«
»

[中国発新型コロナ] rss

コロナ禍の影響大? メンズコスメ市場規模が拡大中。男性もスキンケアの時代へ

 男女平等を訴えるのは過去、男性に虐げられてきた歴史のある女性だけではなくなってきているのを感じます。

 男性も女性も人として平等なのであれば、男はこうあるべき、女はこうあるべきという性の境界線を越えてもいいと考える人が男女問わず増えてきたように思います。例えば、性的マイノリティでなくても、女性のような見た目に憧れる男性が女装を趣味にしたり、反対に男装を趣味にする女性がいたりします。

1
続き

ワクチンの「1回目」の接種を終えて

 ウィーンで12日午後12時30分にコロナワクチンの第1回目の接種を受けた。記録するために、前日の続編をまとめた。

1
続き

「救われた」100通超える相次ぐ励ましの手紙

 新型コロナウイルス感染拡大による昨年4月の緊急事態宣言発令から7日で1年。宣言中は政府の要請に従わない人や店を攻撃する「自粛警察」という言葉が話題となった。千葉県八千代市の駄菓子店「まぼろし堂」は誤解から標的にされた店舗の一つ。当時恐怖を感じたという店主の村山保子さん(75)は、100通を超える励ましの手紙に「救われた」と振り返る。

1
続き

コロナ禍で警告する「現代の予言者」

 中国発新型コロナウイルスが世界を席巻し、多くの犠牲を出している時、ウイルスの動向をフォローするウイルス学者は休む暇なく監視を続けている。特に、新型コロナウイルスの変異株が欧州を襲撃している時だけに、欧州のウイルス学者、疫学専門家は文字通り、ウイルスとの戦いの最前線に立たされているわけだ。

0
続き

欧州観光産業 ワクチン接種で業績回復に期待

 欧州は毎年、夏の長期バカンスシーズンに多くの人々が、スペイン、ポルトガル、イタリア、ギリシャなど南欧諸国を目指す。観光産業従事者は夏には大半の人々が新型コロナウイルスのワクチン接種を終えると思われ、業績回復に期待を寄せている。

0
続き

【大量閉店】史上最悪!今後5年で8万店が閉鎖し最悪シナリオでは15万店スクラップ?

■スイスの金融大手UBSは5日、新型コロナウイルスの流行が終息しても今後5年間でアメリカ国内にある約8万店の小売店が閉鎖されるとの試算を発表した。

パンデミック以降も消費のデジタルシフトが進むことで電子商取引が拡大し、その煽りを受けて毎年1.6万店が閉鎖される。

0
続き

米で感染再拡大 非難の応酬

米コラムニスト キャサリン・パーカー

 責任のなすり合いが好きな人はいないだろうが、当人にとってはそうでもないようだ。新型コロナウイルスワクチンの大量接種が進んでいる中で、感染者が再び急増し始めている。誰が悪いのかをめぐって、非難合戦が最高潮だ。

3
続き

コロナ禍2年目 宿泊・飲食業の体力が心配だ

 自動車など輸出関連の製造業で回復が目立つ一方、宿泊・飲食などが再び悪化し、業種間の格差が鮮明になった――。3月の日銀全国企業短期経済観測調査(短観)が示した企業景況の実態である。

 中でも、深刻な打撃を受けている宿泊・飲食では、新型コロナウイルス禍の2年目の突入で、大企業でも体力の限界に近づきつつある。製造業でも先行きの悪化を見込んでいて、予断を許さない状況である。

3府県「まん延防止措置」

0
続き

コロナ禍で犯罪もホームオフィスで

 中国発の新型コロナウイルスが欧州に感染を拡大して以来、犯罪の世界でも大きな変化が見られる。オーストリア内務省が18日、公表した「2020年犯罪統計」によると、古典的な財産犯罪、家宅侵入窃盗や強盗、車両窃盗が激減する一方、サイバー犯罪が急増してきた。

 犯罪問題専門家は、「犯罪組織はいち早くホームオフィスを導入してきた。それに伴い、犯罪統計にも大きな変化が見られる」と指摘、古典的な鶏泥棒型犯罪からデジタル犯罪にその主役が変わってきたという。

1
続き

新型コロナ起源、中国軍の生物兵器開発か 元米国務省幹部指摘

 トランプ前米政権で新型コロナウイルスの起源を調査するタスクフォースを率いたデービッド・アッシャー元国務省調査官はこのほど、同ウイルスについて、中国人民解放軍が生物兵器を開発する過程で、武漢ウイルス研究所(WIV)から流出した可能性があるとの見方を示した。世界で260万人以上が犠牲となった新型コロナの起源は依然として不明だが、こうした可能性を含め徹底した調査が求められる。

4
続き

【動画】米はウイルスを知っていた? 発表前にワクチン開発に着手

 中国が新型コロナウイルスを認めたのは2020年1月8日のこと。しかし米では19年12月からワクチン開発が行われていた。米国はウイルスの存在を知っていた可能性が出てきている。バットウーマンこと石正麗研究員は何をしていたのか。謎に迫る。

パトリオットTV フェイスブックページhttps://www.facebook.com/kokueki/ たくさんの「いいね!」をお願いします!

