«
»

「知らないうちに仕組まれていた」 森友問題、政権に喧嘩を売る構図

籠池泰典氏(右)と諄子氏

籠池被告が心境変化を吐露 反安倍勢力と袂分かつ?

 学校法人「森友学園」をめぐり国や大阪府、大阪市の補助金をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われた前理事長・籠池泰典被告(67)、妻諄子被告(63)が、動画投稿サイト「ユーチューブ」などのSNS(会員制交流サイト)で、安倍政権と喧嘩(けんか)する構図が「知らないうちに仕組まれていた」と表明し、野党やマスコミの反安倍勢力と袂(たもと)を分かつような姿勢を示し、注目を集めている。 (社会部・川瀬裕也)

 これまで籠池夫妻は、安倍晋三首相の演説に激しく反論したり、政権を批判するデモ行進に参加したりするなどの活動を続けてきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。