«
»

約30年間絶えていた鹿角紫根染・茜染を復活

約30年間絶えていた鹿角紫根染・茜染を復活

鹿角紫根染・茜染研究会の関会長「今からがスタート」

 約30年間絶えていた鹿角紫根染(かづのしこんぞめ)・茜(あかね)染の復活を果たした団体がある。鹿角紫根染・茜染研究会(関幸子会長、会員68人)だ。染めの技術と原料の植物栽培にめどを付け、色合いも納得のできる段階まで達した。若い後継者も育ち、関会長は「今からがスタート」と熱い思いを抱く。(伊藤志郎)

 

 紫根染・茜染とは、ムラサキとアカネという植物の根を使って染める草木染だ。秋田県北部、岩手県と接する鹿角地方は、十和田湖と八幡平の間に位置する。自生のムラサキやアカネが豊富で、1300年前の奈良時代から伝承されてきた。江戸時代には盛岡藩の手厚い保護を受け産業として発展。「南部紫」は京紫、江戸紫と並ぶ日本三大紫の一つとされ、とりわけ鹿角の色が鮮やかで全国に比類のない染め物といわれた。いずれも高貴な色合いが特徴だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。