ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

[武漢研究所流出説] rss

WHO「科学諮問グループ」発足へ

 ジュネーブに本部を置く世界保健機関(WHO)は13日、新規病原体の起源に関する科学諮問グループ(SAGO)の26人のメンバーを公表した。2週間のパブリックコンサルテーション後、正式に承認される運びだ。SAGO(Scientific Advisory Group for the Origins of Novel Pathogens)はSARS-CoV-2を含む流行およびパンデミックの可能性のある新興および再興感染症の起源に関する研究・指導を支援するグローバルフレームワークの開発についてWHOに助言する役割がある。

1
続き

新型コロナウイルス 武漢流出説の「信頼性高まる」

 中国・武漢ウイルス研究所(WIV)の研究者を含むグループが2018年に米政府機関に提案した研究計画がこのほど、明らかになった。新型コロナウイルスの生成につながり得るリスクの高い計画が含まれていたとみられており、新型コロナの研究所流出説の信頼性を高めたと指摘される。(ワシントン・山崎洋介)

8
続き

「高リスク研究」支援か 米NIH 武漢への助成資料公開

 米国立衛生研究所(NIH)による中国・武漢ウイルス研究所(WIV)への研究助成に関する文書が7日までに、米メディアによる情報公開請求により公開された。専門家からは、ウイルスの感染性や病原性を人為的に高める機能獲得研究が行われていたことが明確になったとの声も上がり、新型コロナウイルスの起源となった可能性が指摘されるWIVにおける同研究への支援を否定してきた国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長の主張に改めて疑問が投げ掛けられている。

10
続き

WHO調査団長エンバレク氏の証言

 世界保健機関(WHO)の武漢ウイルス調査団の団長を務めたデンマーク人の食品安全問題専門家ぺーター・ベン・エンバレク氏(Peter・Ben・ Embarek)は今月12日、デンマーク公共テレビ局TV2の「ウイルスの謎」というドキュメンタリー番組の中で、WHOが2月9日の記者会見で発表した調査報告が中国側からの圧力もあって強要された内容となった経緯を明らかにした。

6
続き

強化ウイルス創出の危うさ

文明論考家、元駐バチカン大使 上野 景文

 新型コロナウイルスの「出自」をめぐり論争が続く。主要争点は、武漢ウイルス研究所から遺伝子を操作された強化ウイルスが「流出」したことで、世界的大感染が起きたのではないかという点だ。そうだったとすれば、中国は、「漏洩(ろうえい)」と「事実の隠蔽(いんぺい)」という「二重の罪」を犯したことになる。が、真相は闇の中だ。

2
続き

コロナ再調査 中国に要請受け入れを迫れ

 世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスの起源に関する再調査をめぐって、中国など各国に生データを含む情報を提供するよう求める声明を発表した。ウイルスは中国・武漢の研究所から流出したとの疑いが強まっている。国際社会は、中国が再調査の要請を受け入れるよう迫るべきだ。

 強まるウイルス流出説

3
続き

中国 偽文書拡散

 中国は新型コロナウイルスの発生源は米陸軍とするプロバガンダを流布させてきたが、その一環として、米政府のものとする偽文書を国営のソーシャルメディア「微博(ウェイボー)」を通じて拡散させていることが、ポンペオ前国務長官とのインタビューで明らかになった。

7
続き

米CNN報道 武漢研究所のデータ入手

 米CNNテレビは5日、米情報機関が中国・武漢研究所が研究していたウイルスの遺伝子情報を含む膨大なデータを入手したと報じた。

 同研究所は新型コロナウイルスの発生源となった可能性が指摘されており、今回のデータは新型コロナの起源を特定する上で、カギとなる可能性があるという。

5
続き

米政権は中国に強い圧力を、ペンス氏演説 コロナ流出「証拠が強く示唆」

 ペンス前米副大統領は14日、米保守系シンクタンク、ヘリテージ財団で講演し、中国が冷戦時代の旧ソ連よりも「米国により大きな挑戦をもたらしている」と警告。新型コロナウイルスの起源をめぐっては中国の研究所から流出した疑いが強いと主張するなどして、バイデン政権に中国により強い姿勢で対峙(たいじ)するよう求めた。

10
続き

アマチュア探偵らが追及の「武漢研究所流出説」を詳述したNW日本版

 新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)は、中国の武漢ウイルス研究所からウイルスが流出して引き起こされた―その状況証拠が次々と明るみに出ている。ニューズウィーク日本版6月22日号では「素人集団が暴き出した武漢ウイルス研究所の嘘」と題し、民間人らが手掛けた証拠発掘の作業をルポしている。

 集団の名称は「DRASTIC(新型コロナウイルス感染症に関する分散型の先鋭匿名調査チーム)」。メンバーの一人「シーカー(探索者)」と名乗る20代後半のインド人男性が最初に目を付けたのは、武漢研究所の研究者、石正麗が昨年2月科学誌ネイチャーに投稿した論文に記した「RaTG13」(コウモリコロナウイルス)の存在だ。「新型コロナと遺伝子レベルが似ているウイルス」で「中国南部・雲南省に生息するコウモリから以前に検出」とする説明に疑念を持ったシーカーは仲間たちと追及の輪を広げていった。

