■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [明日へのノート] rss

    どんな資質を育てるのか

     教育改革の議論が盛んになってきている。例えば、小学校5、6年での教科担任制の導入。先月、柴山昌彦文部科学相が中央教育審議会に諮問した「新しい時代の初等中等教育の在り方」の中に盛り込まれている。

     背景には、教師の働き方改革や、小学校で英語やプログラミングが必修化されることで専門性が求められるといったこともある。先駆けて教科担任制を導入している学校では、学級担任が担当する授業数が減り、一回の授業準備の時間を増やすことができるようになったという。

    1
    続き

    死語となった「旗日」

     10連休の中で最初の祝日「昭和の日」。原稿書きの手を休め、会社周辺の住宅地を歩いてみた。帰省する人や海外旅行に出掛けた人が多いだろうから、静かで散歩にうってつけだと思ったのだ。

     40分余り歩く中で、気になったことがある。目にした「日の丸」が、旧家とおぼしき家の門に掲げた一棹(さお)だけだったこと。祝日はかつて「旗日」と言われ、多くの家庭が門戸に国旗を掲げた。筆者もそんな家で育った。

    1
    続き

    一時停止で「ありがとう」

     小学校の入学式を4月に終えたピカピカの1年生も、新しい環境に慣れてきた頃だろう。遊びの延長だった保育園・幼稚園から、勉強中心の小学校。親や幼稚園バスで送迎されていたものが、自分の足で通学を始め、通学路での事故にも気を付ける必要が出てくる。

     先日、日本自動車連盟(JAF)が、横断歩道での一時停止率の全国平均は8・6%。(2018年8月15日~9月13日の調査)で最も高いのは長野県で58・6%(偏差値95・9)。JAFによると長野県は2016年の調査開始以来、毎回高い停止率となっているという。2位は静岡県で39・1%。3位石川県(26・9%)の順。一方、最も一時停止率が低いのは栃木県で0・9%(偏差値41・2)。これに広島県(1・0%)、三重県(1・4%)、和歌山県(1・4%)、東京都(2・1%)と続いていると発表した。

    0
    続き

    妻の連休前ストレス

     大手旅行会社が今年のGWの過ごし方について事前調査をしてみると、帰省を含めて旅行に「行く」(「たぶん行く」を含む)は4人に1人。意外に家で静かに過ごしたいという人が多い。むろん高齢者などはGWに遠出はしない。

     一方、女性は連休前からストレスを感じている。普段とは違う長い休みをトラブルなく過ごすために、事前に算段しなければならないことが多いからだ。

    0
    続き

    物足りなさ残る上野氏祝辞

     「あなたたちは頑張れば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、…頑張ってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています」

     今年の東大の入学式で、女性学(ジェンダー研究)の先駆者で元東大教授の上野千鶴子氏(NPO法人ウィメンズ・アクション・ネットワーク理事長)の祝辞が話題になっている。

    4
    続き

    「親になる」ためのプロセス

     今春、わが家は子供の中学校卒業式と高校入学式を迎えた。小学校入学時ほどではないが、義務教育が終わったという感慨がある。

     ところで高校の入学式では、父母一緒に参加していた保護者が3分の1ほどいた。高校になってもまだ父親が参加するのかと思う人もいるかもしれない。しかし、参加した親にも思うところがあったはずである。

    1
    続き

    「言葉狩り」への抵抗

     昨年秋、東京都内にある私立の中高一貫校の理事長から、文化祭への招待を受けた。生徒たちが知恵を絞った、さまざまな出展に交じり、「父母会」による絵や習字の作品展があった。「保護者会」を使う学校が一般的になっている中で、父母会の名称を使う学校が都内にまだあったことを少し意外に思い、その理由を理事長に聞くと、なるほどと思った。

     生徒の親はこの学校の卒業生が多く、愛校心が強い。長く父母会を使っていて、親たちもそれを当たり前と思い、「保護者会に変えよう」という声はどこからも出ていないというのだ。

    2
    続き

    三つの“卒業式”

