«
»

[世日クラブ] rss

北朝鮮制裁と核・ミサイル問題の行方 古川勝久氏

国連安保理北朝鮮制裁委員会元専門家パネル委員 古川勝久氏

3
続き

「北朝鮮制裁法」の制定を 古川勝久氏

国連・北朝鮮制裁委元専門家パネル委員 古川勝久氏

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良〈ゆずる〉・近藤プランニングス代表取締役)の定期講演会が19日、都内で開かれ、2016年4月まで4年半にわたり国連安全保障理事会・北朝鮮制裁委員会の専門家パネル委員として、加盟国による制裁の履行状況を監視してきた古川勝久氏が「北朝鮮制裁と核・ミサイル問題の行方」をテーマに講演した。

3
続き

子供が良い人間性を引き出す

元埼玉県教育委員長 松居 和氏

4
続き

一帯一路は中国覇権への道

東京福祉大学国際交流センター長 遠藤 誉氏

 中国問題に詳しい遠藤誉氏(東京福祉大学国際交流センター長)は10月25日、世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)で「習近平新体制と東アジア危機」と題し講演し、中国のユーラシア経済圏構築に動く一帯一路構想に対し、「日本の関与は中国の世界制覇に手を貸すだけで危険だ」と警鐘を鳴らした。以下は講演要旨。

7
続き

中国腐敗の根源は一党支配体制-新チャイナセブンで遠藤誉氏

 中国問題に詳しい遠藤誉氏(東京福祉大学国際交流センター長)は25日、世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)で「習近平新体制と東アジア危機」と題し講演し、5年に1度の共産党大会を終えたばかりの中国新体制に対し「江沢民氏、胡錦濤氏、習近平氏の3代の赤い皇帝に仕え、政界入りに関心がなかった王滬寧氏(中共中央政策研究室主任)をチャイナセブン(政治局常務委員)に入れたことは、一党体制が揺らぐ危機意識があり、そばに置いておかないとやっていけないとの思いがあった」との見方を示した。。

17
続き

朝鮮半島左右する決定的時期

拓殖大学海外事情研究所所長 川上 高司氏

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)の定期講演会が8月22日、都内で開催され、拓殖大学海外事情研究所所長の川上高司氏が「北朝鮮危機と混迷するトランプ外交」をテーマに講演した。

3
続き

北朝鮮がICBM開発前に先制攻撃も

拓殖大学客員研究員 高 永喆氏

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)の定期講演会が13日、都内で開かれ、拓殖大学客員研究員・韓国統一振興院専任教授の高永喆氏が「北朝鮮核・ミサイル危機と韓国新政権」をテーマに講演した。

7
続き

予測不能の金正恩政権の脅威

公益社団法人隊友会北海道隊友会連合会会長 酒巻尚生氏

 北朝鮮の核・ミサイル開発が止まらない。同国の相次ぐミサイル発射に日本、米国、韓国はいら立ちを隠せない。北海道世日クラブ(根本和雄会長)は5月6日、公益社団法人隊友会北海道隊友会連合会の酒巻尚生会長を招き、「緊迫化する東アジア~日本の安全保障は万全か」をテーマに講演会を行った。講演内容は以下の通り。

1
続き

世界と日本の水産業から見た豊洲移転問題

東京財団上席研究員 小松正之氏

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)の定期講演会が4月18日、都内で開かれ、元水産庁漁業交渉官で東京財団上席研究員の小松正之氏が「世界と日本の水産業からみた豊洲移転問題」をテーマに講演した。

5
続き

「JATトライアングル」構築を

前参議院議員 江口克彦氏

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)の定期講演会が2月23日、都内で開催され、前参議院議員の江口克彦氏(PHP研究所前社長)が「中国の膨張と日台関係」をテーマに講演した。

2
続き

中朝の核の脅威に警鐘、敵基地攻撃能力の保持を

元護衛艦隊司令官 金田秀昭氏が講演

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)の定期講演会が18日、都内で開かれ、元護衛艦隊司令官の金田秀昭氏が「現実味増した金正恩の核の脅威」をテーマに講演した。

