«
»

[ウイグル人権侵害] rss

少数民族を見下す中華思想の「華夷秩序」

 「中華文化が幹で各民族の文化は枝や葉だ」。中国の習近平国家主席が少数民族政策に関する会議で語った言葉である。ウイグル人へのジェノサイド(集団殺害)や、内モンゴルでの言語や文化の抹殺の背景にある民族観、文化観をはっきり示した。

2
続き

【閲覧注意】死刑囚のウイグル人から臓器を取り出す医師のなま証言《後編》

*このコラムの一部の内容は読者を不快な気持ちをさせたことがあり、閲覧注意です。

 こんにちは、元・中国人、現・日本人の漫画家の孫向文です。

 7月12日、新唐人テレビが過去に新疆ウイグル自治区で、まだ生きている人間から臓器を摘出したという外科医師の生々しい証言を明らかにしました。

11
続き

【独占】ウイグルでの強制労働関与否定、調査の透明性に疑問も

 中国の新疆ウイグル自治区で強制労働など深刻な人権侵害が懸念されている問題で、人権団体などから一部日本企業の関与が指摘されている。本紙は同自治区のサプライチェーン(供給網)に関わる日本企業に対し、ウイグル族の強制労働と関係しているか取材。回答した多くが関与を否定したが、疑念払拭(ふっしょく)に向けた取り組みや調査の透明性には疑問が残ったままだ。(辻本奈緒子、竹澤安李紗)

13
続き

【閲覧注意】死刑囚のウイグル人から臓器を取り出す医師のなま証言《前編》

*このコラムの一部の内容は読者を不快な気持ちにさせたことがあり、閲覧注意です。

 こんにちは、元・中国人、現・日本人の漫画家の孫向文です。

 7月12日、『新唐人テレビ(https://bit.ly/3fvheD7)』が、過去に新疆ウイグル自治区で脳死した人間から臓器の摘出手術をしたという生々しい証言を明らかにしました。

16
続き

米、ウイグル取引で警告 企業に「国法違反のリスク」

 バイデン米政権は13日、中国の新疆ウイグル自治区での人権侵害をめぐり、同自治区でのサプライチェーン(供給網)に関わる企業に対し、「米国の法律に違反する高いリスク」があると警告する文書を発表した。ウイグル人らへの監視技術に使われる機器の提供など「間接的な取引」も含め、厳しく対応する方針を示した。

人権侵害指摘

4
続き

ふたつの「ジェノサイド」 米は「ウイグル」に集中を

文明論考家、元駐バチカン大使 上野 景文

  さる4月24日は、オスマン帝国によるアルメニア人大量虐殺から106年目の記念日であった。同日、バイデン米大統領は、あのような「ジェノサイド(集団虐殺)」が繰り返されることがあってはならない旨のステートメントを発した。

2
続き

日本ウイグル連盟、那覇市議会に感謝状

 日本ウイグル連盟のトゥール・ムハメット会長は23日、沖縄県の那覇市議会を訪れ、同議会が3月22日、中国共産党政権による新疆ウイグル自治区での大規模な人権弾圧に懸念を示し、日本政府に調査と抗議を求める意見書を全会一致で可決したことに謝意を示し、久高友弘同議長に感謝状を贈呈した。

12
続き

中国ウイグル人問題で揺れるトルコ

 中国の王毅外相は先月24日から30日まで6カ国の中東(サウジアラビア、トルコ、イラン、アラブ首長国連邦=UAE、オマーン、バーレーン)を歴訪した。日本のメディアでは余り報道されなかったが、外電によると、トルコ訪問時に中国新疆ウイグル自治区のウイグルへの弾圧に抗議するデモが行われた。トルコは過去、中国の同化政策から逃れた多くのウイグル人を受け入れてきた。その数は少なくとも5万人と推定されている。そのトルコ在住のウイグル人がデモに参加したわけだ。

7
続き

日本企業は取引停止を、ウイグル人強制労働で国際人権団体ら会見

 中国政府によるウイグル人を対象とした人権侵害について、国際人権団体ヒューマンライツ・ナウと日本ウイグル協会は8日、都内で記者会見を開き、取引を通じた「強制労働への関与」が指摘された日本企業に対し該当企業との取引停止などを求めた。

7
続き

ウイグル問題 中国の人権弾圧許さぬ結束を

 中国政府の新疆ウイグル自治区での少数民族ウイグル族への人権侵害などに対して、米国や欧州連合(EU)はじめ各国で批判が強まっており、米政府は来年に予定される北京冬季五輪を同盟国とボイコットする可能性を示唆した。覇権主義や政治弾圧を許さぬ国際的結束を強めて中国の態度を変えるべきだ。

 100万人超を強制収容

1
続き

ウイグル問題、米欧が対中制裁

 米国は3月22日、ウイグル人への人権侵害に対し中国に制裁を科した。欧州連合(EU)や英豪、カナダなども歩調を合わせている。ただ日本は制裁に慎重姿勢を保ったままだ。中国政府は「新疆の顔に泥を塗ることで中国を故意におとしめる内政干渉だ」と非難するが、人権は国境を越えて人類が守り抜かなければならない普遍的価値を有する。 (池永達夫)

7
続き

米人権報告書 ウイグル弾圧は「ジェノサイド」

 米国務省は30日、各国の人権状況に関する2020年度版の報告書を発表し、中国の新疆ウイグル自治区でウイグル族らへの「ジェノサイド(集団虐殺)や人道に対する罪があった」と厳しく非難した。中国政府による香港への統制強化についても、「中国共産党は、国際的な公約に違反して、香港の政治的自由と自治を組織的に解体した」と指摘した。

6
続き