■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [明日へのノート] rss

    女子大の存在意義

     先月、公立の福岡女子大学に入学を希望した社会人男性が、男性であることを理由に入学願書が受理されないのは違憲として、大学側を提訴した。

     栄養学科を選考できる県内の公立大学は福岡女子しかなく、費用的にも県外の大学に通うのは経済的に難しいと言う理由だ。

    1
    続き

    消える中吊り広告

     円安を追い風に、日本を訪れる外国人観光客が増えている。今年は10月までに1100万人を突破。過去最高となった昨年の年間記録(1036万人)を既に超えてしまった。この調子だと、年末には1300万人に達するという。

     東京・渋谷は人気のスポットだが、外国人がよくカメラを向けるのがセンター街と渋谷駅を結ぶスクランブル交差点。大勢の通行人がぶつからずに整然と道路を渡る光景が驚きなのだそうだ。その交差点を真っ正面に見るビル2階に「スターバックス」がある。窓際にはいつも多くの外国人が陣取り、シャッターを切りながら行き交う通行人を眺めている。

    0
    続き

    ハイブリッド留学

     都内の某私学大学が“ハイブリッド留学”なるものを始めた。英語の“ハイブリッド”とは、異なる種のものを組み合わせたものを意味する。何がハイブリッドかと言えば、日本で行っている授業をそのまま現地で日本語で行い、英語はホームステイしながら習得するというもの。従来の留学と違って、高い英語力を前提としない。言わば、キャンパスをそのまま海外につくったようなもの。

     まずは海外に出て、そこで学び・生活することから始めて、英語力や海外で生き抜く力も身に付けて卒業してもらう。まさに逆転の発想だ。思いを持ちながら、言語の壁であきらめていた若者に、海外で学ぶチャンスを広げたという意味では画期的だ。少子化時代の大学戦略としても、他大学からも注目されているという。

    0
    続き

    母校の児童減少

     東北の片田舎にある筆者の母校(小学校)が今年3月、その歴史を閉じた。尋常小学校として開校してから125年。前身から数えれば141年になる。ごたぶんに洩れず、わが故郷も子供の減少に歯止めがかからなかったのだ。

     子供の頃の思い出が詰まった学舎がなくなるのは、だれでも寂しい。賛否両論あったが、時の流れには逆らえない。結局、町内二つの小学校が合併。中学校の隣に新築した校舎で、小中一貫校として新たな歴史をスタートさせた。

    0
    続き

    新しい着想を得るには

     「ここに補助線を引くと、この直線(角)とこの直線(角)が平行(同じ大きさ)になって…」

     中学の数学の時間。図形の問題で、こんな説明をよく聞いた。その時は「あっ、なるほど。そうか!」と思ったが、実はこの説明、何の助けにもならない。「どうして、そこに補助線を引くのか」という肝心要のことが出てこないからだ。

    0
    続き

    アーミッシュの思慮深さ

     今月19日、TBSテレビのバラエティ番組で、米国のキリスト教一派「アーミッシュ」を紹介していた。世俗社会と一線を画して電気や車を使わずに自給自足で暮らすことで知られる。

     筆者もワシントン特派員時代に、そのコミュニティーの一つ、ペンシルベニア州ランカスター郡を何度か訪れた。日本では、1985年に公開されたハリソン・フォード主演の映画「刑事ジョン・ブック目撃者」に登場したことで知る人が増えたようだ。

    0
    続き

    個人主義の源流

     先日、よく立ち寄る古本屋に面白そうな本があったので、さっそく買って読んだ。チャールズ・ビーアド博士とメアリ夫人共著の『アメリカ精神の歴史』(岩波現代叢書)で、高木八尺、松本重治両氏の翻訳で1954年に出版された。

     近頃、あまり目にしなくなった「文明」の観念とアメリカの歴史がどのようにかかわってきたのかを解明しているが、その中で一番面白かったのが、個人主義(インディヴィデュアリズム)に関する部分だ。

    0
    続き

    本を「自炊」する

     最近、タブレットで電子本を読んでいる人を見掛ける。ITに疎い筆者は、夏休みが終わる頃、息子から「自炊しようかと思うんだけど、自炊の道具を買っていいか」と聞かれ、初めて「自炊」にはもう一つの意味があることを知った。

     タブレットユーザーの間では、紙の本を自前でパソコンに取り込み電子書籍媒体にする行為を「自炊」と呼ぶ。自炊の道具は、特殊な裁断機と高速スキャナー機と電子化するソフトの三つ。

    0
    続き

    奥さんに姥桜?