1
続き

尖閣領海侵入は「侵略」

世日クラブ

元統合幕僚学校副校長・海将補 川村純彦氏

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)の定期講演会が19日、都内で開催され、元統合幕僚学校副校長の川村純彦氏が「中国の海洋進出と日本の安全保障/自衛隊は尖閣をどう守る」をテーマに講演した。

10
続き

「中国の尖閣挑発は侵略」 領海警備法速やかに制定を

世日クラブ

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)の定期講演会が19日、都内で開催され、元統合幕僚学校副校長の川村純彦氏が「中国の海洋進出と日本の安全保障」をテーマに講演した。

5
続き

入り口に立った安保関連法

世日クラブ

公益社団法人隊友会北海道隊友会連合会会長 酒巻尚生氏

 世界は今、大きな揺らぎの時を迎えている。英国のEU(欧州連合)離脱、不安定な中東情勢、そして中国の国際法を無視した南シナ海の軍事基地化と尖閣諸島をめぐるわが国への度重なる挑発。

1
続き

「無責任な共産党の暫定政権構想」筆坂氏講演の要旨

世日クラブ

 元日本共産党ナンバー3で元参議院議員の筆坂秀世氏はこのほど、世界日報の読者でつくる「世日クラブ」(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)で「『民共』協力と参院選の行方」と題し講演を行った。その中で、筆坂氏は、参院選のすべての1人区で野党候補の一本化が実現した背景について分析。今後の国政選挙でも協力の芽を残すために、共産党は必死に民進党候補を支援するだろうと語った。以下はその要旨。

10
続き

筆坂氏が講演「民進党支援で恩義売る共産党」

世日クラブ

 世界日報の愛読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)は16日、都内で第167回定期講演会を開き、元日本共産党ナンバー3で元参院議員の筆坂秀世氏が「『民共』協力と参院選の行方」をテーマに講演した。筆坂氏は、来月行われる参院選の32の一人区で野党候補の一本化が実現したことについて、「おそらく当事者たちも想定以上のことだった」と指摘。安倍晋三首相が「自公対民共の戦い」と発言したことに触れ、「この政党構図がしばらく続いていくことは確実だ」との見通しを示した。

16
続き

世界をゆさぶる テロ、難民・移民危機

世日クラブ

元嘉悦大学教授 山田 寛氏

1
続き

「一国平和」は通用せず 山田寛氏

世日クラブ

元嘉悦大学教授の山田寛氏が講演

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)の定期講演会が19日、都内で開催され、元読売新聞アメリカ総局長で元嘉悦大学教授の山田寛氏が「世界をゆさぶるテロ、難民・移民危機」をテーマに講演した。

2
続き

日中・日韓関係、戦後70年とは何であったか

世日クラブ

拓殖大学学事顧問 渡辺利夫氏

6
続き

「歴史問題に戦略的反論を」

世日クラブ

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)は24日、都内で、拓殖大学学事顧問(前総長)の渡辺利夫氏を講師として招き、「戦後70年とは何であったか~日中・日韓関係」と題した講演会を行った。

7
続き

中国共産党は巨大な財閥

世界の権力構造の変容と日中関係~歴史戦争は終わらない

ノンフィクション作家 河添恵子氏

0
続き

「中国は簡単に崩壊しない」

ノンフィクション作家 河添恵子氏が講演

中国での留学経験がある河添氏は、中国の今後について「そう簡単には崩壊しない」と指摘し、中国経済崩壊論を批判。その根拠の一つとして「中国共産党は巨大な財閥だと考えている。世界に利権を持ちながら、人民を自分たちの都合で使っているグローバリストだ。それが、簡単になくなるとはイメージできない」と述べた。

0
続き

米軍駐留は共産化防ぐため

世日クラブ

日本の安全保障と沖縄~スターリン・ソ連の欺瞞性と国内左派の妄想

元沖縄県副知事 牧野浩隆氏

1
続き