14
続き

米政府機関、中国研究者の要請でコロナ初期の遺伝子情報削除

 新型コロナウイルスの感染拡大初期の遺伝子配列データが、中国の科学者の要請により米国立衛生研究所(NIH)が管理するデータベースから削除されたことが明らかになった。新型コロナ起源の隠蔽(いんぺい)を図る中国政府の試みの一部である可能性が指摘されている。

14
続き

中国のWHO追放を、ポンペオ氏「再調査拒否なら」

 ポンペオ前米国務長官は、中国軍と武漢ウイルス研究所(中国湖北省)との関連を指摘した国務省の1月の報告について「信頼性が高い」と強調、中国政府が新型コロナウイルスの発生源をめぐる再調査を拒否するなら世界保健機関(WHO)から追放すべきだと訴えた。

20
続き

中国 生物兵器開発で流出濃厚、前米国務省調査責任者が明言 本紙単独インタビュー

 トランプ前米政権の国務省で新型コロナウイルスの発生源を調査するタスクフォースを率いたデービッド・アッシャー氏はこのほど、世界日報の単独インタビューに応じ、新型コロナは中国・武漢ウイルス研究所(WIV)から流出したことを「95%確信している」と語った。その上で、「WIVでは中国人民解放軍の秘密計画が行われていた」と述べ、中国軍が生物兵器開発を進める中で、ウイルスが安全対策上の不備により事故的に流出した可能性が濃厚との見解を示した。(聞き手=編集委員・早川俊行)

16
続き

コロナ起源「隠蔽」の可能性 ファウチ氏、初期に認識か

 最近まで新型コロナウイルスの武漢研究所流出説を一貫して否定してきたファウチ米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)所長が、感染拡大初期の昨年2月にその可能性を懸念していたことを示唆するメールが1日に公開され、注目を集めている。米紙ワシントン・ポストなどが情報公開法を利用して入手したもので、共和党議員はファウチ氏が流出の可能性を認識しながらも、それを公言してこなかったとして追及する構えだ。(ワシントン・山崎洋介)

11
続き

新型コロナウイルス 武漢研究所流出説は「妥当」

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は7日、米国立研究所が昨年5月、新型コロナウイルスが中国・武漢ウイルス研究所(WIV)から流出したという説は妥当であり、さらなる調査を行う価値があるとする報告書をまとめていたと報じた。トランプ前政権が新型コロナの起源を調査する際に、これを参考にしたという。複数の関係者の話として伝えた。

5
続き

新型コロナ起源、解明・予防に再調査は当然だ

 新型コロナウイルスの起源について、中国の研究所からの流出の可能性が高いとする報告、報道が米英を中心に相次いでいる。こうした中、バイデン米大統領は流出説を含め、ウイルスの起源を追加調査するよう情報機関に命じた。人類が感染症と戦っていくために徹底的な再調査・解明が望まれる。

 米英で流出説強まる

5
続き

武漢研究所で「危険な実験」、流出説めぐり注目高まる

 新型コロナウイルスの起源をめぐり、中国の武漢ウイルス研究所(WIV)からの流出説の信憑(しんぴょう)性が高まってきた一因に、そこで行われていたウイルス実験に伴うリスクへの認識が広がってきたことがある。WIVの研究には、大統領首席医療顧問を務めるファウチ氏が所属する米政府の研究機関も資金を提供しており、米議会でも問題視され始めた。(ワシントン・山崎洋介)

6
続き

米 新型コロナ流出説で方針転換「陰謀論」から「有望な説」へ

 新型コロナウイルスの起源をめぐり、米国で以前は「陰謀論」などとレッテルを貼られ一蹴されていた中国・武漢研究所流出説が、有望な説の一つと見られるようになってきた。米フェイスブックは、新型コロナが人工的に作られたと主張する投稿を禁止する方針を撤回。流出説を否定していたメディアもその主張を転換し始めている。(ワシントン・山崎洋介)

 フェイスブックは26日、公式ウエブサイトで「新型コロナの起源に関する進行中の捜査を踏まえ、公衆衛生の専門家と協議の上、新型コロナが人工的に作られたという主張を当社のアプリから削除しない」と述べた。

11
続き

武漢研究所 流出説が再燃、米大統領 追加調査を指示

 バイデン米大統領は26日、新型コロナウイルスの起源について、中国の武漢ウイルス研究所からの流出説を含め情報機関に追加調査するよう命じた。米国では、同研究所から流出した可能性について、議論が再燃している。

4
続き

武漢研究所員3人 19年秋に通院治療、新型コロナと関連か

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は23日、中国の武漢ウイルス研究所(WIV)の研究者3人が2019年11月に体調不良となり、病院で治療を受けていたことがこれまで未公開だった米情報機関の報告書で明らかになったと報じた。新型コロナウイルスとの関連は不明だが、ウイルスが流出した可能性が指摘されるWIVへの調査を求める声が一段と高まりそうだ。

4
続き