■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [平昌五輪] rss

    平昌冬季五輪では、モーグル男子の原大智…

     平昌冬季五輪では、モーグル男子の原大智、ジャンプ女子の高梨沙羅両選手が銅メダル、スケート女子1500㍍の高木美帆選手が銀メダルを獲得した。目標にした色とは違ったかもしれないが、いずれも感慨深く、また将来へつながるメダルだ。

     日本人としては、このメダルラッシュでようやく五輪らしくなってきたというのが実感ではないか。何しろ開会式以降、五輪が北朝鮮の微(ほほ)笑み外交に乗っ取られたような状況だったから。とりわけ、金正恩朝鮮労働党委員長の妹の金与正党中央委員会第1副部長は、正恩氏の親書を携え、文在寅大統領に訪朝を招請。水際立った外交デビューを果たした。

    0
    続き

    北制裁船入港の波紋

     平昌冬季五輪の氷上競技が行われている江陵市から車で40分ほどの場所に墨湖(ムッコ)港というイカ釣り漁で有名な港がある。ここから少し離れたフェリーターミナルの埠頭に横付けされたのが先日、北朝鮮芸術団を乗せて来た貨客船「万景峰(マンギョンボン)92号」だ。かつて在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)がこの船を使ってせっせと現金やぜいたく品を運んでいたが、今では日韓両国がそれぞれ独自の制裁対象に指定しているいわばご法度船である。

    1
    続き

    安倍総理の訪韓は成果を上げた!

     安倍総理の平昌オリンピックの開会式への出席は国内でも賛否両論ありましたが、結果はペンス米国副大統領との連係プレーによってなかなかの成果が上げられたと思っております。

     これに懐疑的な方は、もし総理が行かなかったらどうなっていたかを想像すると身の毛もよだつほど恐ろしいことになっていたと想像できるでしょう。

     それは北朝鮮が背のリした平壌オリンピックになってしまったかもしれないという恐怖です。

    30
    続き

    2位じゃダメなんですか?いいえ、オリンピックでは20位でもOKです!

     蓮舫氏が、今、オリンピックに対してこの言葉を口にしたのなら、私は大絶賛いたします。

     オリンピックで世界一にならなくてもいいです。 選手の皆さんが、無事に帰ってきてくれさえすれば、それでいい。

    5
    続き

    北朝鮮の五輪参加団、ソフト戦術で韓国を翻弄

     韓国・平昌冬季五輪に合わせ訪韓中の北朝鮮の芸術団や女子応援団が持ち前の美貌と芸達者ぶりで韓国の観衆を魅了している。核・ミサイルなどで周辺国の脅威になっている北朝鮮だが、今回は「平和の祭典」を舞台にしたソフト戦術でイメージチェンジを図るつもりらしい。感情に訴えられると脆(もろ)い韓国国民は早くも警戒心を緩めている。 (江陵=韓国北東部・上田勇実)

    1
    続き

    高木美帆「銀」、高梨沙羅「銅」、原大智「銅」

     平昌五輪第4日は12日、ジャンプ女子ノーマルヒルが行われ、高梨沙羅(クラレ)が銅メダルを獲得し、前回ソチ五輪4位の雪辱を果たした。ジャンプ女子のメダルは日本初。伊藤有希(土屋ホーム)は9位だった。

     スピードスケート女子1500メートルでは高木美帆(日体大助手)が銀メダルに輝いた。小平奈緒(相沢病院)は6位。

    1
    続き

    平昌オリンピックから何を学ぶか

    始まったばかりでもう終わってからのことを考えるのは、いくらなんでもちょっと気が早過ぎるというご批判を頂戴しそうだ。

    しかし、私はいいことにしろ悪いことにしろ、そこから出来るだけ多くのことを学ばなければ損だと思っているから、今の内から平昌オリンピックから何を学ぶことが出来るか、ということを考えている。

