«
»

日本の課題、天安門後の失策の轍踏むな

シャナハン国防長官代行

 共産主義国家の本質的悪は「嘘(うそ)と暴力」だ。

 今の中国に共産主義はないという人は多いが、「嘘と暴力」による強弁・強権統治の手法はしっかり残っている。

 新疆ウイグル自治区を見れば、それは歴然だ。中国はウイグル人を強制収容所に入れながら、「職業訓練校」だと強弁し、不都合な人物への白色テロも辞さない。

 南シナ海の七つの人工島でも、習近平主席が訪米した2015年、オバマ大統領と会談した際、「軍事化の意図はない」と明言しながら、爆撃機や弾道ミサイルを配備、約束を反故(ほご)にした。

 そうした中国に対処するには、十分な国防力と嘘を暴く健全なジャーナリズムが問われてくる。

 力の行使に屈せぬ万全な国防力整備は予算的制約があるが、評論家の黄文雄氏は「10兆円規模の特別予算を投入して、先端技術を結集した最新兵器を造るべきだ」と強調する。日本は技術力はあるのだから、国防力に転化すべきだというのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。