«
»

[加計学園] rss

野党の「加計」追及不発を質問時間の減少と野党分裂のせいにする朝日

 「加計騒動」はもはや終わったと言うべきだ。衆院文部科学委員会は15日に加計学園の獣医学部新設問題の質疑を行ったが、野党は「疑惑」の証拠を一つだに示せなかった。

3
続き

「加計」報道で煽った揚げ句「国民の疑念」に固執するNHK「時論公論」

 今年春から続いてきた加計騒動は、学校法人「加計学園」による獣医学部新設が認可されたことで収束する気配である。この問題を「安倍たたき」に利用してきた野党や左派メディアは結局、行政手続きに安倍晋三首相が介入したことを示す証拠を提示できなかったからだ。

4
続き

「加計」獣医学部認可、本質的な大学の在り方議論を

 林芳正文部科学相は学校法人「加計学園」(岡山市)の岡山理科大学獣医学部(愛媛県今治市に新設)を認可したことについて、15日の衆院文部科学委員会で「国家戦略特区のプロセスに基づいて関係省庁の合意の下で適切に進められてきた。先端ライフサイエンス研究の推進など新たなニーズに対応するものと確認された」と強調した。

 不足する公務員獣医

9
続き

モリ・カケ偏向報道を忘れてはならない

 8月3日の内閣改造により安倍政権への支持率は下げ止まり、今後、新閣僚の不祥事などがない限り回復へ向かう気配である。安倍総理は記者会見の冒頭で 「先の国会では、森友学園への国有地売却の件、加計学園による獣医学部の新設、防衛省の日報問題など、様々な問題が指摘され、国民の皆様から大きな不信を招く結果となりました。

 そのことについて、冒頭、まず改めて深く反省し、国民の皆様におわび申し上げたいと思います。」と語り、深く頭を下げた。

61
続き

在京放送局にない視点で「加計問題」を報じた大阪・読売テレビ

 加計学園の獣医学部新設をめぐる衆参両院の閉会中審査が、7月24日と25日に行われた。そこで野党が焦点の一つとして追及したのが、安倍晋三首相が加計学園の獣医学部新設計画をいつ知ったのかなど、首相と加計孝太郎・同学園理事長の関係についてだった。その後のテレビ報道でも「今年1月20日に知った」と答弁した首相を野党議員が問い詰める映像が繰り返し流された。

2
続き

「加計」へのスタンス 前川氏批判の月刊誌

 学校法人「加計学園」(岡山市)の愛媛県今治市への獣医学部新設計画をめぐる国会閉会中審査が終わった。審査を要求した野党は、安倍政権による政治的圧力で公正であるべき行政が歪(ゆが)められたことを印象付け、倒閣運動を加速させようと狙ったのだろうが、その思惑は空振りとなり、大山鳴動して鼠(ねずみ)は一匹も出なかった。

 むしろ、閉会中審査によって、逆に安倍政権が国家戦略特区をテコに、業界の利権保護や官僚の天下りと結び付き、歪んでいた規制行政を正すというのが獣医学部新設の肝であることが浮き彫りになった。同時に、加計学園による獣医学部新設について「総理の意向」と書いた文科省「メモ」が不正確であっても、それが倒閣のためなら飛びつく野党の劣化と左派メディアの偏向が深刻なレベルに陥っていることも明らかになった。

2
続き

北朝鮮がミサイル発射準備も、またまた加計がトップニュース。わが国は大丈夫か?

 「国会議員よ恥と思え!若者のほうが100万倍も大人だわ!」と、 のっけから台所の片隅でしゃもじをふりあげ、今日も虚空に雄叫びならぬ“雌叫び”を上げている割烹着のとみよでございます。

原宿で若者に聞いたそうですよ。

「加計問題 閉会中審査」を原宿の若者に調査、大学生ら「バカバカしいなって」

(AbemaTIMES 7/19(水) 17:30配信 記事一部引用)

7
続き

民主主義を歪める新聞とワイドショー

 元は同じ生物種でも異なった環境で何世代かを過ごすと異なる種になってしまう。例えばホッキョクグマとグリズリーは数十万年前に分かれたとされており、裏を返せば、それ以前は同じ種だったのだ。それが、一方が氷上で生活し他方が森林で生活することで、あれほど見た目に差異が生じてしまった。

 私たち日本人も、種とまでは言わないがIT化という急激な環境変化により、二つの民族に分離し始めたのではないかと感じている。大袈裟かもしれないが、加計学園を巡る国会審議と、その後の世論の行方を見て、そう思わざるを得なかった。

40
続き

加計学園めぐる閉会中審査で「加戸発言」に触れない朝毎の印象操作

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる衆参両院の閉会中審査が先週、行われた。それを伝える一部メディアの偏向ぶりには唖然(あぜん)とさせられた。

 本紙読者なら16日付本欄で承知の通りだ。NHK総合テレビが7時間のやりとりを全て生放送したので、自分たちの都合の良いところだけを切り取って報じる、逆に言えば都合の悪いところを封印する「偏向手法」が浮き彫りにされた。

2
続き

どこまで続くぬかるみぞ!いい加減、加計学園問題に終止符を!

