«
»

[オバマ広島訪問] rss

米国務省・USAID 各国の活動家に資金提供

 2011年12月6日、スイス・ジュネーブの国連欧州本部。「世界人権デー」に合わせて演説した当時の米国務長官ヒラリー・クリントン氏はこう強調した。

 「オバマ政権はLGBT(性的少数者)の人権擁護を外交政策の優先課題として取り組む」

2
続き

オバマ広島訪問への韓国の視角 「歴史和解のモデル」と評価

 韓国では5月末のオバマ米大統領による広島訪問を批判的に見る視角が多かった。「日本に免罪符を与えた」「安倍政権への贈り物」「中国牽制する政略的ジェスチャー」などだ。しかし、そうした歪(ゆが)んだ視点からは日米関係の本質や、そもそも「謝罪」を挟んだ国家間の深い在り方を理解することはできない。

 日韓関係での韓国のように、被害者意識で膨らませた歴史を盾に「謝罪」に拘泥して、より重要なものを見逃したり犠牲にしたりすると、自らを窮地に追い込む愚を招くことになる。オバマ広島訪問を冷静に見て、そこから学ぶべきものをくみ取れるかどうかは韓国人の成熟度にかかっている。

3
続き

月刊朝鮮の米大統領広島訪問評、日米関係深化に複雑な韓国

 オバマ米大統領の広島訪問は日米関係で画期的歴史的なものとなった。かつて戦った者同士が戦争の最大の傷跡である被爆地を共に訪ね、犠牲者を慰めた。互いを非難することなく謝罪を要求することもなく、ただ原爆の悲惨さを直視し、犠牲者を慰霊・慰労し、「核なき世界」を祈った。

 こうした日米関係の深化を複雑な思いで眺めていたのが韓国である。外交官を辞めて、ソウルに日本式のうどん屋を開いたというユニークな経歴を持つシン・サンモク「桐山」代表が「月刊朝鮮」(6月号)に「原爆問題を見る日本人たちの見解」を書いている。

3
続き

米で「原爆神話」めぐる議論が続く

 オバマ米大統領が先月27日、現職米大統領として初めて、広島を訪問した。1945年8月の原爆投下以来、71年ぶりだ。日本では被爆者の9割からもオバマ大統領の広島訪問は歓迎と評価を受け、米国でも評価する見方が多い。ただ米国では、いまだに原爆投下を正当化してきた原爆神話をめぐる議論が続いている。(ワシントン・久保田秀明)

 原爆神話というのは、第2次世界大戦中に米陸軍長官を務めたヘンリー・スティムソン氏が、1947年2月に原爆投下に対する批判を抑えるために、「原爆投下により、戦争の早期終結が実現し、100万人の米兵の生命が救われた」とした発言だ。それ以来、米国ではこれが原爆使用を正当化する定説となった。スティムソン氏は、マンハッタン計画を監督し、原爆投下決定を検討した暫定委員会の委員長としても、原爆投下に重要な役割を果たしている。

2
続き

「広島におけるオバマ」の後に

東洋学園大学教授 櫻田 淳

 バラク・H・オバマ(米国大統領)の広島訪問は、日米関係160年の歴史に残る意義を持つものになった。米国紙『ワシントン・ポスト』は、「広島におけるオバマ」を「第二次世界大戦の敵同士が緊密な同盟国になった象徴」と評した。

2
続き

サミット議長国の利生かし演出

伊勢志摩サミット検証(下)

 伊勢神宮内宮の宇治橋で首脳を迎えてスタートした主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)は広島の原爆ドームに向かう安倍晋三首相とバラク・オバマ米大統領の後ろ姿で終わった。会場となった賢島のホテルでは拡大会議を含み七つのセッションが行われたものの、その中身よりも、こちらの方が印象が強いのは、今回のサミットが「安倍晋三の政治ショー」として演出されたからだといっても過言ではない。

5
続き

オバマ氏広島訪問、道徳的覚醒訴えた演説を評価

 オバマ米大統領が広島を訪れた。米国は原子爆弾を1945年8月6日に広島、9日に長崎に投下した。人類史上初となる実戦での核兵器使用だ。激しい熱線と衝撃波、有害な放射線で同年だけで21万人以上が死亡し、その後犠牲者は46万人に達した。こうして日本は唯一の被爆国となった。

 あれから71年。現職の米大統領として被爆地を訪問したのはオバマ大統領が初めてである。その歴史的意義は大きい。

5
続き

「平和の祈り」は魔法の杖でないが……

 オバマ大統領は27日午後(日本時間)、米大統領として初めて被爆地広島の平和記念公園を訪問し、安倍晋三首相と共に原爆資料館を見学した後、原爆死没者慰霊碑に献花した。

 第2次世界大戦時に大量破壊兵器の原爆を世界で初めて投じた国の最高指導者として被爆地広島を訪ねたという事実は大きな意味をもつ。オバマ大統領は2009年4月、チェコの首都プラハで核フリーの世界実現を訴え、同年10月、ノーベル平和賞を受賞している。

2
続き

オバマ大統領広島訪問、核廃絶への「決意感じた」

 被爆地広島への歴史的な一歩を刻んだオバマ米大統領。広島市中区の平和記念公園では、大統領が原爆死没者慰霊碑に献花し、改めて「核のない世界」を追求する意志を示すとともに、被爆者2人と直接言葉を交わした。式典で大統領が発したメッセージに、被爆者からは「再び被爆者をつくらないという決意が入っていた」と評価する声が聞かれた。

2
続き

「十数万人が犠牲になった原爆の惨劇に思いを…

 「十数万人が犠牲になった原爆の惨劇に思いをはせるために広島を訪れた」――。平和記念公園を訪れる多くの人々と共通するが、現職の米大統領の言葉であることに千鈞(せんきん)の重みがある。オバマ大統領の広島訪問は、核廃絶と日米同盟深化への歴史的な一歩を記すものとなった。

 英国滞在中、日本で生活した経験のあるインド人青年と知り合いになり、彼が訪ねた広島のことに話が及んだ。

3
続き

韓国紙、米大統領の広島訪問は“安倍の日本”への贈り物

韓国紙セゲイルボ

 オバマ米大統領が27日に広島を訪問する。安倍晋三首相も同行する。米国の現職大統領が訪問するのは原爆投下後71年にして初めてだ。日本の懇請に応じた。オバマ氏の内心が何にせよ、日米同盟に邁進(まいしん)した“安倍の日本”への贈り物と映る公算が大きい。

 広島訪問はそれ自体で重大なメッセージとなる。だから余計に言葉を選ばなければならない。

0
続き