     文化庁の「国語に関する世論調査」が公表された。電子レンジで加熱することを「チンする」という人が9割以上に達するのは、「日本語の多様性や造語力を示す用法」と、同庁は分析する。

     とは言え、社会に浸透してほしくない言葉もある。「ディスる」はその代表例。英語のdisrespect(ディスリスペクト=軽蔑、無礼)が語原で、否定やけなす意味。主に若者が使っているというから、その世代が高齢者となった時、「チンする」のように一般化するのだろうか。

    0
    続き

    わが家の歴史

     もうかなり昔の、記憶にかすかに残るぐらいのことになってしまったが、小学校の時に、自分の家の歴史を調べてきなさいという宿題があった。さっそく祖父と祖母に昔の話を聞いてまとめたが、それも一つの契機になって、祖父母からいろいろと昔話を聞くようになった。

     祖母からは、先祖はもっと川上の集落に住んでいたが、大雨で家が流されて今の場所に住むようになったことなど。祖父からは、生き馬の目を抜くような“煙の都”大阪に丁稚(でっち)奉公に出たこと、戦争中に徳島市内で空襲に遭って川の方に逃げて助かったが、家が全焼して田舎に戻ったこと、わが家にある年代の分かる一番古い位牌が元禄時代のものであることなど、私のルーツにかかわる貴重な話を聞いた。非常に面白かったので、今でも幼い頃に聞いた昔話と同じくらい、よく覚えている。

    0
    続き

    近居のススメ

     「近居促進制度」というのをご存知だろうか。1年前にUR賃貸住宅が始めた制度で、54万戸を対象に近居世帯の家賃を5年間5%割り引くという優遇制度だ。

     子育て・高齢者等世帯と支援する親族世帯の双方が同一駅圏に近居することで、介護や子育ての相互扶助機能を高めようというもの。品川区では親世帯と同居または近居するファミリーに転入・転居費用の一部を支援したり、千葉市では三世代同居等支援事業として、同居・近居の住宅費用助成を行っている。

    0
    続き

    食育と「家風」

     今はあまり耳にしなくなったが、「家風」ということばがある。その家に特有な生活様式や気風、習慣などを指すが、筆者はそれが最も端的に表れるのは毎日の食事の場だと思っている。

     筆者の場合は、家業のため仕事場の隣の土間の部屋(空間)におかれたテーブルで、母親の作ってくれた食事をまず子供たちが食べた。父や母、家業を手伝う叔父、祖父母(別の部屋で食べた)は手が空いた時に随時、食事をしていた。そのため高校を出るまでは、家族が隣で忙しく働く姿を感じながら、黙ってテレビを見ながら食べることが多かった。

    0
    続き

    過剰な「個人情報保護」

     昨年の春頃だった。ある洋服店で買い物をした際、メール会員になれば割引になると勧められた。生来の素直さから、店員に言われるまま書類に、携帯電話のメール・アドレスを記入した。

     その直後から、迷惑メールが頻繁に着信しだした。今のアドレスを使って長いが、迷惑メール防止法が出来て以降はなかったことだ。すぐにピンときた。「あの店から漏れたのだ」と。アドレスを変えるのもしゃくに障るので、着信拒否機能で粘り強く応戦し、なんとか撃退に成功した。

    0
    続き

    挑戦の舞台はアジア

     この10年、定年後の移住先として東南アジアに目が注がれている。理由は「安・近・暖」。物価が日本の3分の1と安く、距離が近く、1年中暖かいからだ。

     筆者の知人に、20年ほど前にマレーシアのペナンに渡り、事業を始めた人がいる。その当時は、マレーシアに行く日本人はそれほど多くなかった。そのうち、日本人向けのロングステイ事業が当たり、いまや忙しく両国を往来している。

    0
    続き

    人生80年、何をする

     「人間50年、下天のうちをくらぶれば夢幻のごとくなり。…」

     NHKの大河ドラマ『軍師官兵衛』で織田信長が述べたいわゆる辞世の句だが、歴史的には、信長が好んだ幸若舞『敦盛』の一節で、桶狭間の戦いに出陣する信長が直前に清洲城で謡い舞った部分。もともとは、義経の鵯越(ひよどりごえ)の奇襲で有名な「一ノ谷の戦い」(1184年)で、心ならずも元服間もない平清盛の甥・敦盛の首を取った源氏方の武将・熊谷直実の世をはかなんだ言葉だという。

    0
    続き

    子供に声かけは変質者?

