■連載一覧
  • 人口減少社会を超えて 第1部・先駆けの地方移住
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米朝“宴の後”で 非核化・拉致問題の行方
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 2018/8/06
  • 2018/7/18
  • 2018/6/14
  • 2018/6/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [宗教] rss

    お釈迦様のこと、説話で伝えたい

    総本山善通寺前管長、樫原禅澄氏に聞く

     今年3月、善通寺管長を退任した樫原禅澄(かしはらぜんちょう)さんが住職を務める自性院常楽寺は、四国霊場第86番札所・志度寺の西隣にあり、境内には檀家だった平賀源内の墓がある。お大師さん(弘法大師、空海)生誕の地とされる善通寺の執行長・宗務総長時代から朝の説法を続け、その面白さにファンが多い樫原さんに話を伺った。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

    1
    続き

    カトリック教会は解体すべきだった

     米ペンシルベニア州のローマ・カトリック教会で300人以上の聖職者が過去70年間、1000人以上の未成年者に対し性的虐待を行っていたことが14日、州大陪審の報告書で明らかになった。バチカン・ニュースは15日、米教会の聖職者の性犯罪報道について、「深い悲しみだ」「ショックだ」「恥ずかしい」といった教会関係者の声を紹介している。

    2
    続き

    1978年には3人の「法王」がいた

     アルプスの小国オーストリアは目下、暑い日々が続いているが、当然のことだが、隣国イタリアも暑いという。蒸し暑い日々は気分も優れなくなるものだ。そこで気分を一新するためにローマのバチカンから流れてきた小ニュースを紹介する。「1978年は3人のローマ法王が存在した歴史的な年だった」という。今年はその40周年を迎えたのだ。

    0
    続き

    「悪」の系図と神のファミリー物語

     新約聖書の最初の福音書「マタイによる福音書」第1章を読破するのは大変だ。見知らない名前が長々しく羅列されているから、この章を読破するには大変な忍耐が必要となる。イエスの系図だ。メシアが霊的降臨だったら、系図は不必要だ。「イエスは天から降臨されました」で全て終わりだ。しかし、イエスは肉体降臨されたのだから、どうしても系図が出てくる。

    3
    続き

    オウム真理教の元代表松本智津夫(麻原彰晃)…

     オウム真理教の元代表松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚ら元幹部死刑囚の刑執行が先月、2度にわたって行われた。執行を命じた上川陽子法相は「慎重な検討を重ねた上で(命令を)出した」と強調したが、反応の中には「事件の真相が解明されていないのに、死刑執行は早過ぎる」との声があった。

     この事件に限らず「真相の解明」という言葉は普通に使われている。だが、そんなものがこの世の中にあるのだろうか。「執行が早かった」とは「もっと時間をかけて死刑囚本人から話を聞けば、真相は解明される」という意味だろう。

    2
    続き

    秩父神社における神仏習合

    秩父神社宮司 薗田 稔氏に聞く

     毎年12月に行われる例祭「秩父夜祭」がユネスコ無形文化遺産に登録された埼玉県秩父市の秩父神社は、秩父地方の総鎮守。もともとは武甲山(ぶこうさん)を遥拝する聖地で、豪族の力が弱まるにつれ衰微したが、鎌倉時代に桓武平氏の守護神・妙見菩薩と習合し、発展するようになる。秩父神社の神仏習合の歴史を薗田稔宮司に伺った。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

    1
    続き

    イエスの「聖骸布」の真偽論争再発か

     2000年前のイエス・キリストの遺骸を包んでいた布といわれる「聖骸布」の真偽についてはこれまで様々な説があったが、新しい説がまた飛び出した。専門誌「法科学ジャーナル」(Journal of Forensic Sciences)に発表された英リバプール大学の研究報告によれば、「聖骸布」に付着していた血痕の流れからみてイエスの遺体を包んだ布の可能性は考えられないというのだ。

    2
    続き

    洗礼式で泣く幼児を叩いた老神父

     喜怒哀楽という言葉があるが、その中でも「怒り」という感情は最も怖い。怒りを爆発させたゆえに、その人の人生が変わったという人もいるだろう。以下は、神に仕える聖職者が怒りを抑えきれなかった結果、生じた不祥事の話だ。

    0
    続き

    性犯罪問題で米枢機卿に聖職停止

     ローマ・カトリック教会の聖職者による未成年者への性的虐待事件を書いているときりがないが、ローマ法王に次ぐ高位聖職者、枢機卿の性犯罪容疑となるとやはり無視できない。記録しなければならない。以下、バチカン・ニュースが21日、大きく報道した内容だ。

    0
    続き

    行方不明となった「神」を探せ!

     カナダの主要先進諸国会議(G7)、シンガポールの米朝首脳会談、そしてモスクワのサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の開幕と重要なイベントが5月から6月にかけ立て続きに開かれ、それをフォローしてきたので書きたいテーマは後回しになってきた。テーマは「神の不在」から、「去ってしまった神(行方不明の神)」探しという問題だ。

    0
    続き

    イスラム寺院閉鎖とイマーム追放

     オーストリア連邦報道局から記者会見の知らせのメールが届いた。8日午前8時にクルツ首相、シュトラーヒェ副首相、キックル内相、そしてブリューメル文化相の4人の政府首脳が顔をみせ、記者会見を行うという。記者たちは7時には記者会見が行われる連邦首相府会議広間に入ることができるというのだ。会見の時間も4人の主要閣僚の参加も異例なことだ。記者会見のテーマは「政治イスラムとの戦いにおける決定」(Entscheidungen im Kampf gegen politischen Islam)だ。

