«
»

金星探査機「あかつき」 5年越し、「双子星」大気の謎解明へ

800

 主エンジンの故障、破損による2010年12月7日の軌道投入失敗から、丸5年。今度は姿勢制御用の小型エンジンを使って、見事に雪辱を晴らし、金星周回軌道への投入に成功した「あかつき」。

 今回の成功は、日本が地球以外の惑星で周回軌道投入に成功した初めての例でもある。

 これでやっと、本来の目的に向けた任務に取りかかる。5年越しとなった金星観測に向けた準備だ。

 観測機器に危惧された故障もなく、既に機能確認済みの三つの観測機器(紫外イメージャー、中間赤外カメラ、1μmカメラ)からは撮影画像が届いている。これまでのところ、あかつきの状態は正常とのこと。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。