«
»

「表現の不自由展」の不都合な真実ー愛知県名古屋市長 河村たかし氏に聞く

河村たかし氏

申請時 隠されていた昭和天皇動画

 「表現の不自由展」の展示をめぐり申請段階から問題があったことはあまり報じられていない。河村たかし名古屋市長に真相を聞いた。併せて減税によって福祉を充実させた同市の取り組みも紹介する。(聞き手=デジタルメディア編集長・岩崎 哲)

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」での「表現の不自由展」について、行政が支援する場での表現の自由はどこまで許されると考えるか。

 表現の自由について慰安婦像ばかりが挙げられるが、それよりもまずマスコミが紹介しないものでより大きな問題がある。昭和天皇の肖像画がバーナーで燃やされ足で踏みつけられるという動画だ。マッチでなくバーナーで燃やすという暴力的なものだ。表現の自由をいう時、まずこの動画があることをマスコミは知っていたかどうかだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。