     卒業式シーズンもほぼ終わり、卒業生は入学式や入社式まで、多少の不安を抱えながらも新しい生活に胸をときめかせる時期を迎える。それは春にふさわしい風景だ。

     ここ1週間の間に、筆者は三つの“卒業式”を目の当たりにした。最初は孫の卒園式だ。母親に纏(まと)わり付いたり、むずかったりする幼児が多く騒々しかった入園時とは違って、一人ひとり名前を呼ばれて、しっかりと卒園証を受け取る姿を見て、その成長ぶりに驚かされた。

    3
    続き

    “子育て無免許運転”をなくせ

     近年、脳科学研究が進み、しつけと称する体罰が子供に想像以上に悪影響を与えることが分かってきた。

     福井大学の友田明美教授の子供の脳画像分析では、ひどい体罰を受けた児童の脳は、感情や理性に関わる右前頭前野の容積が約2割、認知に関わる左前頭前野の容積が10%強も萎縮することが明らかになった。まさに「体罰は百害あって一利なし」というわけだ。

    3
    続き

    震災後の幽霊談

     5年前に白血病で亡くなった同級生の墓が埼玉県内にある。彼の墓参りを終え、同級生4人で食事会会場に向かうタクシー車中での会話。

     「アイツ、あの世で何やってんのかな?」

     「あの世と言えば、石巻では、まだ幽霊が出るらしいぞ」

    0
    続き

    スマホの学内持ち込み

     今月、子供が中学校を卒業するが、新しい学校に入学する4月にはスマートフォンを持たせることにしている。卒業祝いや入学祝いというわけではない。親の事情で必要に迫られての決断である。新しい学校にも確認して了解をもらった。

     ところで先月、文部科学省が学校へのスマホの持ち込み禁止を緩和する方針だと発表した。もともと文科省は2009年1月、「学校の教育活動に直接必要ない」という理由で携帯電話の小中学校への持ち込みを原則禁止、高校では授業中や校内での使用を禁止にするよう求める通知を各教育委員会に出している。

    1
    続き

    親権を巡る子の連れ去り

     今月19日、離婚した夫婦間の子供を親権者に引き渡す際のルールを明記した、民事執行法の改正案が閣議決定された。

     夫婦が離婚した場合、欧米では共同親権が一般的だが、日本は片方の親が親権を有する単独親権を取っている。基本的に夫婦間の話し合いで親権を決めるわけだが、親権を失った同居親が子供だけは渡したくないと、司法判断に従わないケースが少なくない。

    13
    続き

    「なぜ、学習するのか」

     最近、ふと、中学校1年生の最初の社会科授業を思い出した。

     「なぜ、学習するのか」

     先生が教室に入るなり黒板に大書したのが、この8文字だった。何が始まるのか分からず、きょとんとしている生徒たちに対し、先生は、ほとんど何の予備知識も与えないまま、端の列から一人ひとりの考えを聞き始めた。

    2
    続き

    肉親頼れぬ高齢者

     単身赴任を続ける東京から、地方にある自宅に帰った。久しぶりに会う妻とゆっくり自宅で過ごしていると、妻の携帯が鳴った。短い通話の後、妻が「Aさんを、病院から彼女の家に車で送ってくるわ」と言った。

     Aさんとは、筆者も1度会ったことがある妻の知り合いだ。高齢の彼女は、脳梗塞で倒れ入院している夫を見舞い、家に帰るのだという。「息子さんが一緒に住んでいるのに、どうして、あなたが送らないといけないのか」と尋ねる筆者に「なんか事情があるみたいよ」と妻。日頃から、車の運転ができないAさんを助けてあげているという。「じゃあ、きょうは、私が運転するよ」と、妻と2人でAさんを送り届けた。

    2
    続き

    自分の対応思い返す「不登校」

     教育欄を担当するようになって、不登校、子育て、小中高の公教育現場の話を聞く機会が増えた。今になって思えば、もっと、早く(10年とか15年とか前に)真剣に子育てを考えるべきであったなと、いろいろ考えさせられる場面が多くなった。

     昨年末、日本財団が不登校傾向にある中学生、推計33万人という実態調査の結果を発表した。子供が学校に馴染(なじ)まなくなる原因や背景を本音として集めようと、2018年10月、中学生年齢の12~15歳6500人を対象にインターネットで調査し、6450人から有効回答を得た。不登校になった理由は、身体的症状のほか、「授業がよく分からない」「テストを受けたくない」など学業的な要因も多かった。

