«
»

海・空自衛隊に多くの宿題

香田洋二氏

 香田洋二・元自衛艦隊司令官の話 現代の軍事作戦において航空戦力は必須。その選択肢の一つとしての、STOVL機の艦上運用という意味では評価できる。

 ただ現段階では、現場の海・空自衛官の声が十分に反映されていないように思う。

 例えば、空自のF35Aのパイロットがいずもでの任務にあたるというが、STOVL機(F35B)は艦上での運用が原則。パイロットの資格や養成形態も空と海では全く違う。

 海兵のパイロットは、甲板上ですべてを行えるよう教育されている。それは、単に陸上基地が使えなくなった場合に船に降りればいい、といった生ぬるいものではない。

 またF35Bは、いずもに発着艦することが目的ではなく任務で使用するため、空対空ミサイルや対艦攻撃ミサイルなどを新たにいずもに積まなければならないが、現在のいずもにはヘリコプターを運用するための設備しかない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。