95
続き

コロナ免疫証明書、欧州に慎重論

 先月下旬、欧州では新型コロナウイルスのワクチン接種をした証明書導入の議論が浮上し、アイスランドは独自のシステムを導入した。観光業の経済への依存度の高いギリシャやイタリアは欧州連合(EU)の統一した規格の導入を求めているが、慎重論も多い。 (パリ・安倍雅信)

1
続き

WHO「武漢現地調査」の成果は?

 中国武漢発の新型コロナウイルスの発生源を調査する世界保健機関(WHO)は10日、2週間の日程を終えた。同調査団は9日、武漢市で記者会見をして新型コロナウイルスが中国科学院「武漢ウイルス研究所」から流失したという米国側の主張を「その可能性はかなり低い」と指摘し、「冷凍食品からウイルスが人に感染した可能性」を今後調査する意向を明らかにした。

  WHO調査団の日程を武漢発の外電を参考にまとめてみた。

8
続き

ワクチン接種後の死亡者の司法解剖

 欧州では昨年末から新型コロナウイルスへのワクチン接種が始まった。ワクチンを製造する製薬大手アストラゼネカの拠点英国ではワクチン接種が加速され、欧州で最初のコロナ感染地となったイタリアでは既に200万人がワクチン接種を受けたという。

4
続き

コロナとペスト 不気味な類似

 14世紀、欧州全土を席巻したペストは、「欧州人の約3分の1が亡くなった」と言われるほど大きな犠牲をもたらした。スイスのフリブール大学の歴史学教授、フォルカー・ラインハルト氏(66)によると、ペストは中国から運ばれ、欧州全土に広がっていったという。同じように、中国武漢で発生した新型コロナウイルスは昨年、習近平国家主席が提唱したシルクロード経済圏構想「一帯一路」を経由して欧州のイタリア北部で最初に大感染していった。コロナとペストの間に不気味な類似点がある。 (ウィーン・小川 敏)

7
続き

コロナ禍の時代変容-欧州

 地球温暖化をもたらす気候変動、新型コロナウイルス感染の世界的流行――。目に見えない大気とウイルスが人々の暮らしや環境を直撃し、急速な変容をもたらしつつある。世界恐慌さえ叫ばれたコロナ禍だが、株価暴落後にテレワーク化、エネルギーの脱炭素化など新産業に展望を開き、米株式市場で史上最高値更新をもたらした一方、国際社会に予測不能な変革の波が押し寄せている。

3
続き

中国大手塾 コロナ禍で閉鎖か

 中国国内で1200校を経営する大手学習塾「優勝教育」(本部・北京市朝陽区)が、新型コロナウイルスの悪影響で経営破綻に陥り、塾講師への給与未払いのほか、通塾する生徒の父兄ら約1000人が受講料払い戻しの未払いに対する抗議を行うなど、混乱が続いている。

11
続き

緊急勧告!ADEで死亡・障害が発生!

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 9月30日、日本政府は国内外で開発が進む新型コロナウイルスワクチンに関し、接種では自己負担を求めず、全国民を無料とする方針を固めました。さらに来年前半までの確保を目指し、費用は全額国費で負担。国民の税金で予備費6700億円超が投入されます。

 これについて多くの日本国民が安全性と無償化の合理性に懸念を示しています。  

62
続き

「Go To」事業 新たな日常の中で軌道に

 新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に立つ観光業を支援する「Go To トラベル」事業から除外されていた東京都を10月1日から加えることなどを検討していた政府の分科会は、9月下旬にかけての感染状況を踏まえて最終判断することになった。すぐにゴーサインが出るのではないかとの見方もあったが、専門家の意見は慎重なものだった。

クラスターは発生せず

4
続き

GoToトラベルキャンペーンへの賛否の声が飛び交う今夏

 新型コロナウイルスによる感染が心配される中、迎えた今夏。ゴールデンウィークの際には閉鎖された近所の河原には、自粛生活の憂さ晴らしか、例年の1.5~2倍ほどの人が集まり、キャンプを楽しんでいます。

 屋外とはいえ、川沿いの決められた範囲内にぎっしり停められている車や、その隙間に立てられているテントを見ると、「密」だと感じずにはいられません。

11
続き

コロナ禍で取り残された大学生

沖縄大学教授 宮城 能彦

 新型コロナに関する情報が錯綜(さくそう)し、国民はもう何を信じていいのか分からない状態である。テレビは相変わらず危機感だけを助長して国民を不安にさせているし、一方ネットで情報を集めると、PCR検査を増やすべきだと主張する「専門家」から、意味がないとする「専門家」まで、相反する意見が飛び交っている。

9
続き

米議会で新型コロナの秘密を暴露した中国人ウイルス研究者は誰か!?

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 最近の中国情報は、日本のメディアで報道されない情報が多く、驚いています。どこの誰を“忖度”してるか? 例えば、日本経済新聞が7月19日に英語版で報道した「87件の日本企業は脱中国、日本政府から700億円の支援金」という報道は未だに日本語版で見たことがありません。

65
続き

コロナ感染第2波のイスラエル

  新型コロナウイルス感染の第2波に見舞われているイスラエルでは、政府の対応に不満を募らせる市民らがネタニヤフ首相の辞任を要求し、連日の全国的な抗議デモを行っている。内閣に広範な権限を与えるコロナ法案が23日に可決された後、デモ隊はさらに勢いを増し、民主主義の原則から大きく外れるとして反発している。(エルサレム・森田貴裕)

6
続き