■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [宗教] rss

    教会信者数が人口の過半数を割る日

     アルプスの小国オーストリアはフランス、スペイン、ポルトガル、イタリアなどと共に欧州の代表的カトリック教国だ。そのオーストリアのカトリック教会の信者総数は昨年12月31日現在、約505万人で前年の511万人より約1・1%減少した。今年中には500万人台を割ることは必至の状況だ。

    1
    続き

    なぜ「予言」は時に外れるのか

     このコラム欄で紹介したブルガリアの予言者ババ・ヴァンガ「2019年の予言」は結構反響があった。まだ起きていないことを前もって語ることは通常、難しい。昔から「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と言われたが、その通りかもしれない。ただ、いつの時代も「予言」がズバリ当たれば、人は驚き、その予言を語った人物は一躍有名になる。

    2
    続き

    カトリック教会は「性犯罪組織」か

     世界のローマ・カトリック教会総本山バチカンの今年の日程を紹介する。今月22日から27日の間、パナマで「世界青年の集い」が開催され、その後、法王として初めてアラブ首長国連邦を訪問、その後、3月はモロッコ、5月5日からバルカンのブルガリア、マケドニアの両国訪問が待っている。10月には司教教会会議(アマゾン会議)。日程はまだ決まっていないが38年ぶりの法王の訪日が予定されている。

    2
    続き

    男性と女性の二性を有する「神」とは

     新年の最初のコラムはやはり「神」について考えてみた。

    「わたしは、有って有る者」(旧約聖書出エジプト記第3章)といわれる「神」を人知で理解しようとすること自体、久しく“無謀な行為”と受け取られてきた。「神」と人間の間には超えてはならない壁があった。というより、「神」への畏敬が強く、人は「神」に近づき、話しかけることができなかった。

    2
    続き

    「マグダラのマリア」と「聖母マリア」

     聖書には複数の「マリア」が登場するが、最もよく知られたマリアはイエスの母親のマリアだ。その次はやはり「マグダラのマリア」だろう。前者はイエスの実母として教会内ではその評価はほぼ不動であり、ローマ・カトリック教会では聖母マリア関連の祭日、祝日は年13回もある。例えば、「聖母マリアの被昇天」(8月15日)や「聖母マリアの無原罪の御宿り」(12月8日)だ。一方、「マグダラのマリア」の場合、バチカンは7月22日を聖名日として記念日としてきたが、教会の祝祭に格上げされたのはわずかに2年前だ。

    2
    続き

    「女性と奢侈な生活」に躓いた司教

     アルプスの小国オーストリアのローマ・カトリック教会が再び揺れ出した。教会の高位聖職者、司教の不祥事が明らかになったのだ。もちろん、今回が初めてではない。欧米教会では聖職者の未成年者への性的虐待事件が頻繁に発覚し、多くの読者は「またか」と受け取られるかもしれないが、聖職者の性犯罪の最初の大きな出来事となったのは、1995年、オーストリアのローマ・カトリック教会最高指導者ハンス・ヘルマン・グロア枢機卿の教え子への性的犯罪だった。不名誉なことだが、聖職者の不祥事ではオーストリア教会は時代を先行しているわけだ。今回報告する事件は、司教のスキャンダルだ。

    2
    続き

    今年最も読まれた聖書の聖句は何?

     キリスト系オンライン「クリスチャン・トゥデイ」は10日、「無料聖書アプリ『ユーバージョン』によると、2018年に最も読まれた聖書の聖句は旧約聖書の『イザヤ書』第41章10節だった」と報じた。

     「恐れてはならない、わたしはあなたと共にいる。驚いてはならない、わたしはあなたの神である。わたしはあなたを強くし、あなたを助け、わが勝利の右の手をもって、あなたを支える」

    3
    続き

    法王は「同性愛」を容認しているか

     日本のローマ・カトリック教徒にとって来年は歴史的な年となるかもしれない。このコラム欄で既に紹介したが、あの南米出身のローマ法王フランシスコが日本を訪問する可能性が高まってきたからだ。81歳の高齢となった法王は根っからの日本好きだ。聖職者生活を始めた時から日本への宣教を夢見てきた。訪問する側と迎える側がウエルカムだから、1981年2月の故ヨハネ・パウロ2世以来38年ぶりのローマ法王の訪日はきっと多くの感動と出会いをもたらすだろう。

    7
    続き

    ローマ法王の訪日に何を期待するか

     ローマ法王フランシスコが来年、日本を訪問する予定だ。バチカンを訪問した河野太郎外相は23日、ポール・リチャード・ギャラガー外務長官と会談し、フランシスコ法王が訪日を願っていることを受け、訪問の準備に乗り出すことで一致したという。実現すれば、1981年2月の故ヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶりとなる。

    1
    続き

    欧州の牙城「ポーランド教会」の告白

     ポーランドのローマ・カトリック教会は共産政権時代でも大きな影響力と権威を誇ってきた。ポーランド統一労働者党(共産党)の最高指導者ウォイチェフ・ヤルゼルスキ大統領でさえも「わが国はカトリック教国だ」と認めざるを得なかったほどだ。

    3
    続き

    「神父」も「牧師」もいない寂しい教会

     新約聖書「ルカによる福音書」10章には「収穫は多いが、働き人が少ない」と嘆くイエスの聖句があるが、ドイツのローマ・カトリック教会(旧教)ばかりか、プロテスタント教会(新教)でも(収穫は別として)深刻な働き人(聖職者)不足に悩まされている。この傾向が続くと、新旧教会の存続が危ぶまれるという声すら囁かれている。すなわち、ドイツの新旧キリスト教会で「神父」も「牧師」もいない“寂しい教会”がこれから多く出現するというのだ。

