«
»

[平成30年北海道胆振東部地震] rss

北海道胆振地方を震源とした今回の地震では…

 北海道胆振地方を震源とした今回の地震では一時、道内のほぼ全世帯に当たる約295万戸で停電する「ブラックアウト」が起きた。2003年、ニューヨークも含む米北東部からカナダ南部をまたがる広い地域で起きたのと同じことが日本でも起きるとは。まさに防災体制の虚を突かれた感がある。

 ブラックアウトが起きる背景には、電力の需給バランスの崩れによる周波数の乱れ、それによる事故を防ぐためのシステムがある。政府はきょう中に停電解消を目指すというが、北海道電力の電力供給体制の完全復旧には最低1週間はかかるという。

0
続き

北海道地震、被災者の救助と支援を急げ

 北海道の胆振地方中東部を震源とする大きな地震が発生し、多くの死者・行方不明者が出ている。

 被災者の救助と支援を急がなければならない。

熊本地震以来の震度7

 地震の震源の深さは37㌔で、地震の規模(マグニチュード)は6・7と推定されている。厚真町では震度7を観測した。震度7は、2016年4月の熊本地震で2度発生して以来、国内では6回目。北海道では初めて観測された。

1
続き