«
»

“わがごと感”持ち早期避難を、江戸川区の水害ハザードマップ

700

台風19号で関心高まる 住民の防災意識向上に手応え

 ここにいてはダメです―東京都江戸川区が昨年5月、11年ぶりに改訂した水害ハザードマップの表紙の地図に記されたフレーズだ。インパクトのある表紙はメディアやSNSでたびたび話題となっており、当初住民の中からは「引っ越したくなった」「不安だけあおっている」という不満の声が出るほどだった。だが、昨年10月の台風19号上陸の際に3万人以上が避難。ハザードマップは区民に徐々に浸透している。(社会部・石井孝秀)

 満潮時の水面より低い「海抜ゼロメートル地帯」が土地の大半を占める江東5区(墨田区・江東区・足立区・葛飾区・江戸川区)は2015年10月、大規模水害時の避難対応を検討する「江東5区大規模水害対策協議会」を設置した。同協議会は18年8月に「江東5区大規模水害ハザードマップ」を作成。そのリーフレットには「ここにいてはダメです」のフレーズ入りの地図が掲載されていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。