    1
    続き

    東方正教会分裂、プーチン政権に大きな打撃

     キリスト教東方正教会の最高権威であるコンスタンチノープル総主教庁(トルコ・イスタンブール)は、ロシア正教会が管轄下に置いてきたウクライナ正教会の独立を事実上認める決定をした。

     2014年3月のロシアのプーチン政権によるウクライナ南部クリミア半島の併合以降、極度に悪化したロシアとウクライナの関係は東方正教会の内部対立にまで発展した。

     ウクライナ正教会独立へ

    0
    続き

    ウクライナ正教会独立は「善の勝利」か

     東方正教会の精神的指導者の立場にあるコンスタンチノーブル総主教庁(トルコのイスタンブール)は11日、ロシア正教会の管轄下にあったウクライナ正教会の独立を承認した。ウクライナのポロシェンコ大統領は「悪に対する善の勝利だ」と称賛したという。

    2
    続き

    「無意識」という人間の異界

    広島大学名誉教授 町田 宗鳳氏に聞く

     近著の『異界探訪』(山と渓谷社)について話を聞こうと、富士山を望む御殿場高原に建立された超宗派「ありがとう寺」に開祖の町田宗鳳・広島大名誉教授を訪ねた。同寺は、ホテルやレジャー施設を経営する(株)時之栖(ときのすみか)の庄司清和会長が建立し、禅堂を中心に護摩堂や神社などがあり、企業の社員教育などにも利用されている。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

    0
    続き

    「ビガーノ書簡」巡るバチカンの戦い

     10月7日午前7時(現地時間)のバチカンニュース独語版のサイトを見て驚いた。トップ記事は「バチカン、マキャリック枢機卿問題の全容解明を約束」だ。バチカン法王庁もいよいよ本腰を入れて説明責任を果たすのだろうか。その関連記事に「ミュラー枢機卿(前教理省長官)、マキャリック枢機卿への制裁は知らなかった」という記事が報じられている。ミュラー枢機卿は保守派聖職者の代表であり、フランシスコ法王に教理省長官の任期延長が拒否されたドイツ人聖職者だ。

    2
    続き

    聖職者の「独身制」を改めて考える

     世界のローマ・カトリック教会で聖職者による未成年者への性的虐待が頻繁に起き、バチカン法王庁はその対応に追われている。同時に、聖職者の独身制の見直し論が教会内外で出てきている。

    1
    続き

    カトリック教会性的虐待問題、フランシスコ・ローマ法王窮地に

     全世界に13億人の信者を抱える最大のキリスト教会、ローマ・カトリック教会は今、次々と明らかになる聖職者による未成年者への性的虐待問題に直面し、その対応に苦慮している。信者の教会離れだけではない。教会への批判の矢が次第にフランシスコ法王に向けられてきたのだ。バチカン報道で定評のある独週刊誌シュピーゲル(9月22日号)はフランシスコ法王に対し、「汝、嘘(うそ)を言うなかれ」という見出しの特集を掲載し、大きな話題を呼んだばかりだ。 (ウィーン・小川 敏)

    1
    続き

    独週刊誌「法王よ、嘘つくなかれ」

     ローマ法王フランシスコにとってエストニア、ラトビア、リトアニアのバルト3国の司牧訪問(9月22~25日)は息抜きとなったかもしれない。世界のカトリック教会で連日、聖職者の未成年者への性的虐待問題が報じられ、批判の矢はいよいよローマ法王に向けられてきた時だからだ。

    2
    続き

    「宗教」はいつから始まったか

     「宗教」といえば、日本ではいいイメージをもつ人は余り多くいない。「どうして宗教が必要か」、「神が存在してもしなくても関係がない」、「宗教は人を惑わすだけだ」、といった声を聞く。いずれもそれなりの理由はある。

     多くの「宗教」が存在し、それぞれが自分の「宗教」の教えこそ正しいと主張する。同時に、「宗教」の名で多くの犯罪が行われ、紛争と戦争、テロ事件が繰り返されている。「宗教」は現代人にとって最も必要性のない、魅力のない世界になってしまった感じさえする。

    3
    続き

    独教会「聖職者の性犯罪」をもみ消し

     ドイツのローマ・カトリック教会司教会議(DBK)が依頼した聖職者の未成年者への性的虐待事件の調査結果がこのほどまとまり、報告書は今月25日に開催される秋季司教会議総会でラインハルト・マルクス議長(枢機卿)によって発表されるが、それに先立ち、ドイツ週刊紙ツァイトや週刊誌シュピーゲルは12日、概要を報じた。

    1
    続き

    法王の「沈黙」の理由が分かった!

     ローマ・カトリック教会の現在の混乱は、カルロ・マリア・ビガーノ大司教(77)が駐米大使時代の2013年6月23日、フランシスコ法王にセオドア・マキャリック枢機卿(88)が神学生、神父たちに性的行為を強いている事実を通達したが、法王は5年間余り、旧友のマキャリック枢機卿の性犯罪を隠蔽してきたという告発から始まった。

    2
    続き

    法王の「不可謬説」の落日

     ローマ・カトリック教会には、その最高指導者ローマ法王は信仰や教義に関する決定では間違わないという「法王不可謬説」がある。「法王不可謬説」は1870年、第1バチカン公会議で正式に教義となった。

    1
    続き

    フランシスコ法王は答えるべきだ

     「フランシスコ法王は米教会セオドア・マキャリック枢機卿(88)の聖職者や未成年者への性的虐待を知りながら5年間沈黙してきた」というバチカン駐米大使だったカルロ・マリア・ビガーノ大司教の書簡内容が世界のローマ・カトリック教会の屋台骨を揺り動かす一大事となってきた。

    2
    続き