«
»

[中国発新型肺炎] rss

東京で高まる不安、新型コロナ新規感染者107人

 東京都で新型コロナウイルスの1日当たりの感染者が2カ月ぶりに100人を超えた2日、都内では先行きを不安視する声が相次いだ。小池百合子知事が夜間の外出を控えるよう求めた繁華街では、営業を再開したばかりの居酒屋の店長が「従業員の生活が懸かっている」と悲壮感を漂わせた。

2
続き

新型コロナ対策への取り組み

元統幕議長 杉山 蕃

 新型コロナ感染症に対応している医療関係者への感謝の気持ちを表明し、さらなる努力を激励するため、航空自衛隊ブルーインパルスが白煙を引いて東京上空を飛行した様が放映された。その他、欧州に見習って高層ビルのライトニングにも工夫を凝らしているようである。

4
続き

【コロナ禍】フロリダやテキサスで感染者が記録的増加!地場スーパーは再び購入制限?

 ■ジョンズ・ホプキンス大学の集計データによると世界で確認された新型コロナウイルス感染者は累計1,000万人を突破し、死者は50万人に迫っている。

 米国では新規感染者の大幅増加が続いており、累計の感染者は250万人を超えた。26日には全米の新規感染者が4万4,000人を超え、最多記録も大きく更新した。

3
続き

中国共産党は勝機を失った

■中国共産党の蠢動

 中国発の武漢ウイルス(COVID-19)パンデミックになり世界は対応に追われた。だが中国共産党は強気の姿勢を崩さず、それどころか隣接国に覇権を拡大する動きを見せている。さらに、アンティファ(ANTIFA)・国連を用いた反アメリカ活動まで囁かれている。

22
続き

コロナ後の世界 「直系家族」の再評価

 「ロックダウン」(都市封鎖)のできない日本が、新型コロナウイルスによる被害をこれまでのところ最小限に抑え込んでいるのは、世界から見れば「奇跡」なのだという。なぜそうなっているのか。

 総力特集「コロナ後の世界」を組んだ「文藝春秋」7月号で、作家・数学者の藤原正彦は「日本の新型コロナ対策はことごとく見当違いに見えるが、結果的には世界で最も死亡率を低く抑えた国の一つである。奇妙な成功」という米外交誌フォーリン・ポリシーの分析を紹介。

9
続き

カフェがなければパリとは言えない

 新型コロナウイルスが猛威を振るったフランスのパリで、カフェが15日から屋内営業を再開した。第2次大戦中も開いていたパリのカフェだ。約2カ月半ぶりの再開は経済社会活動の復活を何より象徴する。

 確かに、いくら街並みが美しくても、カフェがなければパリとは言えない。パリの楽しみ方はもちろん人それぞれだが、気流子などは街角のカフェの椅子に腰かけ、コーヒーを飲みながら店内や通りを行く人を眺めていると「ああパリだな」という気持ちに浸れる。

2
続き

関西将棋会館内の将棋道場でシート越しに対局

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除から、25日で1カ月を迎えた。感染防止対策のため、さまざまな社会活動の場面が様相を一変させる中、新たな生活様式の模索が続けられている。

1
続き

湯沢市、全独居高齢者を職員による見守り訪問

 

 秋田県湯沢市は、新型コロナウイルスの感染拡大で高齢者の孤立が心配されていることを受け、市職員による独居高齢者全員の見守り訪問を行った。

 対象は75歳以上の約1800世帯。職員約300人が2人1組で地元の高齢者を手分けして回った。

1
続き

毎日が独り批判する「Go To キャンペーン」はそんなに問題か

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため政府が呼び掛けてきた行動自粛が19日、一段階緩和され、都道府県をまたいでの人の移動が全国で原則解禁となった。またベトナム、タイなど4カ国を対象に、出入国制限も緩和された。

 もちろん、感染が完全に収束したわけではないから「第2波」への警戒は怠れないが、待ちに待った経済・社会活動の本格的な再開である。

1
続き

コロナ対策で元気な大阪

 新型コロナウイルス対策で全国に発令された緊急事態宣言により商業施設はじめ自粛に次ぐ自粛が続いたが、政府より一足早い独自対策を打ち出してきた大阪府はなぜか元気がいい。  吉村洋文大阪府知事のリーダーシップに呼応するかのように商店街では、「みんなで守ろう大阪」「がんばれ大阪」と書かれたのぼりが揺れる。

 府民に分かりやすい言葉で分かりやすい指標「大阪モデル」を5月5日に示し、その基準をクリアしていれば「緑」、注意喚起が必要であれば「黄」、自粛要請が必要であれば「赤」と、街中で「見える化」して「太陽の塔」や「通天閣」などをライトアップした。

1
続き

財政苦境にあえぐ中東諸国で、経済再開を急ぐ

 新型コロナウイルスの感染拡大がやまない中東諸国で、これまで続けた規制を緩和し経済再開を急ぐ動きが強まっている。コロナ禍の痛手に耐え切れなくなった形だが、中東のイスラム圏では4月下旬からのラマダン(断食月)で一時規制が緩み、後に感染第2波とみられる再流行が直撃した。拙速な制限解除は感染収束を遅らせる恐れがある。