     「栃木小1女児殺害事件」の容疑者が今年6月、事件発生から8年半を経て逮捕された。その後、岡山県倉敷市で女児監禁、千葉県松戸市で女児誘拐未遂と、幼い子供を狙った事件が相次いでいる。こんな物騒な時代だから、保護者や学校関係者が子供の安全に気を配るのは当然だとしても、時として過剰反応では、と思うこともある。

     筆者の故郷は人口8000人足らずの東北の農村地帯。各家にある有線放送からは「ただいま町を猿の親子が縦断しています」「中学校の裏に熊が出没しました」と、注意を呼び掛ける女性アナウンサーの声が度々流れている。

    0
    続き

    人口減少の衝撃

     全国知事会が、最近少子高齢化を背景とする人口減少問題を集中討議して「少子化非常事態宣言」を採択した。討議の基礎資料となったのが、民間の研究機関「日本創成会議」の人口減少問題検討分科会が今年5月に公表した全国の市町村別の2010年を基準とした40年時点の人口推計だ。その結果、40年に若年女性(20~39歳)が半分以下に減る自治体が全体の約5割896自治体に上るという。

     日本の人口推計では、これまでも60年には9000万人を割り込むとか、2100年には5000万人弱まで減少するというものがあったが、まだ危機感を身近に感じるには至らなかった。ところが先の推計は市町村別なので、そのインパクトは絶大だ。例えば筆者の故郷である四国の田舎町は、平成の大合併で人口がやっと1万500人程度(10年)になったが40年には4500人を割り込み、若年女性は3割弱の200人余りになる(人口移動が収束しない場合)という。26年後に東京の八王子市よりも広い町に若年女性が200人余りしかいなくなると言われて驚かない人はいないだろう。

    0
    続き

    男女別学のメリット

     戦後、GHQの教育政策により、公立校のほとんどが男女共学に変わった。いま高校全体で女子校は6・88%、男子校はわずか2・8%。別学は1割以下だが、東大合格トップ10の8校を占めるほど高い学力を誇る。

     先日、品川女子学院(東京都品川区)で行われた日本男女別学教育研究会のシンポジウムでは、別学校の教員らがそのすばらしさを滔滔(とうとう)と語ってくれた。研究会を主催する中井俊己氏は、全国の女子校・男子校を訪ね、教育現場の生の声を拾い上げるとともに、さまざまな調査データから別学教育の良さを説いてきた。

    1
    続き

    世界で戦える人材育成

     サッカーのW杯関連テレビ番組が開催地ブラジルの子供たちの遊び風景を映し出していた。貧困地区の路上で、裸足(はだし)でボールを追い回す子供が「将来はネイマールのような選手になりたい」と夢を語っていた。

     最近帰省した折、東北の田舎で目にしたのは、これとは対照的な光景だった。外で遊ぶ子供の姿はまったく見あたらない。子供の数が減ったのと、ゲームで遊ぶ子供が増えたこと、さらには塾通いなどの要因が重なっているのだろう。その一方で、人口8000人足らずの農村なのに夜間照明付で人工芝のピッチというサッカー場ができていた。

    0
    続き

    今時の若い者は…

     「今時の若い者は…」というのは、年老いた人間が息子や孫の世代に対して一言、物申す時の決まり文句だ。これは昔も今も変わらない。

     「現代青年の師弟関係は、全く乱れてしまって、美(うるわ)しい師弟の情誼(じょうぎ)に乏しいのは寒心の至りである。…学校の生徒の如きは、その教師を観ること、あたかも落語師か講談師かのごとく、講義が下手だとか、解釈が拙劣であるとか、生徒としてあるまじきことを口にしている。」

    0
    続き

    異文化観光客のおもてなし

     日本を訪れる外国人旅行者が昨年、初めて1000万人を突破した。観光立国を目指す政府は将来、この数を3000万人に増やす計画で、観光ビジネスはおせおせムードだが、計画成功のカギとして強調されているのが“おもてなしの心”。

     そんな中で、難しいのはイスラム圏からの観光客のもてなし方だ。同じ文化圏ならあまり問題はないが、異文化、とくに日本人になじみの薄いムスリムの場合は注意すべきことが多い。

    0
    続き

    ものづくりの心

     先月15日、テレビ東京のトーク番組「カンブリア宮殿」に英電機メーカー「ダイソン」の創設者でチーフエンジニアのジェームズ・ダイソン氏が出演した。

     ダイソンと言えば、世界で初めてサイクロン式の掃除機を開発・製造した会社として知られるが、特に驚かされたのは、羽根のない扇風機(エアマルチプライアー)。高価ではあるが、扇風機に対する従来の固定観念を完全に打ち砕いた。どうしてこんな画期的な製品が作れるのか、常日頃から関心をもっていた。

    0
    続き

    「山の日」制定に想う

     このところ、汚染水や領海侵犯など、日本の海では嫌なことが多い。対照的に山の方は、明るい話題が続いている。富士山が世界文化遺産に指定されるなど、いまや空前の登山ブーム。そして8月11日「山の日」の制定となった。

     「山の日」を制定しようという提案は、昭和36年「夏の立山大集会」が最初という。53年越しの祝日化の実現に、当時を知る山岳ファンには感慨深いものがあろう。

    0
    続き