«
»

[東日本大震災9年] rss

東日本大震災9年、大切な一人娘やっと「お帰り」

 「ようやく娘と一緒に過ごせる」。東日本大震災で津波に巻き込まれ行方不明となった宮城県山元町の大久保真希さん=当時(27)=の遺骨が、2019年10月、同町の沿岸で発見された。父三夫さん(67)と母恵子さん(62)は11日、初めて大切な一人娘と共に命日を迎えた。

1
続き

立体的なオブジェに組み「竹あかり」で追悼

 東日本大震災で津波被害を受けた岩手県大船渡市のかさ上げ地にある商業施設「キャッセン大船渡」で10日、犠牲者を追悼する「竹あかり」のライトアップが行われた。

 ライトアップは2018年から開催。今年は初めて竹を立体的なオブジェに組み、明かりもろうそくから発光ダイオード(LED)に変更した。

1
続き

東日本大震災9年、復興した新しい東北を世界に

 東日本大震災の発生から9年を迎えた。今年は新型コロナウイルスの感染拡大で政府主催の追悼式は見送られ、被災地での追悼式も縮小されるなど影響が出ている。しかし、これまでと変わらぬ追悼の思いを捧(ささ)げ、復興への決意を新たにしたい。

若い移住者の増加も

1
続き

9年目の3月11日を迎えた。今年は新型コロナ…

 9年目の3月11日を迎えた。今年は新型コロナウイルスの感染拡大で日本が一種の非常事態にあり、9年前の緊張した社会の空気を思い出させるものがある。とはいえ、あの日の衝撃はやはり未曽有の体験だった。

 震災の記憶を風化させてはいけないという。もちろんそうだが、しかし肉親や愛する人を失った人たちにとっては、つらい思い出を蘇(よみがえ)らせることにもなる。津波が家々を押し流す映像も本当は見たくないだろう。

0
続き