«
»

[テロ] rss

Homeland Security committee chair wants Obama-led coalition to battle terrorists in Syria テロと戦う米主導の新連合創設を要請-国安全保障委員長

House Committee on Homeland Security Chairman Michael T. McCaul called on President Obama to head a multinational coalition responsible for building an armed force capable of stamping out the “terrorist sanctuary” in Syria.

0
続き

Obama’s resolve to fight Islamist terror questioned after latest attack on U.S. soil オバマ氏のテロ対策に疑問

President Obama so far has escaped a Sept. 11-style catastrophe, but his time in office still has been peppered with terrorist-related shootings from Fort Hood to Benghazi, raising complex questions about this administration’s handling of the fight against Islamist terror and putting a spotlight on controversial domestic issues such as gun control.

0
続き

テロの脅威高まるフランス 警戒強める産業関連拠点

 革命記念日の14日、南仏マルセイユ近郊の石油化学工場で爆発が起き、テロ事件として捜査が進められている。今年1月にパリで発生した風刺週刊紙シャルリエブド編集部への襲撃など一連のテロ事件以降、イスラム聖戦主義過激派によるテロの可能性がフランスで最高度に高まっている。(パリ・安部雅信)

0
続き

Homeland Security panel passes bill creating one anti-terror office テロ対策部署の新設求める法案が下院委を通過

A key House panel passed legislation Wednesday that calls for the Homeland Security Department to create an office focused solely on countering violent extremism out of concern that the fractured program cannot effectively deter terror events from occurring within the U.S.

0
続き

「テロリストへの共感が欠如」

再考 オバマの世界観(1)

 オバマ米大統領の下で、世界における米国の指導力、影響力が急激に低下している。「世界の警察官」の役割を放棄し、国際問題への関与を減らす内向き姿勢が、中国やロシア、イラン、過激派組織「イスラム国」の増長を許している。国際秩序を不安定化させるオバマ氏の対外政策の背後にある「世界観」を再考する。(ワシントン・早川俊行)

0
続き

4ヵ国同時テロで117人死亡 動機はイスラム過激思想

 イスラム過激派による世界規模のテロが6月26日、多発した。仏とチュニジア、クウェートでは、カリフ制イスラム国家の樹立を宣言した「イスラム国(IS)」によるとみられる同時多発テロ。ソマリアでは、国際テロ組織「アルカイダ」系アルシャバーブによるシーア派モスクでの自爆テロだ。死者は4カ国で117人。実行犯は皆、イスラム過激派思想に染まっており、これを放置したイスラム指導者の責任は免れない。国際社会は、本腰を入れて、イスラム宗教思想の中にある暴力正当化の表現を除去する「イスラム宗教改革」を求めるべきだ。(カイロ・鈴木眞吉)

0
続き

テロに動揺するパリ市民

地球だより

 パリで1月にテロが発生して半年、またもフランスでテロ事件が起きた。1月にパリで起きたテロは、風刺漫画週刊紙シャルリエブドの編集部とパリ郊外のユダヤ食料品店が襲撃され計17人が犠牲となった。そして今回は仏南東部リヨン郊外の米系企業のガス工場で爆発テロが起き、1人が残虐な方法で殺害され、2人が負傷した。

0
続き

国際テロ検証、情報機関設置に着手せよ

 過激派組織「イスラム国」による日本人殺害事件の政府対応を検証していた委員会が「判断や対応に誤りがあったとは言えない」との報告書を発表した。「手前味噌的な内容」と非難する向きもあるが、反省すべき点はあるものの、おおむね妥当な内容である。

低烈度戦争次元の問題

0
続き