■連載一覧
  • 波紋呼ぶLGBT請願
  • 検証’18米中間選挙
  • 人口減少社会を超えて 第2部・戦後人口政策の誤り
  • 新閣僚に聞く
  • 2018/12/06
  • 2018/11/11
  • 2018/10/29
  • 2018/10/25
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [平昌五輪] rss

    平昌パラリンピックの日本選手団、明るく出発

     平昌冬季パラリンピックに出場する日本選手団の大日方邦子団長やパラアイスホッケーの代表選手が3日、羽田空港から韓国に向け出発した。

    0
    続き

    韓国の平城運転、どっちを向いて自国の存在を図ろうとしているのか?

     3.1抗日記念日の式典で韓国の文大統領がまたまたぶれぶれの演説をし、日本政府及び日本人を敵に回しています。

     日本が加害者?

     もし、1910年に日本が韓国併合をしなかったらどうなっていたのかを韓国の文大統領は考えたことがあるのでしょうか?

    33
    続き

    平昌五輪閉幕、北の融和攻勢に非核化迫る圧力増強を支持した4紙

     「最強のチームジャパンであることを実証した」(日本選手団・斎藤泰雄団長)。

    1
    続き

    メダル最多13個に歓喜、東京も期待…「そだねー」

     平昌冬季五輪で史上最多13個のメダルを獲得した日本選手団の解団式が27日、東京都内で行われ、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が「期待通りの結果を出してくれた。2020年東京五輪の日本代表の活躍につながる」とたたえた。

    0
    続き

    何もない常呂町にカーリング まさに町おこし フランチャイズビルダー

    カーリング娘が北海道に帰りました。女満別空港のセレモニー、常呂町のセレモニー、本当人っていいな。

    「常呂町何もないよね。」「でもそこから夢を叶えた。常呂町に戻ってよかった」

    すいません。正直正確でもないし誰が言ったのかも曖昧ですが、カーリング娘のこの言葉に本当胸打たれました。

    46
    続き

    誇りのメダル「百花繚乱」、平昌五輪選手会見

     壇上のメダリストたちは誇らしげだった。冬季五輪で最多のメダル13個。選手団主将の小平は「結団式で私は『百花繚乱(りょうらん)』という言葉を掲げた。出場したみんなが、それぞれの舞台でそれぞれの思いを胸に、最後まで戦い抜いた」と充実した表情で言った。

    0
    続き

    来月9日開幕、パラリンピック選手団が結団式

     平昌パラリンピックに臨む日本選手団の結団式が26日、秋篠宮殿下御夫妻をお迎えして東京都内で行われ、主将でパラアイスホッケー男子の須藤悟(日本協会)は「平昌五輪の勢いを引き継ぎ、私どもも多くのメダルを獲得できるように、素晴らしい大会にしたい」と決意表明した。

     選手団旗は日本パラリンピック委員会の鳥原光憲会長から大日方邦子団長を経て、旗手を担うアルペンスキー女子の村岡桃佳(早大)に託された。

    1
    続き

    平昌五輪閉幕、最多メダル「東京」へ繋げよう

     平昌冬季五輪が17日間にわたる熱戦の幕を閉じた。日本選手団は史上最多の金4、銀5、銅4の計13個のメダルを獲得。斎藤泰雄団長は「最強のチームジャパンであることを実証した」と評価した。

     選手、関係者らチームジャパンの健闘を称(たた)えたい。そして、この勢いを2年後に東京で開かれる夏季五輪へ繋(つな)げたい。

    集中的な強化方針が結実

    1
    続き

    17日間にわたり氷雪上を舞台に熱戦を繰り…

     17日間にわたり氷雪上を舞台に熱戦を繰り広げた平昌冬季五輪が25日に幕を閉じた。史上最多92カ国・地域からの約2900人が力と技と美を競い、日本は冬季史上最多となる13個のメダルを獲得した。

     その一つ一つが輝きとともに、人々の心に強い印象を刻んだことであろう。中でもチームプレーで引き寄せた勝利は、日本人の特性が生きたもので、人々の記憶にも長く残ることだろう。

    2
    続き

    オリンピックという武器を使わない戦争!新たな地平線

    平昌オリンピック終わりました。最初は北朝鮮の政治利用、寒さ、風、ノロウイルス、運営など本当最初はどうなるかと思いましたが、日本人の活躍含め本当楽しいオリンピックでした。(カーリング女子の韓国、アイスホッケー男子のドイツは勝って欲しかった)

    この感動は国を代表して戦っているからです。武器を使わない戦争、オリンピック精神から考えれば当然のことと思っていたのですが、「国は関係ない、個人がすごいんだ」という論調が日本では出されていました。私も記事を書きましたが(オリンピックでメダル そりゃ個人のメダルだけど日本を褒めちゃいけないの)、そこには結構きつめの反論コメントがきました。個人の価値観は尊重します。そして自分の価値観も大事にします。

