«
»

自衛隊配備までの道のり、島外から活動家招き反対

800

第1部 与那国島・陸自駐屯地(3)

自民党政調会審議役 田村重信緊急リポート

 与那国町議会が2008年1月に自衛隊誘致の方針を決めたことを受け、翌年6月には外間守吉町長と崎原孫吉町議会議長(当時)が浜田靖一防衛相(当時)を訪ね、自衛隊の誘致を要請した。

 09年8月の町長選で自衛隊推進派の外間町長が再選を果たした頃から、自衛隊配備計画が具体化。13年8月の町長選の最大の争点は当然ながら自衛隊配備になった。外間氏が自衛隊誘致反対派の候補を破って3選したが、思いのほか僅差だった。

 15年2月には「陸上自衛隊沿岸監視部隊配備の是非を問う住民投票」が行われた。有権者は1276人。投票率85%、1094の票が投じられ、賛成632票で、反対445票を上回った。数字上は圧勝だが、それまでの道のりは平坦(へいたん)ではなかった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。