«
»

コロナ禍 デマ情報拡散なぜ?

800

愉快犯や広告収入狙う発信者 「教えてあげよう」善意で転送

 新型コロナウイルスに関するデマ情報や真偽不明の情報が広がり、買い占めや風評被害などのトラブルが全国で相次いでいる。出どころが確認できない情報を受け取った場合は他者に転送しないなど、拡散させない対応が必要だ。(石井孝秀)

 「必ずたくさん伝達してください」――今年の2月末、武漢療養所に派遣された医師を名乗る人物から記者の元に送られてきたメールだ。情報の拡散を呼び掛けるこのメールは、「武漢ウイルスは耐熱性がなく、56~57度の温度で死にます」と断言。感染予防としてお湯を飲むことを推奨していた。

 調べると、出回ったメールにはさまざまなバリエーションが確認された。温度が「26~27度」というものや情報源が自衛隊になっていたものもあった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。