3
続き

新型コロナの感染時期で新たな発見

 現代のシャーロックホームズはもはや虫眼鏡を持参して事件現場を捜査することはなく、都会の下水路を散策し、そこから採集した下水のサンプルから新型コロナウィルスのリボ核酸を見つけ、新型コロナが中国側の公式発表である「昨年12月末」前にイタリアでウイルスが広がっていた事実を突き止めた。

99
続き

西村経済再生担当相、「臨時の医療施設」を整備

 新型コロナウイルス対策を担当する西村康稔経済再生担当相は20日、緊急事態宣言の解除中でも「臨時の医療施設」を整備できるようにするため、新型インフルエンザ対策特別措置法の改正を含め、制度の見直しを検討する考えを示した。視察先の神奈川県鎌倉市内で記者団に語った。

3
続き

コロナ禍でのビデオ会議の「明暗」

 新型コロナウイルスの感染問題でダメージを受けた欧州経済の再建を話し合う欧州連合(EU)首脳会談は予想されたことだが合意に至らず、19日閉幕した。

 同首脳会談はフォンデアライエン委員長が提案した7500億ユーロ規模(約90兆円)の復興基金について27カ国の首脳が話し合うものだが、新型コロナ時代では通常となったビデオ会議で行われた。決まったことは来月中旬に開催する次期首脳会談で合意を図る、ということだけだ。

88
続き

全国移動解禁 経済と感染防止の両立を

 政府は新型コロナウイルス対策で自粛を呼び掛けてきた都道府県をまたぐ移動を全国で解禁した。経済社会活動が本格的に再開することになるが、感染拡大への警戒を緩めず、経済との両立を図っていきたい。

出入国制限も順次緩和

54
続き

ブランド「Made in China」の試練

 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染拡大で大きなダメージを受けた欧州では、中国企業の欧州市場への進出に厳しい目を注ぎだしてきた。

 欧州の最初の感染地となったイタリア北部ロンバルディアでは、中国企業の進出が新型コロナ感染の下地となったという声が聞かれる(イタリアは昨年、中国の「一帯一路」プロジェクトに加わるG7の最初の国となった)。

83
続き

フィリピン、規制緩和に急ブレーキ

 フィリピン政府は3月から続いた新型コロナウイルス対策に伴うロックダウン(都市封鎖)規制を、本格的な経済活動の再開に向け徐々に緩和してきたが、ここに来て急ブレーキがかかっている。規制緩和の影響とみられる感染拡大が各地で確認されているのだ。保健省の能力不足による対策の遅れや、海外から帰国した労働者が地方に感染を広げているとの見方もある。 (マニラ・福島純一)

7
続き

新宿区、「夜の街」に積極的な検査を呼び掛ける

 4月から約2カ月間続いた東京都の休業要請は19日、接待を伴う飲食店などの営業再開に伴い、全面解除される。都内では「夜の街」で多数の新型コロナウイルス感染者が確認されていることから、新宿区が積極的な検査受診を店舗側に呼び掛けるなど、二次感染を防ぐ取り組みが進められている。

2
続き

【スターバックス】サードプレイス400店閉鎖しデジタルシフト!ピックアップ急拡大?

 ■コーヒーチェーン最大手のスターバックスは、自宅でもオフィスでも無い第三の場所「サードプレイス」を最大400店閉鎖する。新型コロナウイルス感染拡大の影響による消費者行動の変化で同社のサードプレイス戦略も大きく舵を切ることになる。

2
続き

豪政府の「対中政策」から学べる事

 新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)の責任を追及されている中国共産党政権を敵に回すことは一国だけでは荷が重いだけではなく、中国側の反撃を受ける危険性が高い。

 その危険性をあえて冒して、北京当局が新型コロナ感染問題で隠蔽してきたこと、その発生源についての情報提供を拒否していることなどを指摘し、国際社会に新型コロナの発生源の解明を呼び求めたのはオーストラリア政府だ。それ以降、豪政府と中国共産党政権の関係は緊張が続いている。

79
続き

八方塞がりの金正恩政権

宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

 例年ならば4月から5月にかけての北朝鮮の話題といえば、4月15日の太陽節(故・金日成主席の誕生日)の行事と、全国民を挙げての「モネギチョントゥ(田植え戦闘)」である。しかし、今年は中国・武漢発の新型コロナウイルスの感染拡大が、北朝鮮にも大きな影響を及ぼした。

7
続き

「東京アラート」不要だった もう活動再開せよ!小川榮太郎氏に聞く

 新型コロナウィルスの国内の感染者数は約1万6000人。欧米と比べ日本は感染爆発を阻止できている。だがなかなか国内の自粛ムードは止まらない。東京アラートや感染者数のデータなど小池都知事の対応には疑問も。「もう通常の社会生活に戻すべき時だ」という文芸評論家の小川榮太郎氏に話を聞いた。

74
続き

入国緩和、専門家らが警戒「国は適切な対策を」

 新型コロナウイルスをめぐり、政府の入国制限緩和の動きに警戒の声が上がっている。日本は現在、111の国・地域からの入国を原則拒否しているが、ベトナムなど4カ国について7月にも一定数の入国を認める方向で調整している。ただ、1日10人の感染者が入国すると3カ月後には大規模流行が再発するとの試算もあり、専門家は「水際対策は完璧ではない。国は入国者制限など適切な対策を取るべきだ」と訴える。

2
続き