    韓国の国民がどの程度平昌オリンピックを待ち望んでいたか、些か疑問がある。

    12
    続き

    宮原知子がSP4位、難事を乗り越え凛と

     何があっても五輪への思いを貫いてきた宮原が晴れのリンクに立った。左股関節疲労骨折から戻ってきた1年。ひと筋の光さえ見えなかったこともある。「五輪で滑るときがいよいよ来てしまったんだな」と感傷に浸りながら演じ切った。きりりと引き締まっていた表情が、ふっと緩んだ。

    2
    続き

    カーリング混合ダブルス、夫婦で支え合う新種目

     平昌五輪で新たに採用されたカーリングの混合ダブルス。男女1人ずつが組み、情報を共有しながら迅速に戦術を考える。密な連係が求められることもあって、出場8チームのうちOARとノルウェーは夫婦ペア。競技と私生活の両面で支え合っている。

    0
    続き

    軍事パレードやワナに負けず、日本選手団がんばれ!

    みなさん、こんにちは。

    まずはいつものひとポチを! 

    政治ランキング

    JUGEMテーマ:エンターテイメント

    日本の既存マスコミどもはミニスカはいた北朝鮮軍美女応援団に目が釘付けだそうで、被害甚大な台湾の地震をほぼ完全にスルーしております。

    信用できるのは産経さんだけか?

    【日本人の高齢夫婦救出 暗闇の中、手つなぎ激励「一瞬の出来事で何もできず」】

    5
    続き

    高木美帆、低地リンク自己新「力出し切れた」

     持久力とラップを刻む技術が求められる女子3000メートル。欧州では人気が高い種目で、日本勢は苦戦を強いられてきた。

    0
    続き

    安倍首相が選手村を訪れ、葛西・高梨選手ら激励

     安倍晋三首相は10日、平昌五輪の選手村を訪れ、スキー・ジャンプの日本代表選手団を激励した。首相は開会式で旗手を務めた男子の葛西紀明選手や、女子の高梨沙羅選手ら計9人と会い、全員と握手。「全ての日本国民からの声援を届けるために訪問した。選手全員の活躍を期待している」と述べた。

    0
    続き

    ロシアの「五輪旗」と南北の「統一旗」

     ウィーンで9日正午過ぎから韓国の平昌で開催された第23回冬季五輪大会のオープニングをテレビで観た(韓国とウィ―ンでは8時間の時差)。  開会式当日は気温も零度以下で選手たちも大変だったろう。五輪発祥の地ギリシャから入場行進が始まった。平昌大会では冬季五輪最多の92カ国・地域から選手2900人超が参加するという。

    5
    続き

    大舞台で動じない強さ、頼もしい宇野昌磨

     目の前で実力者が次々と崩れ、最終滑走で初舞台のリンクに立った。心の持ちようが問われる状況で、宇野は笑みすら浮かべていた。「自分も失敗するのかなと思った」と振り返ったものの、そうは感じさせなかったSP。動じない強さが出た。

    4
    続き

    百花繚乱堂々の入場、日本選手団「最強」示す大会

     平昌五輪スタジアムで62番目に行進した赤いコートの一団。自ら「最強のチームジャパン」(斎藤泰雄団長)と称する日本選手団が堂々と歩を進めた。選手団の規模は海外開催の冬季大会で最大。何より史上最高の成績を狙える陣容を誇る。

    1
    続き

    平昌五輪きょう開会式、平昌五輪スタジアムで

     平昌冬季五輪は8日、翌日の開会式に先駆けて競技が始まった。日本勢は夜間に行われたジャンプ男子の個人ノーマルヒル予選に登場。冬季五輪で史上最多8度目の出場となる45歳の葛西紀明(土屋ホーム)ら4人が10日の本戦進出を決めた。

