、トランプ米大統領は21日朝、ツイッターで、米軍が前日夜にイランへの軍事攻撃の準備を進めていたが、開始10分前に中止させたと発表した。軍事攻撃により150人が犠牲になると聞かされたとし、「無人機に対する報復としては相応ではない」と中止の理由を述べた。

0
続き

米政権は対イラン制裁で金属を追加

 トランプ米政権は8日、イランの鉄、アルミニウム、銅の各分野を制裁対象に加える大統領令を出した。イランによる核・ミサイル開発やテロ支援などへの資金源を断つことが狙い。イランが核合意履行の一部を停止すると発表したことを受け、圧力を強めることで牽制(けんせい)した。

0
続き