«
»

「朝鮮人と家族同然に暮らす」 挿絵集『軍艦島の詩』で元島民回顧

挿絵本『端島(軍艦島)の詩』の表紙

一部の差別・虐待説に困惑

 2015年に「明治日本の産業革命遺産」の一つとして海底炭鉱の跡などが世界文化遺産に登録された長崎県の端島(通称・軍艦島)。世界日報社はこのほど元島民が当時を振り返り編纂(へんさん)した挿絵集『端島(軍艦島)の詩』を入手した。そこには鉱員の仕事ぶりや家族の日常が描かれているが、日本統治下の朝鮮半島出身者が差別・虐待されたという一部の主張とは程遠い平穏な生活だったことがうかがえる。(編集委員・上田勇実)

 「神社の境内 社宅の屋上 島の子供の遊び場です 日用雑貨や生活用品は お船が運んでくるのです 時化になったら困るけど こんな生活にも いつしか 皆なれました 子供も大人も一つの輪になって 軍艦島で生きています こんな日の軍艦島の色はね 燃える夕焼けの色でした」(表題「夕焼けの色」)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。