 先日国会の参考人を呼んでの審議で、元愛媛県知事が証言されていました。

 それはこのブログで前から書いていたことと同じです。

 官邸主導ではなく、地方から一所懸命に国に要望をしていたということです。

8
続き

前川前事務次官のうやむや答弁から、数学の背理法を学ぼう!

 前川前事務次官は、さすが元文科省! この答弁は、日本全国に数学で登場する「背理法」を示してくれようとしたに、違いありません!

「文書を流出させたのは前川さん?YESかNOかで答えて」前川喜平「回答を差し控えたい」うわあああああ ↑ネタ元のニュース

12
続き

「資格があればバカでも食える」は正しいか~加計学園問題の端っこで~

 加計学園の獣医学部新設問題の端っこで、そもそも獣医は足りているか否かが論争になっている。

 主に政権を支持する人々や自由主義的な経済学者は「獣医学部の新設はおろか、学部定員の増設さえ50年以上認められなかったせいで地方の獣医師が不足している。だから、加計学園の獣医学部新設は政治判断としても行政判断としても正しい」と主張する。これに対し、政権を批判したい人々や獣医師会は「獣医師の需給バランスとして足りない訳ではない。地方の獣医師が足りないのは待遇が悪いからだ」と言う。民進党の玉木氏(獣医師一家に生まれ獣医師会から献金を受けている)に至っては「獣医師は資格を取るのに6年かかるのだから医師と同程度の待遇が適切だ」とまで主張している。さて、どちらの言い分の理があるのだろう。

10
続き

加計学園のボヤを大火にした安倍政権の失態

安保法制や共謀罪の運用に懸念

 加計学園の獣医学部新設をめぐる疑惑は、日本の政治の舞台裏を明るみにする効果は十分ありました。こういう分かりやすい話は、テレビ、ネットの絶好のテーマであり、ボヤの段階で消し止めないと、大火になります。初期消火に乗り出さなかったのは、政権に不都合な背景があり、強行突破しようと考えたからでしょう。政治に対する第三者のチェック機能が働いていないと、思った人は多いでしょう。

3
続き

疑惑を徹底追及する米国議会を学べ

ボヤが大火に、日本政治の不手際

 ロシア疑惑をめぐり、トランプ大統領の捜査への介入があったかどうか。相手が大統領でも、徹底的に追及する米国議会の精神、姿勢を見ていまして、日本との大きな違いに驚ろかされます。日米の政治、議会制度は違い、単純に比較できないにせよ、あいまいな処理が問題を拡大してしまう日本にとって、学ぶべき点はあると思います。

2
続き

加計学園問題から学ぶー子供にも知ってもらいたい産業再生の方法

英語と理科とソフトの一体教育

 珍しく榊原経団連会長が正論を吐いています。「国会で集中審議すべき項目は山ほどある。優先順位からすると、加計学園ではないだろう」と。国際的な電機メーカーの役員を務め、工学博士号を持つ知人も「獣医学部を一校分、新設しても、産業力の強化にわずかな効果しかない。政治が扱うべき最重要政策があるではないか」と、憤懣やるかたない様子です。

3
続き

官僚、政治家 本当にやるべき事は?

 駒崎さんの記事です。(加計学園問題、国家戦略特区が悪いのではない)本当この記事に賛同します。

 >規制を壊される側の省庁は、特区での規制緩和は嫌で、あまり理屈にもなっていない理屈を次々に繰り出しのらくら抵抗してくる

 これ全ての役所の共通行動です。それを打破するには基本長年の積み上げ、またはトップダウンしかありません。今回加計学園は両方ともあります。

3
続き

前川元文部科学次官は何と戦っているのか!?

 加計学園が経営する大学に関して、前文部科学省事務次官、前川喜平氏の言動が世間を騒がしている。加計学園の獣医学部新設を認可する際に総理の意向が働いた可能性を示唆する出所不明の文書を次官時代に確かに見たと証言し、さらには「行政が歪められている」と言い出したのだ。

52
続き

「安倍一強」下の政局で“長期政権の緩み”追及に出番の多い各誌

 ここのところ、週刊誌は話題盛況である。「加計学園」「総理のご意向」「前川前文科事務次官」「出会い系バー」などのキーワードが躍り、それらを追っていくといずれも「首相官邸」「安倍晋三首相」に行き着く。「安倍一強」と言われている政局で、“長期政権の緩み”が出てきたとも取れるし、“反対勢力”が搦(から)め手で攻撃を仕掛けているようにも見える。いずれにせよ、週刊誌の出番は多い。

4
続き

前川氏の証人喚問で官邸は対決を

核心的な議論をなぜ避ける

 加計学園の獣医学部新設計画をめぐり、文科省の前次官の前川氏が「総理のご意向などとする怪文書」は実在すると、記者会見で述べました。それを受け、石破前地方創生相は「それなりの意義がある」と、発言しました。

4
続き