■連載一覧
  • フィンランド100年の児童支援 「ネウボラ」の現場
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 人口減少社会を超えて 第1部・先駆けの地方移住
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 2018/9/18
  • 2018/8/20
  • 2018/8/06
  • 2018/7/18
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/6/07
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [地球だより] rss

    ユダヤ人は太巻きがお好き?

     イスラエルでは9月10日、ユダヤの新年(ロシュ・ハシャナー)を迎えた。今年はユダヤ暦5779年となる。

     聖書の創世記に「はじめに神は天と地とを創造された」とあり、ユダヤ教指導者(ラビ)たちは聖書の記述から割り出して、天地創造は西暦の紀元前3761年10月7日と定められた。

    1
    続き

    子供が学校でトルコ語学ぶ

     オーストリアの移民・難民統合を担当するカリン・クナイスル外相はこのほど、「2018年統合報告書」を公表した。それによると、同国では移民出身の国民はほぼ200万人で全体に占める割合は23%。10年前は16%だった。一方、外国人数は139万5000人で外国人率は15・8%(08年10%)とこれまた大幅に増加した。

    0
    続き

    生徒が主体の授業

     日本のある大学関係者がフィンランドの学校の授業を視察したいということで、面識のある中・高校の校長先生にお願いして授業を見せてもらった。授業内容は、中学の数学と高校の社会学だった。

    1
    続き

    喉の痛みにプロポリス

     ブラジルは健康食品や薬草の宝庫だ。日本でもよく知られる滋養強壮効果のあるガラナやアサイーの実などさまざまな健康食品がある。市中を歩けば、健康食品を集めた店も多く、その効能は滋養強壮からダイエット、風邪、糖尿病、神経痛まで通常の病気や体の不調すべてを網羅するほど。

    0
    続き

    東大門で会談取材

     来週、北朝鮮の平壌で行われる南北首脳会談の取材は現地同行できない多くの居残り組のためにソウル市内に臨時プレスセンターが設けられる。場所は4年前に完成した「東大門デジタルプラザ」という流線形の施設だ。過去の会談で貸し切られたホテル大広間や大型展示場と違い、今回は「過去と未来をつなぐ象徴的な空間」(大統領府)になるそうだ。

    0
    続き

    ジプニー利用の豆知識

     フィリピンの庶民の足であるジプニー。自家用車の普及により渋滞や公害の原因としてやり玉に挙げられることが多くなったが、庶民にとっては最安の移動手段として通勤通学になくてはならない存在だ。

     この乗り降り自由な乗り合い小型バスは、外国人の間では「危険な乗り物」として利用を避けるべき交通手段として語られている。が、どうしてもタクシーが捕まらないときなど、最後の手段として使うことがある。

    1
    続き

    一夫多妻制度の功罪

     イスラム世界の諸国が、他の国々と著しく異なる文化として一夫多妻がある。1人の男性が妻を同時に4人まで持てると法律で保障されているのだ。もちろん、4人を平等に愛するとの条件があるとはいえ、現実はどうしても不平等にならざるを得ないとの話も多々聞く。

     先日、友人のあるエジプト人女性が従兄弟の第2夫人として結婚した。最初に結婚した夫による日常的な暴力に耐えかね、3人の子供を連れて離婚した。

    2
    続き

    焼酎の健康負担金

     韓国の焼酎は長久の歴史を持つ酒だ。高麗後期に元王朝から伝来した。穀酒を煮て得た蒸留式の酒なので、露酒・火酒・汗酒とも言った。高価なぜいたく品だった。モンゴル軍の駐屯地だった安東、開城などで製造法が発達し、今もその伝統が引き継がれている。

    0
    続き

    ケーキもワインも体に害?

     健康ブームのフランスでは今、糖分を減らす努力をしない食品会社に対して増税を課す議論がされている。同時に世界的に評価の高いケーキ屋にプレッシャーがかけられている。

     理由は合成着色料などの食品添加物に、人体に有害な成分が含まれているからだ。問題なのは、スーパーなどで売られている菓子類には、成分表示が義務付けられているのに対して、フランスのケーキ「ガトー」は何の表示もなく売られていることだ。

    0
    続き

    3国境越えて海水浴

     トルコのイスタンブールから国際列車に乗り、ブルガリアに向かった。

     乗り合わせたトルコ青年の旅行目的を聞いた。

     「クロアチアで泳ぐのさ」

     なんのてらいもなく彼は答えた。

     「トルコには島もあるし、黒海もエーゲ海も泳ぐには十分だろう」と言ってみた。

     すると彼は手を振って「とんでもない。クロアチアのアドリア海のビーチは特別なのだ」と言い返す。

    1
    続き

    新しいアナウンスのわけ

     米首都ワシントンの周辺を結ぶ地下鉄には、2種類の車両が走っている。老朽化した旧型と比べ、日本の川崎重工が製造し、2014年から導入されている新型車両「7000系」は、快適で清潔感があり、運良く乗れるとありがたく思う。

