«
»

新型コロナで進む子育て世代の“東京離れ”

仕事の合間には地域の人々との交流や観光を楽しむという西出裕貴さん

複数地域居住の新スタイルも

 新型コロナウイルスの感染拡大で子育て世代を含む20~30代の”東京離れ”が進んでいる。テレワークの普及で、感染リスクの高い都市部から地方への移住のハードルが一気に低くなったためだ。都市部と地方の二地域居住や多地域居住などの新しい「移住」のスタイルも生まれており、企業向けの移住相談に乗り出す会社なども出てきている。(石井孝秀)

 東京圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)への一極集中是正は、政府が旗を振ってきたものの、一向に改善の兆しが見えなかった。ところが、新型コロナ感染が拡大した7月と8月の2カ月連続で、東京圏から他の道府県への転出が転入を上回る転出超過となった。総務省によると、集計を開始した2013年7月以降初めてである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。