    2
    続き

    学生スポーツの指導者

     年末年始は高校や大学スポーツの大会が多い。

     中でも毎年注目を集めるのが箱根駅伝だ。今年は筆者も子供に冬休みの思い出の一つにしてほしいと、一緒に横浜の沿道で声援を送った。

     結果は東海大学の初優勝で終わったが、レースと共に筆者の印象に残ったのは5連覇を逃した青山学院大学・原晋監督のテレビでのインタビューだった。

    0
    続き

    三浦雄一郎さんの挑戦

     正月の2日、プロスキーヤーの三浦雄一郎(86歳)さんが、南北米大陸最高峰アコンカグア(標高6961㍍)に挑戦するために日本を出発した。

     三浦さんは70歳、75歳、80歳と、エベレスト登頂のたびに名語録を残している。

    3
    続き

    限りがない親としての学び

     新年を迎え、「親」歴32年目が始まった。昨年、末の娘も就職して子育てもやっと一段落、といきたいところだが、そうは問屋が卸さない。5人の子供はそれぞれ大なり小なりの問題を抱えていて、一日たりとも心の休まる日がないというのが実情だ。

     昨年末に聞けなかった「教育再生の根本問題」に関する世日クラブ講演会の講演要旨(12月21日付)を読んでいて、一番心に残ったのが、次の最後の部分だ。

    2
    続き

    元旦の小さな冒険

     子供の頃、NHKの「紅白歌合戦」「ゆく年くる年」を見た後、近くの神社に、家族で初詣するのが、わが家の元旦行事だった。

     小学低学年だったと思うが、筆者がぐずぐずしていたので、家族が先に神社に向かい、1人取り残されたことがある。すぐ後を追おうと思い、玄関を出たが、家族の姿はどこにもない。

    0
    続き

    夫婦がお互いに感謝する

     このところ「平成最後の……」という言葉がよく聞かれる。先日、NHKの朝の番組で平成の30年間を振り返っていたが、その中で「夫婦で共に歩んだ30年」という、平成が始まった時に結婚した2組の夫婦(真珠婚カップル)の話を紹介していた。

     真珠婚の式で「感謝という言葉では足りない」と妻へのラブレターを読む夫、「あなたは素晴らしい手本。あなたと結婚して本当に良かった」という妻。東日本大震災で被災し、その後に妻が病気で倒れ、二人でリハビリに取り組んだ夫婦。「(妻が体がマヒして不自由でも)一生付き会っていくという覚悟があった」という夫。「夫の笑顔に支えられた」という妻。ごく普通の夫婦が見せる日常の姿に、短いニュースだったが心打たれるものがあった。

    0
    続き

    平成の子育てママたち

     師走を迎え、忘年会では平成30年の思い出話に花が咲く。昭和最後の年に結婚した筆者にとって、平成は家族の始まりである。

     出産・育児の真っ只中(ただなか)、1991年にバブル崩壊。ママさんの再就職は容易ではなく、保育所入所基準も今より厳しいものだった。よほどの事情がない限り、保育所に預けて働くという人は筆者の周りにはいなかった。

    5
    続き

    中学受験だけの算数?

     12月も早くも中旬となり、入試を目前にした受験生は最後の追い込みに忙しいはずだ。それを見守る親御さんも気が気でない毎日を送っておられるだろう。

     田舎育ちの筆者には、受験と言えば高校や大学しか思い浮かばないが、東京には中学受験や小学受験の子供を持つ親がわんさといる。そのうち、私立中学の受験生を持つ親は次のような算数の問題に出くわすはずだ。

    0
    続き

    料理は生活の基本

     今年夏に博報堂生活総合研究所が公表した調査によると、「夫も家事や育児を分担すべきだ」と答えた夫が8割を超え、30年前の約2倍になったという。

     筆者は最近、料理を始めた。「夫も家事」という時代の流れに乗ったわけではない。理由は三つある。ある料理研究家を取材した時、人の生活の基本は、料理することだと教えられた。食べることが基本と考える人がいるが、そうではなく、食べ物がなければ生きていけないのだから、自分で作ることの方が大事だという。目から鱗(うろこ)だった。

    0
    続き