    1
    続き

    大流行の携帯扇風機

     今年、記録的な暑さが続いた韓国で小型の携帯用扇風機がその暑さ対策として大流行している。街中を歩いていると、携帯扇風機を自分の顔に向けて歩く大人を大勢見るようになった。この光景、昨年まではなかったことを思うとそれだけ今年の夏が特別暑いということなのかもしれない。

    0
    続き

    スコピエでの菜園談義

     マケドニアの首都スコピエに住むビジネスマンと雑談した折、趣味の一致で盛り上がった。どちらも菜園を楽しんでいる。  とりわけ共感したのは、野菜作りの醍醐味が、その匂いと味にあることだ。

    0
    続き

    ユダヤにも「食べ合わせ」

     イスラエルの国民の8割はユダヤ人、つまりユダヤ教徒である。その中でユダヤ教の戒律を厳格に守る者は約2割、ある程度戒律を守っている者は約6割、ほとんど戒律を気にしない者は約2割いるとされる。

     ユダヤ教の戒律の中に食事規定(コーシェル)というものがあるが、その一つに、一緒に食べてはならないものが規定されている。

    0
    続き

    「すき家」も悪くない

     南米ブラジルは、100万人以上という世界最大の日系人人口を抱えるだけに、日本食レストランが多く、メニューも豊富だ。最大都市サンパウロでは、近年始まったラーメンブームが続いており、人気店では行列が絶えないほど。

     ただし、人気ラーメン店の値段は非常に高く、日本の相場を知っている者からすると複雑な気持ちになるのも確かだ。

    1
    続き

    100歳画家の憂い

     先日、こちらの新聞をめくっていたら御年102歳になる韓国人画家、金秉騏氏に関する記事が目に留まった。日本統治下、現在の北朝鮮・平壌で生まれ、画家だった父親の影響を受けて東京の学校で絵の勉強をし、解放後は長く抽象画で韓国美術界をリードしてきた。前半生を朝鮮半島で、後半生を米国で暮らし、今春には鎌倉にある神奈川県立近代美術館の展示会に出展し、特別講演までするなど今なお現役だ。

    0
    続き

    冷房がない国の暑い夏

     今年の夏は、世界的に例年に比べ暑いという。ここ北欧のフィンランドでも例年、暑い日があっても数日で終わるのだが、この夏は1カ月以上も暑さが続いているのだ。

     いつもより10度ぐらい温度が高く、7月は北極圏も含め30度に達した。異常としか言いようがない。

    1
    続き

    車を優先する道路構造

     アラブ諸国の道路の構造は日本や欧米と大きく異なる。車道だけで、歩道がない所が多く、危険極まりない。

     エジプトの首都カイロの中心地タハリール広場でも、地下道はあるものの地上にほとんど歩道はなく、横断歩道もないため、人々は車を避けながら危険を承知で渡っている。

    0
    続き

    高騰するパリの高級住宅

     パリ中心部、凱旋門近くの250平方メートルの高級アパートが5年前の3倍の値段で米国人富豪に買われたと、仏国営TVフランス2が報じた。英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)で世界の富裕層がロンドンからパリに熱い視線を振り向けており、パリは今、高級不動産バブルにある。

    0
    続き

    活力感じる古都コンヤ

     首都アンカラに近い、トルコ最古の都市コンヤに行く機会があった。コンヤはセルジュク・トルコ時代の首都だった。

     トルコ最大の都市イスタンブールとアンカラは、高速鉄道で結ばれていることはよく知られているが、アンカラとコンヤも高速鉄道で結ばれている。

     前者の場合、4時間ほどかかるが、アンカラからコンヤまでは2時間足らずで到着する。

    0
    続き

    行列のできる人気店

     ワシントン市の北西部にレンガ造りの美しい街並みで知られるジョージタウンがある。先日、家族で観光に行ったついでに、そこの一角にある人気カップケーキ店「ジョージタウン・カップケーキ」を訪れた。

     このカップケーキ店では、平日であったが20人ほどが列をつくっていた。10代後半くらいの若い女性たちや子連れを多く見掛けた。

    0
    続き

    若者に広がる「火病」

     テレビでドラマなどを見ていると、よく登場人物が自分の胸をたたいて激高したり泣き崩れる場面が出てくる。初めのうちは「なぜ胸をたたくのかな」と漠然と思っただけだったが、後にそれが実際にある韓国人特有の行動と分かった。何か恨めしいこと、悔しいこと、あるいはひどく悲しい出来事に遭遇し、火の塊のようなものが胸に込み上げてくる感覚に陥り、そうするのだという。いわゆる「火病」の症状の一つだ。

    4
    続き

    天に昇るカタクチイワシ

     あるエジプト映画を見て、エジプト人が海と言うとき、三つの海を想定することを知った。地中海に紅海、それにナイル川だ。

     その方式でトルコで海というと、地中海にエーゲ海、黒海となる。かようにトルコは三方を海に囲まれているが、残念ながら、魚を食べる食文化がそれほどない。

    0
    続き