    45
    続き

    韓国初の冬季五輪「平昌2018」が閉幕

     第23回冬季五輪平昌大会は25日、韓国の平昌五輪スタジアムで閉会式が行われ、17日間の冬の祭典が幕を閉じた。

    0
    続き

    スピードスケートの高木姉妹、活躍たたえ合う

     24日のスピードスケート女子マススタートで初代女王となった高木菜那(日本電産サンキョー)が25日、韓国・平昌で記者会見し、レースから一夜明けた心境を「本当に予想通りの展開になり、最後のスプリントで勝つことができた。まだ金メダルを取った実感が少ない」と語った。

    0
    続き

    平昌冬季五輪の感動と「その後」

     韓国江原道平昌で開催された第23回冬季五輪大会は25日、17日間の日程を無事終え、閉幕した。22年の次期冬季五輪開催地は北京だ。それに先立ち20年には東京夏季五輪大会が開かれる。4年に1度開催されるスポーツの祭典、五輪大会が平昌大会を含めて3回連続アジアで開催されることは初めてのことだ。アジア地域が世界の発展の原動力となっていることを象徴的に示すものとして、アジアの国民の1人として素直に喜びたい。

    2
    続き

    “融和五輪”の裏でサイバー攻撃

     昨日閉幕した韓国・平昌冬季五輪で融和ムードを演出した北朝鮮。しかしその裏では、成り済ましメールで韓国側を監視したり、情報窃取を試みるサーバー攻撃が仕掛けられていたことが分かった。開会式の日に発生した内部システムダウンへの関与も疑われており、北朝鮮への不信感はさらに深まりそうだ。(ソウル・上田勇実)

    1
    続き

    高木菜那、スピード女子マススタートで金

     最後の直線。力の限り腕を高く振り上げ、脚を滑らせた。「ここで行かなきゃいつ行くんだ」。出し尽くして一番に駆け抜けたゴールライン。「やったあ」。高木菜は叫びながら何度も両手を突き上げた。

    0
    続き

    日本女子が初の銅、英国の最終投ずれ競り勝つ

     一瞬、日本女子のメンバーは何が起きたのか分からなかった。直後に涙が頬を伝う。湧き起こった拍手に包まれ、氷の上できつく抱き合った。日本勢で初めてつかんだ五輪のメダル。ついに栄光をつかんだ。

     表彰台を懸けた最後の戦い。両チームからメダルへの熱い思いがにじみ、リスクを避けてロースコアの展開になった。一投の重みがどんどん増す。重圧がのし掛かり、試合が動いた。

    0
    続き

    準決勝でやり切った日本女子、土壇場で示した底力

     やり切った。敗れはしたが、日本女子のメンバーは心からそう思えた。胸を張って観客席に手を振り、歓声に応える。カーリングの日本勢として初めて立ったメダルを懸けたステージにふさわしい、約3時間の熱戦だった。

    0
    続き

    宮原知子、湧き上がる思い、苦しみの果ての名演

     小さな体の奥底から湧き上がってきたような、誇らしく優雅なガッツポーズだった。天を見上げた顔はもうくしゃくしゃになっている。「やり切った。ここまできたらメダルが欲しい」。その思いは届かなかった。でも、苦しみの果てに宮原が五輪のリンクで奏でた名演は記憶に刻まれる。

    0
    続き

    外国人労働者増加の責任と結果

    「人口侵略」という言葉で語られることが増えてきた外国人労働者の増加ですが・・・

    【都内の外国人労働者39万人、増加止まらず】

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27212730R20C18A2L83000/

    >2017年10月末時点での外国人労働者数は前年同期に比べて18.5%増えて39万4834人となった。

    9
    続き

    本物の持つ凄さを感じることの喜び

    オリンピックが面白い。

     運営は三流でも、選手は一流がそろっているので、熱戦を見れば見るほど体の血がたぎります。

     パシュートの団体戦を見ながら、身を乗り出し拳を固く握って応援していたのは私だけではないでしょう。本当にいい試合でした。

     そして金メダルおめでとう!

    32
    続き

    並んだ「金」の笑み、追い抜き団体メダル授与

     21日にスピードスケート女子団体追い抜きで優勝した日本の高木美帆(日体大助手)、高木菜那(日本電産サンキョー)、佐藤綾乃(高崎健康福祉大)、菊池彩花(富士急)に22日、金メダルが授与された。平昌のメダルプラザで行われた表彰式に臨み、高木美は「やっとここにたどり着くことができた。うれしい気持ちでいっぱい」と笑顔で語った。

    2
    続き

    団体追い抜きで驚異の加速、日本女子が金

     準決勝ではエースの高木美帆が、先頭で滑る周回数をいつもの3・5周から3周に減らした。約1時間50分後の決勝へ、できる手は打った。後はこれまでの積み重ねを信じるだけだった。

    2
    続き

    あす準決勝韓国戦、カーリング日本女子初の4強

     日本女子が五輪の4強へ歩を進めた。過去5大会連続ではね返されてきた高い壁を越え、日本勢で初めて表彰台を懸けたステージに挑む。

     スイス戦は1-2の第4エンドで一挙4失点。第9エンドを終えて4-8となりギブアップ。勝利で4強入りを決められなかった。「悔しい」。吉田知は目を真っ赤に腫らしたが、その雪辱も果たす舞台が待っている。

    0
    続き