    0
    続き

    バチカンに住む「亡霊」の正体は

     独週刊誌シュピーゲル(5月19日号)は世界に13億人以上の信者を有するローマ・カトリック教会の総本山バチカン法王庁の歴史を10頁に渡り特集した。その内容はバチカンにとってかなり厳しいものがある。以下、シュピーゲル誌のバチカン特集の内容を紹介する。

     第2次世界大戦で連合軍が1944年秋、ローマを解放した時、英国の政治家ハラルド・マクミランはバチカン内に入った時の印象を書いている。

    3
    続き

    性犯罪もみ消した豪大司教に有罪

     オーストラリアからショッキングなニュースがまた流れてきた。同国南オーストラリア州のアデレード大司教区のフィリップ・ウイルソン大司教(67)が1970年代、1人の神父の未成年者への性的虐待を知りながらもみ消した容疑で有罪判決を受けたという。

    0
    続き

    攻撃にさらされる「宗教シンボル」

     ユダヤ教、キリスト教、そしてイスラム教はアブラハムを「信仰の祖」とする唯一神教だが、その信仰のシンボル(ユダヤ教のキッパ、キリスト教の十字架、イスラム教女性信者のヒジャブなど)がさまざまな理由から攻撃にさらされている。

    4
    続き

    バチカンNo3のペル枢機卿を起訴

     世界に12億人以上の信者を抱えるローマ・カトリック教会の総本山、バチカン法王庁で1日、大きな衝撃が走った。オーストラリアのメルボルンからバチカン財務長官のジョージ・ペル枢機卿(76)が性犯罪容疑で正式に起訴されたというニュースが報じられたからだ。

     ペル枢機卿は性犯罪容疑で起訴されたローマ・カトリック聖職者として最高位。バチカンではナンバー3の地位に当たる財務事務局長官だ。

    1
    続き

    預言者モーセの息遣い

     4月中旬に、従兄弟(いとこ)の娘とその友人の女性ら4人が、エジプト観光にやって来た。クレオパトラの面影が残るアレクサンドリアや古王国時代のシンボル、ギザのピラミッドやスフィンクス、ヒエログリフの刻印が鮮やかな古代神殿が残るルクソール東岸や歴代の王が眠る王家の谷、アブシンベル神殿などを一通り見学したが、最も印象的な所はどこだったかと問うと、シナイ山との答えが返ってきた。

    1
    続き

    バチカンの「エクソシスト養成講座」

     世界に12億人以上の信者を抱える世界最大のキリスト教宗派、ローマ・カトリック教会総本山バチカン法王庁は今月16日から21日までの日程で、ローマでエクソシスト(悪魔祓い)の養成講座(非公開)を開講する。バチカンでエクソシスト養成講座は既に13回目となる。

    2
    続き

    中国、聖書販売差し止めか

     バチカンと中国政府が長年にわたって対立してきた司教任命の主導権問題をめぐり、近く合意されるとの見方が浮上する一方、中国側は突然、国内書店やネットでの聖書販売を差し止める動きに転じている。3日に発表した宗教白書では海外勢力による「宗教の商業化」を防止し、「宗教の中国化」をさらに進める立場を明示。台湾と国交のあるバチカンとの近日合意は遠のくのか、二転三転する水面下での外交の行く末が注視されている。 (香港・深川耕治)

    9
    続き

    世界で毎年13回祝福される女性は?

     見出しの答えは「聖母マリア」だ。イエスはクリスマス、十字架後の「復活」、そして「昇天の日」などが大々的に祝われるが、母マリアの祝日回数はここにきて上昇気流に乗っているのだ。少なくともローマ・カトリック教会では聖母マリアの価値がイエスのそれを凌ぐ勢いを見せてきている。これは世界のジェンダー・フリー運動やフェミニズムの成果を物語るのか、それとも人類の歴史をこれまで主導してきた男性社会への強烈なアンチ・テーゼなのか。

    0
    続き

    「劣化する伝統宗教」寺院・神社界の“暗部”を暴き出すダイヤモンド

     近年、“終活”という言葉を頻繁に聞くようになった。人口減少による高齢化社会の中で、人生の最期をどのように迎えるか、を真剣に考える人が増えたことによるのだろう。そもそも終活とは、読んで字のごとく人生の終わりについての活動ということだが、「自己の死」と向き合いながらも残された人生をいかに生きるか、を考えること。いうなれば終活は「死」よりもむしろ「生」への積極的なアプローチとも言える。

    0
    続き

    バチカンのレター・ゲート事件

     ローマ・カトリック教会総本山バチカン法王庁広報事務局のダリオ・ビガノ長官(55)が21日、引責辞任した。以下、イタリアのメディアで“レター・ゲート事件”と呼ばれている不祥事を読者に報告する。

    1
    続き

    フランシスコ法王就任から5年、病める教会の回復の道まだ遠く

     アルゼンチンのブエノスアイレス大司教だったホルへ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿がペテロの後継者、第266代の法王に選出されて3月13日で5周年を迎えた。南米初のローマ法王フランシスコの過去5年間でバチカンは変わっただろうか。 (ウィーン・小川敏)

     5年前のコンクラーベ(法王選出会)を少し振り返る。

    0
    続き

    世界的神学者キュング氏90歳に

    ペテロの後継者、ローマ・カトリック教会最高指導者ローマ法王の「不可謬説」を否定したためバチカン法王庁から聖職を剥奪された世界的神学者ハンス・キュング氏は19日で90歳(卒寿)を迎えた。最近は健康状況が良くないこともあって、誕生日は家族や知人たちと身内で祝い、4月21、22日、公けの場で「90歳祝賀会」やシンポジウムをチュービンゲンで開催する予定という。

    1
    続き