    2
    続き

    平昌五輪開幕、北による「政治利用」を許すな

     平昌冬季五輪がきょう開幕する。本来であれば心から喜びたいところだが、今回は開幕直前に北朝鮮の参加が決まったことが暗い影を落としている。

     南北の融和ムードが広がる一方、北朝鮮は核開発のための時間稼ぎをしているとの見方も出ている。五輪の「政治利用」は許されない。

     正恩氏の妹が訪韓へ

    3
    続き

    北朝鮮の「美女応援団」、笑顔で「初めまして」

     平昌冬季五輪に向け、北朝鮮の応援団約229人を含む計約280人が7日、陸路で訪韓した。一行は宿泊先である北東部の山間地、麟蹄に到着。歓迎ムードの中、笑顔を絶やさなかった。

     赤いコートに黒い襟巻き、黒の毛皮の帽子でそろえた「美女応援団」。韓国合同取材団によると7日午前、韓国北西部・都羅山の南北出入事務所を通過した際、応援団員らは「今までにないものをお見せします」と柔和な表情を見せた。

    3
    続き

    平昌五輪で日本選手団の現地支援施設を公開

     9日に開幕する平昌五輪で、日本選手団の現地支援拠点となる「ハイパフォーマンス・サポートセンター」が7日、報道陣に公開された。日本スポーツ振興センター(JSC)が6億4000万円の事業費で、氷上競技が行われる江陵とスキー場のある平昌に設置した。

     選手が普段通りの環境で調整できるよう、食堂で日本食を提供。トレーニングジムや疲労回復のための炭酸泉の浴槽などを備え、医療スタッフが常駐する。

    1
    続き

    高梨沙羅「ベストを尽くす」、笑顔で韓国到着

     ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)ら平昌五輪代表が6日、遠征先の欧州から韓国入りした。仁川空港に到着した高梨は「また選手として五輪に臨めて幸せ。ベストを尽くして、ソチの悔しさを晴らしたい」。4年前は4位に終わり、初の表彰台を狙う2度目の大会へ意気込みを口にした。

    1
    続き

    江陵オーバル「高速リンク」、日本を後押し?

     スピードスケートは10日の女子3000メートルで始まり、男女各7種目が行われる。会場の江陵オーバルは、1年前にテスト大会を兼ねた世界距離別選手権が行われ、低地なのに好記録が続出した「高速リンク」。日本勢は6日までに全員が初滑りを終え、勝負の舞台でコンディションを確認した。

    1
    続き

    平昌五輪の江陵選手村を公開、日本選手団に好評

     平昌五輪の江陵選手村が6日、報道陣に公開された。日本選手団ではスピードスケートやフィギュアスケート、アイスホッケー女子などの選手が宿泊。約11ヘクタールの敷地内に22~25階建ての居住棟9棟が立ち並び、ベランダには各国の国旗が掲げられていた。北朝鮮選手団も同じ選手村で寝起きしている。

    1
    続き

    お寒い平昌五輪から学ぼう

     韓国が国家の威信をかけて行う平昌五輪が、五輪史上有数の醜い大会になりそうだ。  何よりも、大会直前になっても国民的合意が形成できていない。その責任は、本大会をあからさまに政治利用したムン・ジェイン政権にある。政治的必然性もない、練習する期間もほとんどないなか、女子アイスホッケーにおいて北朝鮮との合同チームを組織し、北朝鮮との融和を演出した。

     国際情勢によっては、このような政治的に演出もありとは思うが、北朝鮮の核と弾道ミサイルの開発が民主主義諸国から非難されている中で、無理やり融和ムードを演出する必要は皆無だ。それどころか、曲がりなりにも民主主義国家の一員に加わっていた韓国が、そこを離れて中国・ロシア・北朝鮮などの独裁国家の側に仲間入りする意思表示と見られても仕方がない。流石に韓国国民も、ムン・ジェイン政権の方針を一枚岩で支持するほど愚かではなかったようだ。アイスホッケー会場付近では北朝鮮との合同チームに反対するデモが起きている。合同チームの旗に竹島を描きいれるなど、火事場泥棒的な手法は相変わらずだ。

    10
    続き